2011年09月11日

10年が過ぎて(Ten Years Gone)

東京に来てからちっとも読めてないけど、新しい洋書を仕入れに新宿の紀伊國屋本店へ。

あれっ。大してPBを置いてない(汗)。そりゃあまあ、そこそこはあるけど、紀伊國屋の本店だぞ。それを考えると期待はずれ。それはともかく、あんまり面白そうなのも出ていないみたい。う〜む。しかし紀伊國屋の本店は全体として期待外れであったな。大阪の旭屋とかわらんやないか。

渋谷のTower Record Booksへ行こうかなと思ったけど、和書も欲しかったとこ(紀伊國屋には在庫がなかった)であるし、池袋のジュンク堂のほうへ。池袋。四半世紀以上前に一回いったことがあるだけ。ここのジュンクは品揃えがええっちゅうことなのでこっちにした。和書はみつかったけど、PB置いてないのね(汗)。欲しい人は丸善ジュンクへ、ちゅうことですかね。

TIMEの"Beyond 911"って号が気になって買おうかな、と思ったけどTIMEって単品で買うと馬鹿みたいに高い。うっすいのに。ワシがTIME,NewsWeekを読まないのはそういう点にある。ああいう商法ってどうなんかな。定期購読者にはよいのかもしれないが、ちょっと読んでみたい層には障壁になってるような気が。TIMEとかちょっと読んでみたい層って極薄かもしれんがの。というわけで見送り。

しかし911同時テロから10年か。CNNとかではいろいろ番組やってるんだろうけど、こっちではTVすら見られない生活でいらいらする。やはり普段の英語環境ってのが整わないとアキマセンな(涙)。

911はこれでもか、っちゅうくらい映像があるけどワシが印象に残ってるのは・・・。

Naked Newsって有名なエロ系サイトがあるんだけど、これは裸のおねーちゃんたちがニュースを読む、ちゅうコンセプトである。ニュースはごくまともなもので、シチュエーションとのギャップを楽しむつうノリで、そんなにいやらしいものではない(と個人的には思う)。で、その頃は英語なんてワケワカランがときどきネットで見ていた。あくまで英語のお勉強ね(笑)。

で、911のニュースをどう伝えるのかと思ってたらえらく沈痛な表情のアナウンサー(もちろん着衣)が出てきて、非常に厳粛に弔意と哀悼の意を表していた。それがすごく印象に残ってるなあ。

PBでも新聞でも、いまのアメリカは911の残響のなかにあるから、好むと好まざるとにかかわらず英語をちょっとかじってると考えざるを得ませんな。その前年、ブッシュがゴアを押さえてかろうじて勝利したんだけど、クリントンの研修生とのスキャンダルがなければどうなってたのか。なんせクリントンの評判が悪すぎてゴアの応援演説にも行けなかったくらいだし。

クリントンがビン・ラディンを取り逃がし、アル=カイダの殲滅はブッシュ政権への最重要の引き継ぎ事項だったはずがブッシュは軽視していて、あの事態にいたったつう側面もあるらしい。クリントン政権にいたゴアが大統領になってたら911は起こらなかったはず、っていう話も聞いたことがあっていまさらそんなifをいっても仕方ないけど、イラク侵攻この方軍費垂れ流しで超財政赤字。金融工学バブルがはじけても打つ手なしっつうのはなあ。なんか全世界的に高くついた浮気(とまでいかんような)でしたなあ。


和書はこのあいだ行ってきた太宰治関連。
恋.jpg

心中相手の山崎富栄に焦点を当てた小説。なかなか面白かったです。作者は「赤毛のアン」関連でNHK教育で番組やってたり翻訳者でもあるらしい。しかし和書は早く読める。もう読んじゃった。なんだかなあ。性分でじっくり読むってのができない。かといってPBはとろくさくて、もっと早く読めるようになれんかなあ・・・。
posted by デンスケ at 22:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。