2011年09月15日

あと2週間・・・。

気がついたらもう9月も半ばでありまする。こっちきておおかた一ヶ月だなあ。9月いっぱいで研修終わりだから、あと2週間。もうみんなバテ気味で、3連休×2を楽しみにしてるひとが多いみたい。休憩室に全国から送られてきた地酒がゴロゴロしていて、とても呑みきれる量ではない。「越乃寒梅」をはじめ銘酒がいっぱいあるんだけどなあ。昨日、有志が集まり「居酒屋」を開店したが、みんな飲み過ぎてあえなくきょうは休業してました。

このあいだ立川の駅前の本屋さんに期待もせずに入ったら、デカイでやんの(汗)。洋書も扱っている。さすがにいっぱいってわけではなかったけど、売れ筋のPBはいちおう置いてるみたい。記念に(何の記念だ)一冊購入。むろんまだ読んでません。なんかユーモア小説みたいなかんじだけど・・
maf_the_dog_jpg.jpg

ついでに猪瀬直樹「ピカレスク 太宰治伝」も購入。なんだか太宰治づいてるけど、この作者の「ペルソナ 三島由紀夫伝」「マガジン青春譜」(川端康成と大宅壮一)は読んでいて、この作品が3部作の最後という位置づけらしい。太宰の前半生にどっちかいうと比重がかかっている。例の自殺の真相については、太宰治は苦しくなると「自殺未遂」をやらかす男だったらしい。心中も2回試みて(?)いる。なので本当は死ぬ予定ではなかったんだけど、予想外に山崎富栄が「有能」だったせいで心中が成就してしまったーってのが作者の推理である。
picalesque.jpg

最初の心中未遂は女が死んで太宰は生き残ったってので有名だけど、場所が江ノ島だったと知ってちょっとビックリ。へえ〜。なんか「づいてる」なあ。この作品は太宰治の師匠、井伏鱒二も同時に描いていて、こっちも興味深い。「黒い雨」の成立過程とその秘密(ネタ本からの直接的な引用が多い)を明らかにしている。なかなか面白い推理でした。

井伏鱒二という名前はたぶんワシがいちばん最初に憶えた文学者の名前。小学生のとき「黒い雨」を読み、感動して・・・ではない。「ドリトル先生」の翻訳者としてだ。愛読したなあ。なのでぼんやりと英文科かどこかを出た作家で英文学の専門家だと思ってたら、そういうわけでもないみたいだ。「ピカレスク」のなかで、戦争で招集されシンガポールで地元向け新聞の編集をやれといわれ、「英語ができない」から断ったという描写がある。

真相は、児童文学者の石井桃子さんが下訳したものを近所に住んでいた井伏鱒二がこなれた日本語にした、というものらしい。戦時中の話だとか。戦後も引き続き翻訳を続け、完訳となったらしい。しかしいまだに名訳として名高いものだし、やはり和訳というのは国語力がモノをいうんだなあ・・・。


昨日、チャリンコにのって外出。用事を済ませ、適当にこっちの方向だろうと当てずっぽで漕いでたら、ぜんぜん違うところにいってしまった(汗)。ぜんぜん知らないトコロだし、どんどん暗くなってゆくし、小学生の頃知らないところまで自転車で行って迷った感覚を思い出した。不安だけど、もう大人なので怖くわなかったです(笑)。JRで2駅も向こうに行ってしまった(汗)。

それでJR沿いに帰ってきたんだけど、西立川駅の前をとおったときこの駅を歌った曲を思い出し、またシミジミしたのでございます。荒井由実時代の曲は本当にいいなあ・・・。
posted by デンスケ at 23:45| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。