2011年08月10日

思い出すことなどなど

"Mao's Great Famine"50pくらい。事前に知識を仕入れておいたせいか、ワリと読みやすい。ノンフィクションだから、ひねった表現はあっても理解しがたいcrypticなのは少ないね。小説と違って、時事やら歴史やらを扱ったのは事前にどんだけ調べておくかってのが大事な気がする。

このノンフィクションは1958年に始まる中国の「大躍進」政策がいかに悲惨な状況を招いたか、つうことをえがいているのだけど、出てくる数字がにわかに信じがたい。公式な記録が発表されてないけど、死者が2000万人とか5000万人とかで、ここまで桁が大きくなると逆に大差ないような気がするのはワシだけか。

おまけにこのあとに「文化大革命」という大粛清が控えている。いまの中国の開放政策をかたち作ったケ小平はこのときパージされるのだけど、国家主席だった劉少奇とは異なり命永らえた。毛沢東の死後、中国は改革解放路線をひた走りいまにいたるわけだけど、もし文化大革命がなく中国がもっと早く近代化に着手していたらどうなってたんだろ?と思ってしまうな。日本がアジアの第一の工業国の地位を長らく独占するってことはなかったかもしれないし、まだ健在だったソ連と大規模な紛争になってたかもしれない。詮無いこととわかっていても、やはりいろいろかんがえるのは面白いね。


大阪の主婦さんが"Never Let Me Go"にややとまどっておられる様子。描写がすごく淡々としてるもんなあ。そこがこの小説の凄みを増しているような気がする。しかしこの小説を論ずるには必然的にネタバレになってしまうわけであって、ネットの書評見てもみんな抽象的なことしかいえてない(笑)。ワシは落ち込むとかそんなことはなかったけど、やはり考えてしまった。似たようなテーマの作品をかんがえたり。

思い出された他の作品
1.諸星大二郎「生命の木」
生命の木.jpg
映画「奇談」になった。オモロイで。

2.フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
いうまでもなく「ブレードランナー」の原作。小説はずいぶん前に読んだので忘れたけど、「ブレードランナー」の視覚イメージはすごいな。"Never Let Me Go"はこの作品の対極をいってるのかも。


3.妖怪人間ベム
けっこうマジメに思ってる(笑)。イヤ、ホンマ。イメージ的にはこれがいちばん近いなあ。ひょっとして、この作品にインスパイアされたのかもと思ってしまう(笑)。



なんか歳が行くと、思い出されることは昔のことばかり。youtubeを漁っていて偶然発見。


きれいだなあ、真行寺君枝。このCMをやってたとき(1976)、ワシは大学受験を翌年に控えてたのだけど、しばらくの間このCMが流れないかと勉強そっちのけでTVにかじりついていた。まだビデオもないころだから、必死でした。ワシはほとんどアイドルとかには興味なかったんだけど、この人だけは別格やったわ〜。いまでもなんてきれいナンダロと思ってしまう。破産したりして、けっこう苦労してはるみたいだけど、衝撃的だったのはこのCMくらいであとは急速に興味をなくしたのでした。

ほぼ同じ頃、「愛が見えますか」って昼メロでデビューした小達雅子って新人女優がいて、その子も気に入ったんだけど、ぱっとせず消えたかな?と思ってたら翌年カネボウのキャンペーンガールで一躍有名になりました。名前は「夏目雅子」に代わってました。う〜ん。
posted by デンスケ at 22:38| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。