2011年07月19日

夏バテ?

どうもきょうはお昼食べたあたりから吐き気がして具合悪いです。きのうのあさ、チビダックスが朝からゲロゲロやっていて、暑さにやられたのかしらん(犬はしょちゅう戻すのであまり気にしてないが)と思ってたら飼い主が同じくバテたよう。湿度がタマラン。

家でクーラーつけてるとどうも具合が悪い。会社とかだったらなんともないのに。なんででしょう?というわけで、近所のヨーカ堂に涼みにいった。本屋で英語参考書のコーナーに行ってみた。すげえ。いっぱいある。

「英検フェア」とかで、参考書・問題集がヒラ積みしてあったけど、1級のはなかった(笑)。
う〜ん、やっぱ難しいのかな。もっとも自分も問題集はやらなかったんでなんともいえないけど。

「残念な人の英語の勉強法」とかいう本があって、ぱらっと立ち読みしたがあれやな。ワシはこういうの読むと「何を偉そうにゆうとんねん、けったくそ悪い」と思ってしまうほうなので、まったく得るものはないやろなと思いました。大体、「効率よく」なんて書いてあるのは絶対ダメ。「効率」なんてひとそれぞれ。

なかにはいいこと書いてるな、ってのもあるけど、大概は何の価値もない駄本、すんげー上から目線のが多くてイヤになるな。たかが英語ですやん。偉そうにぬかすな。野暮な本が多すぎる。まあ「これではダメだ」という刺激が欲しい人が多いのかもね。猪木の闘魂注入ビンタを浴びるようなもんか。

しかしな。ヒソカに思ってるのだけど、ワシは40代も終わりから始めて、50歳過ぎて1級に通ったワケだ。これってちょっとスゴクない?と思わないでもない。しかも英語とはまったく無関係な環境で、完全独学である。誰か本の執筆依頼でもしてくれんか(笑)。思い切り説教垂れたるのに(笑)。

「50歳からやり直し英語で英検1級取得、その理由は!?」とかさ。

できれば「理由」に「ワケ」とルビを振って読まれたい。

しかしながら、別に50歳過ぎてとったって偉くもなんともない。んなもん、丸っきり逆でいままで取らなかったことを恥じるべきである。英語力はついたかもしれんが、それがどこへ行くアテもなく宙ぶらりん。若いときから英語を勉強していた知り合いはやはりそれを活かしてはるもんな。

というわけで、毎度毎度気の抜けたようなことしか書けないんであります(笑)。

気がつけば、たいがい案内士邦文試験の参考書がたまってきていて苦笑する。英検のときはほとんど買わなかったのに(汗)。なんつーか、英語はモノもいわず、あれこれ考える前に読んでたからな。

いまは手持ちのPBがなくて、面白そうなのも見当たらんってわけでどうしたもんか。youtubeでごそごそ探してたら、こんなのを見つけた。



Tim O'Brienの"The Things They Carried"はよかったな。もいちど読み直そうかな・・・。東京に行ってる間に、Nabokovの"Lolita"(50pあたりで挫折)を読んでやろうかとひそかに計画してるのだけど、はてさて。
posted by デンスケ at 00:43| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。