2011年07月05日

めがね、現代社会参考書ほか

2010年の通訳案内士一般常識問題を眺めていたが、さっぱりわからんぞい。

世界情勢+経済情勢+日本の統治機構+旅行案内業務関連+その他雑学。まるっきり傾向がつかめない。

旅行案内業関連。んなもんなんら関係ないサラリーマンとしては途方に暮れるが、通訳案内士試験のHP、日本政府観光局(JNTO)を見てたら「統計発表」とかいうところがある。はは〜ん。ここは絶対出るな。
http://www.jnto.go.jp/jpn/tourism_data/data_info_listing.html

2010年の問題を見ていても、世界でもっとも外国人観光客が多い国とその概数を問うている。上の統計に出てた。答えはフランスなのだけど、どんだけつうのは見当つかなかった。このへんは要チェックだな。

世界情勢やら、関連した国内時事やら。どうすればええんだい?ネットで参考書を探したら、なかなかよさそうなのを見つけた。高校の「現代社会」という科目の時事関連。高校にそんな科目があることすら知らなかったが、いそいそジュンク堂に参考書を探しに出かけた。

おお。さすがは入試科目だけあって充実しとるの。「現代社会の最新時事 2011〜2012」(学研)を買う。サミットやら、経済協提とか載ってるぞ。とにかく、あれこれやらずに時事はこれだけ。とりあえず読んでみて、時事の問題集があれば買ってみよう。

統治機構とか定番の問題は「スピードマスター現代社会問題集」(山川出版)でなんとかする。「20日間スピードマスター」ってのが気に入ったね。しかし「現代社会」って科目、難しいな。定番の世界史・日本史のほうがよっぽど的を絞りやすいだろう。こんなのスラスラ答えられるリーマンって少ないような(少なくないのか?けっこう難しい)

とにかく7月中にこれを終えてしまおう。歴史、地理は・・・・。もうええやろ(汗)。幕末の和親条約らへんと日清・日露の条約だけ復習して終わり。できることだけやって、あとは天命を待つ。というナマケモノの考え方である。

さて。この写真のひと、誰かわかるかの。やや野生的な印象だけど、きれいなひとだな。
uglybetty1.jpg

実は、このひとである。
uglybetty2.jpg

う〜ん。女は化けるな。ウチのヨメハンはいっこも化けへんけど。(わぁ、すみません、もういいません)


きんちゃんとこのブログで英検エッセイの話題なのに、美顔ローラーの話題を振る大阪の主婦さん。
妙におかしかったけど、あわせてたきんちゃんも大したタマだと思う(笑)。さすがは現役ガイドだなあ、とかなりマジメに感心した。柔軟性が大事やね。

で、本を買ってぷらぷら帰ってたら、激安メガネ店。見てたら、なんか欲しくなって衝動買い。
ジョニー・ディップのような黒縁ウェリントン型。
Johnny-Depp.jpg


帰って鏡を見たら、丸みが強く井上ひさし氏のようである。そら、日本人だもんな。
InoueHIsashi.jpg

ワシは、井上ひさしさんみたいなのに憧れるけどなあ。賢そうだもん。

しかし・・・はああ、なんか落ち着かない日々だなあ(涙)。
posted by デンスケ at 22:26| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。