2011年08月16日

ショボくれた日々

しかしあれやな。最近ぜんぜん英語ネタがないな(汗)。いちおー"Mao's Great Famine" を読んでるけど、遅々として進まず。飢餓、児童売買、粛清そんな話の連続で気分が重くなる。いま、みやげもので「毛主席語録」の復刻版やら、毛沢東ピンバッジや腕時計が売ってるらしいけど、なんかスゲ(汗)。ちょっと欲しかったり(笑)。

mao watch.jpg

この本が扱う「大躍進政策」は1958年に始まるのだけど、ワシの生まれた年。このあと、中国ではさらに文化大革命の嵐が吹き荒れるのだけど、その間日本は高度経済成長をひた走ってた。ワシなど下町のLower Middleあたりの階層出身だけど、フツーに大学行って確約たる未来が開けてる、と思ってたもんな。しかし実際にはショボくれた人生であって、ぱっとしませんな。まあ「大失敗してないだけマシ」というべきか。



なんかいいかんじ(笑)。やはりジャズやらクラシックとか気取ってみても、こういうのを聞いて大きくなってきたのであって、なんか安心感がある。どんどんいってみよう。



イカスぜ!!「アッアアア イイイ エエオ アイオ」というリフがシュール(笑)。当時の最先端の遊びがテンコ盛り。橋幸夫のリズム歌謡は名曲が多いな。ワシもこんな髪型しようかな。ただの「角刈りのオッサン」になるだろうけど(汗)。しかし橋幸夫はいまはカ×ラだな。



ワシもこういう青春を謳歌したかったな(涙)。お銀さんも若いな。ちなみに川西の果物屋の娘さんである。ワシの実家の近所の果物屋にも入り婿だった俳優がいた。のちの火野正平。女性遍歴で有名だけど、ワシのオカンにいわすと「あの嫁じゃな〜、そらムコハンもヨソで遊ぶわ」とワリと同情的であった。

ワシが小学生〜中学生の頃は外国語といえば、いまほど英語一辺倒ではなくフレンチポップスとかもフツーに流れてた。英語もカタカナだった。いまは日本の曲でも英語(もどき)の題名でなにがなにやら。
小室哲也あたりからか?"Hate Tell a Lie"って変ヤロ。toはどこへ行った?気色悪い英語もどきだらけでゲンナリしたな。いまはマトモになったんかいな。と、まあウルサイ中年であります。

昭和歌謡をいいだすとキリがないけど、なかなか良い曲発見。

クレイジーケンバンド 「パパ泣かないで」


画像がアレだけど(汗)、泣ける曲だ。初期のユーミンっぽい。「コバルトアワー」を思い出す佳曲。

本当は 本当は?
離れたくなかった
ずっと一緒に暮らしたかった
ママも一緒に


研修とか、案内士試験とかホントブッチしたいな・・・・。現実逃避(涙)。
posted by デンスケ at 20:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。