2011年08月24日

JapanTimesを読む

ワシは家ではDailyYomiuriをとってる。研修所でも新聞配達はしてくれるので、英字新聞を購読したろかいな?とおもったのだけど・・・。
1.1月ちょっと、ただでさえ発行部数少ない英字新聞(JapanTimesで5万?8万?DailyYomiuriも似たようなものらしい)を配達してくれるのか。
2.寄宿舎の階ごとにまとめて配達されるので英字新聞なんか丸わかり。なんかな〜。

というわけで、散歩と朝食を兼ねて毎朝駅まで行くついでに英字新聞をゲット。JapanTimesを久しぶりに読んでみるべえと買っている。で、気づいたこと。DailyYomiuriよか読みやすい。なんでなんかと考えてみたが、国内記事はJTが直接英語から記事を書いているのに対し、DYは読売の記事の翻訳だからなんかいな?と思っている。

なんかで読んだけど、JTのほうがDYより英語が難しいなんて書いてあった。ホンマかな〜。怪しい。
とにかく、(ワシにとっては)DYは国内記事がすごく読みにくい。なんかすっと入ってこないのである。かんがえてみれば、日本語で翻訳調の文章と、やや言い回しは高度でも自然な文章ではどっちが難しいかといえばやはり前者だろう。翻訳調をきっちり理解するにはそれなりの国語力がいるのでは?と思うな。裏返せば、まだそこまでの英語力はないということだろう。

でまあ、カフェで読んでるわけだけども、けさは早起きしすぎてまだカフェが開いておらずやむなくマクドナルドへ。朝も早からおばはんが6人くらいいた。
「いらっしゃいませ。なにになさいますか?」
「え〜、これは何?」
「カフェラテはミルクの入ったコーヒーです」
「う〜ん、じゃいいわ。これは?」
こういうのの繰り返し。しかも6人連れのくせにバラバラで注文するので、この会話×6人。ええ加減いらいらする。お金払うときも、「〜円です」といわれてからおもむろに財布を引っ張り出し、必ず小銭を勘定しながら出す。おばはんは世の東西を問わんの、と嘆息。

ようやくコーヒーを手に入れ、喫煙できるコーナーへ。男女4人組がぎゃあぎゃあやかましい。ひとりはイスを並べて寝てやがった。どうやら徹夜で遊び歩いていたみたいだ。新聞を読もうと思っても、
「それってチョーうざくね?」
とか会話が聞こえてくる。男のクセにピッチ高いんじゃ。

しかも語尾を妙に上げるしゃべり方で癇にさわる。ま、ここは関東だからな。郷にいれば郷に従えであるけれども、あまりにもアホそうなしゃべり方。女二人連れもスカートなのに片足をあげてたりでパンツ丸見えでうれしい、もとい、どうなっとるんだ。いちいち手を叩いて笑うな。お前はバブルの残滓かい。

あきらめて、早々に切り上げた。やはりマクドナルドは客筋がな〜。普通のカフェはリーマンが黙ってコーヒー飲んで新聞読んだりしてるだけなのに。駅前で風俗嬢の軍団とホストとおぼしき兄ちゃんがなんか話してる。なんかカオスやの〜。

夕方、研修終了後金曜日最終の新幹線を予約しに駅前のJTBにいったら30分待たされて、あげく満席だという答え。いいかげんイライラしてたので「それで日曜日の京都〜東京は・・・」といいかけたのを「もういいです」と帰ってしまった。いかんの。短気な性格丸出し。せめて帰りだけでも予約しときゃよかった。

というわけで、単に疲れただけでありました。帰ってきたら、誰かが「ええとこ」に行ってきたらしく、ムフフと皆で話して楽しんでいた。
ええな・・・。

ああ、なんでこんなシンドイ思いして京都くんだりで受けにゃならんのだ・・・。帰らなきゃならないのはわかってたんだから、ちゃっちゃと先に予約しておくべきだった。後悔先に立たず。次回から気をつけよう・・・ってもう帰る予定ないから気のつけようもないが。新幹線しかないのかなあ・・・。交通費で3万近く、受験料8000円くらい、テキストやら参考書で1万円。なんだかんだで高くつくね。これで1次で落ちたら・・・。

しかし通訳案内士試験、受けるとこちょこっとしかないから受験地近くでないひとは非常にrisk-takingであるな。なんだかんだで便利なとこに住んでるなあと実感であります。
posted by デンスケ at 22:35| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。