2011年08月06日

ワシの学習法ってそんなに変かな〜

大阪の主婦さんが「成熟世代英語力向上委員会」なるものを立ち上げて、がんばっていきはる模様。
勉強好きやな〜。なんか知らんがワシも名前挙がってた(汗)。しつこく続けてたら「これくらいにはなれる」という意味でいれてもらったらしい。

光栄なお話ではあるけど、ちょっと気にかかったところが。
既存の英語学習からはずれた路線でどうしてもやりたい」ひとのためにワシのやり方が参考になるヤロ、というとこ。既存の英語学習ねえ。う〜ん。自分では自分のやりかたこそ、「本流かつ本格派」と信じてたし、いまでもそう思っている(笑)。スーツでいえば「ブルックス・ブラザーズ」くらいトラディショナルやで。まあ、いまはあんまりやってないところが弱点だけど、それはまた別の話(汗)。

単語集をがんがん憶えるゆうのはせんかったし、問題集もやってない。NHKの語学番組もやってない。
洋書や英字新聞読んで、ニュース聴いてただけ。本を読むのは好きだし、だいいち活字中毒みたいなところがあるからいっこう苦にならなかった。なので、1級取得までシンドイとか思ったことはなかった。

しかしだな。それはあくまでワシの性向からきた結果であって、こつこつ洋書や新聞を読んだりするって、これ以上地味な勉強法ってないんじゃないだろうか(笑)。受験英語経験してるっても、始めた時点で30年以上経過しとるがな。残骸だけ(汗)。

「既存の英語学習法」ってなんかいな?とかんがえてみたが、やはり「問題集」やるってことかな。
国内組で英検1級とか「深みにはまってる」(笑)ひとって、英語教育に関係してる方が多いみたいだ。なので、どうしても学習というとそういったテキストをやることが前提になってるのかな?と思う。無意識に、「他人に教えるには理解しておかないと」という考えが基底にあるんじゃないかと思う。

参考書を書いてるひとだって、対策学校の講師も英語教育に関わるひとだから、当然そういう傾向があって、「一語一句もゆるがせにしない」態度と実力がないと1級通らないって書いてるけど、そんなことない。けっこう適当でもなんとかなるで。「早く大意をつかめる」英語力さえあれば。

ワシは英語教育はまったく関係ないから、自分の好きなようにでけたんだろうな〜。とにかく英語に触れてる時間を多くすること。これは意図したわけではないけど、まったく日本語が介在してないテキストを選択してたのもよかったとおもう。

なので、やっぱりリーディングの絶対量を増やすことは重要だな。importantってもんでなく、vital。だと思うのであります。なんというか、四技能でもっとも可塑性があると思うのだ。


で、さっきamazonでポッチリやってもた(汗)。

"Mao's Great Famine" 
maos-great-famine.jpg

中国の「大躍進政策」"the Great Leap Forward"がもたらした災厄を描いたノンフィクション。
毛沢東が主導したんだけど、拙劣かつ軽率きわまるやり方で大凶作に追い討ちをかけ中国全土で2000万人とも5000万人ともいわれる餓死者がでたんだとか。この失敗で毛沢東はいったん国家主席の座を降りるのだけど、地位返り咲きのため「文化大革命」を仕掛けるのであるー。

DailyYomiuriに書評が載ってたので、ちょっと読みたくなったのだ。前に"The Coldest Winter"を読んだしね。大躍進政策は1958〜1960だから、まさしくワシが生まれたころでそう遠い昔ではない。朝鮮戦争の立役者、彭徳懐は失敗を批判したことにより悲惨きわまる粛清を受けるのだ。

もう一冊はプーさんのマネジメント本(笑)。なんか面白そうだもん。しかし、さ来週から長期出張でこんなことやってる場合か、って気もするけど・・・・。
posted by デンスケ at 17:12| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。