2011年07月08日

カッコイイ言葉

2日連チャンで飲み会。さすがにシンドイな。ビールが好きで毎晩欠かさず呑んでるけど、呑んだらさっさと寝ちゃうし、口も重くなる。それ以外のアルコールは滅多に呑まないのであまり飲み会は得意なほうではありません。それに会食するととたんに食欲がなくなるタイプ。モノの味がしない。案外センサイなんですわ。

さてさて、手持ちのPBがなくなったのでいまは英字新聞を読んでる。あんまり面白いってもんでもない。英検の勉強してる頃は週に2〜3回読むようにしてたけど、どっちかいうと「リスニング対策」の側面が強かった。というのもワシの教材はpodcastのニュースばっかりだったので、時事を追っかけてないとさっぱりリスニングが分からないからだった。

英字新聞は「単語」「リスニング」にも効くので最強の1級対策教材だと思うんだけどなあ。新聞記事の簡潔明瞭なスタイルは英作文の見本だし。ワシはPBはかなりいい加減だけど、英字新聞はけっこうマジメに読む。というかちゃんと読まないとまるで意味がわからないつう事情もあるな。PBで英文の流れに乗るようにして英語のインプットを多くして、英字新聞で正確な読みを養うようにすれば1級の「語彙」「読解」「リスニング」はかなり対応できると思う。英作は、知らん(汗)。


正式に東京での研修の案内が来た。16万だか17万だか受講料を振り込め、ってある。ひぇ〜そんなん聞いてへんで、そんなにお金かかるんやったら行かへんぞ、と一瞬あせったが後で会社から旅費と一緒に振り込んでくれるとか。ちょっと安心。しかしなんで個人に立替させるのか。させておかないと「バッくれる」奴がいるからだろな(汗)。

ウチの会社は表向き「昇任試験制度」ってのはない。しかし実際にはさまざまな「研修」名目で参加者を募っておいて試験を実施して研修参加者を昇任させるから、結果としては同じであります。ワシは40代半ばまでの研修は応募すらしなかった、すなわち昇任する気がないってことだったんだけど、「昇任希望者が少ない」「年代的に層が薄い」ってことでなんか知らんが気が付いたら入ってました(汗)。人生、わからんもんだの〜。

英語もかなりの偶然でやり直すことになったんで、最初から1級とか目標はなかったです。5年前の自分に
「英検で1級に受かります」
「東京で研修を受けます」
と教えたら、仰天してるだろう。だいたい、「〜してやる」と目標を立てて上手くいった試しがない。
成り行き任せのほうがプレッシャーも少なくて、塩梅よろしいわ(笑)。

・小学生まではけっこう成績よかったけど中学校で「オール3」(意外と難しいと思う)。
・高校は滑り込み合格。たちまち落ちこぼれるも英語は得意だったので大学入試は案外すんなり。
・大学はまったく勉強せず、就職で困ったことになった。一発勝負で入れるいまの会社を選ぶ。
ことごとく「結果オーライ」な人生やの(冷汗)。

田辺聖子さんだったか、関西の人間は(商売で日銭が入ってくるので)その日その日を楽しく過ごせれば全体として満足な人生が送れるってかんがえる気風があるって書いてらした。一方、東北や九州とかの人は「人生をいかに生きていくべきか」が重要なテーマとしてある。なので関西からはあまり大作家ってのが生まれないっていってらしたけど、ホンマかいな。太宰治と織田作之助の違いみたいなもんか。

織田作之助は臨終のとき「十日戎の日に死ねるとは運がええ」といったらしいけど、なかなかカッコイイいまわの言葉である。ワシもなんかかっこいいの考えておきたいが、こういうのはアドリブでいうからエエんだよな。

ワシが感銘を受けたのは、ジェームス・ブラウンの「ズボンの中にアリがいて("I got ants in my pants)幸運をつかんだのさ」って言葉だな。



ワシの英語ってのはまさしくこんなかんじなんだけど、まだほかにもアリはいるのかな(汗)。
posted by デンスケ at 08:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。