2011年09月10日

鎌倉で思ったこと

研修も半ばを過ぎ、後半戦。すでにバテバテのワシである。きょうは渋谷に洋書を買いに行こうと思ってたんだけど、よく考えれば来週再来週と3連休。そのころに鎌倉に行くと混雑してるであろう。というわけで、急遽予定を変更し鎌倉を訪なうこととした。一人なんで予定も何もないんだけど。

鎌倉といえば、関東の京都みたいなもんである。ガイド試験の文化史は奈良・京都・鎌倉を押さえておけばおおむねOKってかんじはするな。いちおうワシも鎌倉の文物は押さえていたつもりだったが、いざ試験が終わってしまうと、みんな忘れた。

行き方がよく分からない。横浜の向こうだったから横浜にいけばエエンヤロと八王子経由で横浜に出たけど青梅線ってのもある。なんかJRも複雑だし私鉄もわけわからず走ってるってかんじで、さすがは首都ですな。関西なんかホントにシンプルだもん。で、8時過ぎに出て10時過ぎ到着。けっこうかかるな。ちょっとびっくりしたのがJR鎌倉駅って意外と素朴というかなんというか。

よこっちょに江ノ電の乗り場があったので一日乗り放題の切符を買い乗り込む。う〜ん、どこまでいこうかな?ってことでまず江ノ島へ。いい天気である。稲村ヶ崎より向こう、海岸線沿いに進みいいかんじ。しかし遅い電車だ。歩くようなスピード。海岸線ではぼんぼん車に追い抜かされてゆく。

江ノ電。単線なので駅ですれ違うが、しかしホンマに住宅がキワキワに建ってる(汗)。
江ノ電1.JPG

江ノ島。
江ノ島.JPG

駅に着き、とことこ江ノ島を目指して歩いてゆく。ほんとにいい天気。さすがは「三国一の晴れ男」やのう、とご満悦。と、ここまではよかった。近くに見えても、案外遠い。しかも、暑い。橋の上は日陰もなく、江ノ島にたどり着いたときには汗だくでへろへろ。そこから展望台へいこうかとさらに狭い参道を上っていって、神社の入り口でもはやそれ以上行く気をなくした。エスカーとかいうエレベーターみたいなのもあったけど、もういいやってことで引き返す。帰りはさらにへろへろ。

食事はどこにしようかな?なんて行きがけには考えていたけど、もうどこでもええわいとその辺の食堂に。刺身定食食べたけど不味かったです。お隣に座ってた女の子二人は韓国からの旅行者だったみたい。しばし休息したので、こんどは鎌倉大仏を見に長谷まで江ノ電で戻る。電車の中は冷房がよく効いていて、思わずうたた寝してしまい危うく乗り過ごすところでした。

で、また駅から大仏(高徳院)まで歩き。大した距離でもないけど、容赦なく暑さが襲う。Tシャツを着ていったので首の後ろが焼け、よけいに疲れたみたいだ。やっぱポロシャツのほうがよかったか。んで、まあ200円払い大仏とご対面〜。

おおっ。立派な大仏さんではないか。奈良の大仏はデカイんだけど、建物の中にあるからあんまり全体がよく見えないんだけど、ここのは違うな。建物は600年くらい前に津波で流失したとかで、やっぱ津波って怖い。海面からの標高と津波の際の避難先とかの指示があり、う〜んと思ってしまうな。なんせ外海に面してるし。

「鎌倉や御仏なれど釈迦牟尼は美男におはす夏木立かな」(与謝野晶子)
鎌倉大仏1.JPG

背中が開いてる。20円払って大仏の中に入ったが、あまり面白いもんでもなかった(汗)。
鎌倉大仏2.JPG

大仏はなかなかよかった。しかし暑さは絶好調である。もはや元気もなく、せめて鶴岡八幡宮でも見て帰ろうと鎌倉駅まで。そこからまた歩きである。これも大した距離ではないんだけど、もはや意地だけで歩いて行った。けっこう遠く感じられた。

鶴岡八幡宮.JPG

鳥居が見え、あれ神社だったのかと気がつく。「八幡宮」なんだから神社に決まってるんだけど、あんまりモノを考える余裕もなかった。折れた大銀杏のよこを最後の力を振り絞り登っていった。お参りは「二礼二拝で」と書いてある。なので本殿前は時間がかかって行列ができてたぞ。

んで何をお願いするでもなく賽銭放り込んでそそくさと帰途についた。帰りは湘南新宿ライナーとかいうので新宿経由で帰った。普通車なのに「グリーン車」があったぞ(笑)。2階建てになってる。むかしの近鉄の「ビスタカー」みたいだ。(いまでもあるのか?)新宿まで60分。しかし中央線が遅くさく、結局行きと時間的には変わらなかった。

んでですね。まだ1次を通るのやらどうやらわからず、通ったところで面接試験がある(ワシは英検の2次面接、3回受けた)ので苦難が予想されるんだけど、ワシはガイドとして根本的に欠けているものがある。

「体力がない」

案内していて、先にバテてしまってはお話にならんがな。ガイド試験、けっこうお年を召した方が多かったけどみんな大丈夫なんか(汗)。それともちょっと歩いただけでバテてしまうのはワシだけか(大汗)。
posted by デンスケ at 22:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。