2011年07月12日

ここが出る!!案内士試験(歴史・仏教建築篇その1)

あつ〜。関西はもうすぐ祇園祭であります。夏といえば「鱧」ですな。ワシは鱧のてんぷらが好物。ヨメハン、作ってくれんかな。無理やろな。暑いし。暑くて何を書いとるやらワカリマセン。

さて「仏教建築」篇であります。何が出るのか。奈良・京都はおいておいて、でてきそうなのって・・。

まず平泉やの。世界文化遺産指定だし。
中尊寺金色堂
金色堂.jpg
内部
konjiki-do.jpg

他はどこかな。鎌倉五山か。なんか特徴あるんかな?あと思いつくのって、浅草の浅草寺かな。地理のほうだろけど。和歌山の高野山か。出るとしたら「多宝塔」だろうけど・・・。

ここも仏像と同じく、超メジャー級(世界的に有名なトコ)を押えておけばいいのではないか。

日本最古のお寺って、飛鳥寺(元興寺・奈良県明日香村)、四天王寺(大阪市)あたりだろうけどどちらも観光のメッカという感じはない。前者は平城京遷都のときにかなり移築されたみたいだ。明日香村はなんといってのも「亀石」くんだ。なんのためにあるのかわからんらしいけど。
亀石.jpg


四天王寺はは改築されたのが多いからな〜。観光という点ではいかんせんポイントが。お参りするひとは多いねんけどな。四天王寺は「天王寺」の名前の起源であります。天王寺といえば公園で長襦袢を着て演歌に合わせて踊ってるおっちゃんがよくいたものだけど、まだいるんかな。

超メジャー級というとやはり奈良・京都である。今回は奈良編。

ずばり「法隆寺」「東大寺」「唐招提寺」「薬師寺」ではないかの。

法隆寺は何度も書いてるとおりだ。五重塔&金堂、夢殿あたり。
horyuji2.jpg
夢殿
夢殿.jpg



東大寺は「南大門」「大仏殿」。お水取りでよく出てくる「二月堂」もあなどれん気がする。
東大寺大仏殿というと、関西ネイティブならかならずここで写真撮ってるはずだ。ワシも幼稚園だか小学校低学年のとき写真とってるのが残ってる。驚いたことに、まったく変わってない。いや、ワシではない、大仏殿のほうです。そら、かわらんかそうですか。

南大門
南大門.jpg
大仏殿
大仏殿.jpg
二月堂
二月堂.jpg





唐招提寺金堂は「鑑真和上像」とセットで憶えておきたい。横長。
唐招提寺金堂.jpg
鑑真和上像
鑑真和上.jpg




薬師寺。唐招提寺のすぐ南にあるけど、「静の唐招提寺」「動の薬師寺」ってかんじである。別に建物が動くわけではないので注意。あくまでイメージの問題ね。薬師寺は「東塔」を押えておけばよい。フェノロサ・「凍れる音楽」である。ここの特徴は「三重塔」ってとこである。「裳階」って飾りがついてるから、五重塔に見えるだけ。金堂・西塔は近年の建築だし、でないと思うけど、遠景では美しいのでイメージつかんでおくのもいいかもしれない。
東塔
toutou.JPG
薬師寺遠景
薬師寺遠景.jpg





あれほど仏像がたくさんある興福寺だけど、建築物ではあまり際立ったイメージがない。いや、建物も国宝だらけなんだけど、やや他に比べるとインパクトがない。「南円堂」くらい?ここも五重塔あるんだけど、実は五重塔ってのはいっぱいあるので、他と区別がつけにくいのだ。
興福寺南円堂
南円堂.jpg





五重塔では室生寺のが際立ってる。小さいのだ。ワシの取った素人写真でも周りの人間をみればいかに小さいかわかると思う。なので五重塔単体ではまずここが出ると思う。
morouji8.jpg

つづきはこんど。
posted by デンスケ at 06:44| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。