2011年09月18日

日本の中のアメリカ

きょうはどこへ行くべいか?と思ってたら、福生が隣の市であることに気づいた。

福生。「限りなく透明に近いブルー」「スローなブギにしてくれ」である。大瀧詠一もこの町に長らく住んでるらしい。アメリカの色が濃い街。横田米軍基地があるからだ。当然、米兵相手のショップとかも多く、面白そうなのでチャリで出撃。

ワシらが若い頃は進駐軍払い下げのPBで英語を勉強したものだが・・・。GI相手に
「おっちゃん、ギブミーや」

・・・嘘です、すんません。

30分くらいで到着。案外近い。関西には米軍基地はなく、いまみたいなネット環境が整っていない昔はAFNが入るところが本当にうらやましかったなあ・・・。ぶらぶら16号線沿いの横田基地周辺のショップを見て回る。

70年代の話だけど、神戸の元町に「サトウ・ブラザース」という米軍払い下げのグッズを売る店があって、よく行ったモノです。いまはもうない。おそらく米兵が神戸でウロウロなんてのが少なくなったのだろう。日本初のAIDS死亡者は神戸の南京町周辺のストリートガールだったはず。いまは修学旅行生であふれてる南京町も、昔はいかがわしさ満開でした(古老は語る)。

福生もタトゥーショップや、黒人兵とつるんで歩いてる日本人女性を見たら「ああ、基地の街なんだ」と思うけど、そんなに強烈な印象はない。おそらくヴェトナム戦争の頃とは格段に米兵の数が違うのだろう。それに円高の昨今ではそんなに豪気に散在もでけんでしょうな。それでもアメリカ人濃度は高いと思われる。

fussa02.JPG

fussa01.JPG

yokotabase01.JPG

基地入り口付近で「横田基地反対」の集会をやってたけど参加者はじいさんばあさんばかりだ。ゆうては悪いが、「老人会」みたい。おそらく、それだけ基地のプレゼンスが薄れつつあるんでしょうね。しかし、基地も原発も近所にない気楽な人間の戯言ってかんじもするなあ・・・。

お昼を食べたチャイニーズ。基地入り口付近のせいか、やたらボリュームがある。
gyoza01.JPG

gyoza02.JPG

帰りに「鎮守の神さま」の秋祭りに遭遇。
matsuri.JPG

アメリカの匂いと日本の神々とが近所に同居しているのが面白かったです。また機会があればいってみっかな。
posted by デンスケ at 23:56| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。