2011年07月13日

ここが出る!!案内士試験(歴史・仏教建築篇その2)

受けたこともないのに「ここが出る!!案内士試験」ってのも大概やなあと(笑)。しかしあまり気にせずやってみることが大事。ワシはわりかし一発勝負モノは強く、大学入試(7勝1敗)、就職試験(2勝1敗)、検定試験(簿記2、英検準1、1。3勝3敗、3敗はすべて英検1級)なので、そのことだけを頼みの綱にしてるのであります。

さて、奈良篇にひきつづき京都篇であります。

京都ね〜。「石を投げると坊主と学生に当る」といわれてて、そこらじゅうにお寺があるんだけど試験に出るちゅうたらどこでしょう。ぱっと思いつくまま挙げてみれば・・・。

清水寺(舞台)、竜安寺(石庭)、鹿苑寺(金閣)、慈照寺(銀閣)。う〜ん。小学生レベル。以前は西芳寺(苔寺)も間違いなく入ってきたろうけど、いまは参観するのはなかなか難しそうである。

中学生レベル。東寺(教王護国寺)、三千院、仁和寺、知恩院、本願寺。まだなにかあったかしらん。さすがに小学生レベルがわからんひとはおらんだろう。なので写真省略。しかし写真で出てくるってせいぜいこのレベルのような。問題は中学生レベルのが(間違って)でてきたときやな。



東寺は文章問題では必須の事項だけど、写真となると。行ったけど、「ド〜ンと広い敷地にボーンと五重塔が建ってて、バーンとでかい金堂があって、なかにボコボコ仏像がある」かんじ。よくわかるでしょう。
東寺構内
touji5.jpg

京都にしてはでかい。京都は人口多いし、奈良みたいにお寺が平面的にデカイってのはほとんどない。東寺もあまりフォトジェニックではないな。東寺のすぐそばに「DX東寺」ってストリップ劇場がある。関西の斯界では有名なところだ。「素人さん大会」で有名らしい。ワシはいったことないから、知りません。ホンマです。東寺は建築物より、「両界曼荼羅」を押えておくほうが大事な気がする。あとストリップな。ちゃうって。
両界曼荼羅
両界曼荼羅.jpg
DX東寺。町家風ですね・・・。
DX東寺.jpg



知恩院。有名なわりに、これってイメージが。「三門」くらい? この問題出たら、正解率激減だろうな。いちお、国宝である。普段は非公開らしい。ちなみに八坂神社(祇園さん)のちょっと北にある。
知恩院三門
三門.jpg



仁和寺。「にんなじ」と読む。桜の名所。世界遺産。これもな〜、これといったイメージが。ええとこなんですけどね。「御室桜」といえばここのことだ。「徒然草」で妙な法師が出てくるとこ。
仁和寺
仁和寺.jpg


三千院。知らん。行ったことない。和服着た女性が出てきて「デューク・エイセス」の歌が流れてきたらここでしょ。写真省略。



本願寺。東と西がある。ここは「お西さん」の「唐門」と「飛雲閣」が重要だろう。このへん、出るような気がするのだけど・・・。

西本願寺唐門。伏見城の遺構だとか。
西本願寺唐門.jpg

西本願寺飛雲閣。これは秀吉の「聚楽第」の遺構なんだとか。
西本願寺飛雲閣.jpg
posted by デンスケ at 06:42| Comment(3) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。