2011年07月02日

Paul Auster

いまさらワシがどうこういうこともない人気作家、ポール・オースターだけど最近は翻訳がやや停滞気味。
昨年やっとこさ2003に発表された"Oracle Night"が出た。オースターといえば柴田元幸氏、あまりにもはまりすぎて他の翻訳者ではファンが納得せんからか。 柴田氏もまだまだいっぱい翻訳したいのがあるみたいだし。

氏は文芸誌「すばる」でフィリップ・ロスの「プロット・アゲンスト・アメリカ」の翻訳連載を始めたし、ピンチョンの翻訳も手がけてるしな〜。「プロット〜」は原書で読んだけど、難しかった。まだPBを読み始めて1年たってない頃だったから、英語力が足りなかったという面もあるけど、いま読んでも大丈夫かというと疑問。

有名な飛行家、チャールズ・リンドバーグがルーズヴェルトを破ってアメリカ大統領に就任し、対ナチドイツ宥和政策を取りはじめた・・という歴史IF小説であります。(リンドバーグは二次大戦中はドイツと中立条約を結ぶべし、と米国議会で演説したことがあり、親ナチ派で有名だった。戦後、ハワイに移住しひっそりと余生をおくったという。もともとアメリカは「モンロー主義」の孤立主義の伝統があり、あながちリンドバーグが突拍子もないことをいってたというわけでもないんだとか。それにリンドバーグはナチが礼賛した北方ゲルマンのスエーデン系移民の子、つう事情もある。)

それはさておき、オースターだけど文章が抜群に読みやすい。ワシはPBかけ出しの頃、このひととイシグロのばっかり読んでたな〜。だいたい、PBで読もうと思ったのは柴田氏自身が「翻訳者がこんなことをいうのはなんですが、オースターの文章は非常に簡単なのでぜひ原書で読んでみてください」っておっしゃってたからだ。ホンマかいなと試しに読んでみたら、実に読みやすかったです。名翻訳家柴田氏と辻翻訳家(アーチー氏談)のワシがいってるのだから、間違いないのだ。

文章が読みやすいだけではなく、ストーリー展開も巧みだからいいんですよね。
ワシがいちばん最初に読んだのは確か"Moon Palace"で、これが抜群に面白かった。偶然また偶然の連続でストーリーが展開して「んなアホな」と苦笑しつつも読ませてしまう作品です。

moonpalace.jpg

それから、"The New York Trilogy"。中篇3作で成り立つ作品だけど、それぞれが絡み合っていてワケがわからんまま面白かったな。ミステリ的要素が絡んでいて「それで、それで」ってかんじ。

んでから、"Music of Chance"。これもちょっとありえないシチュエーションに主人公二人が巻き込まれていくんだけど、サスペンスみたいで面白い。ラストが衝撃的で印象に残りました。

newyorktrilogy.jpgmusicofchance.jpg

この3つはオースターの初期の作品で、どれを読んでも面白いと思う。とてもオススメ。

で、ワシがいちばん印象に残ったのは"The Book of Illusions"。上記の派手な仕立ての小説に比べるとずっと内省的で地味というかモノクロの写真、ってイメージ。でも人物描写が(痣のある女性とか)抜群で、ワシはこの作品がいっとう好きだな。ひとによっては退屈、って思うかもしれない。

thebookofillusions.jpg

このへんから作風が変化し始めて、危機に陥った人物がどのようにして救済されていくかというテーマが主題になってくるかんじ。好みはあるかもしれないが、ワシはあまり面白いとは思えないな。"The Brooklyn Follies"はいろいろな人物が織り成す悲喜劇ってかんじで面白かったけど。オースターの原作による映画、"Smoke"や"Blue in the Face"の延長線上にある読み物ってかんじです。

近作の"Man in the Dark"(2008)、"Invisible"(2009)、"Sunset Park" (2010)はな〜。
なんというか、意図的にストーリーの展開を妨げるアンチクライマックスっぽい、やや実験的な作風というんでしょうか。ワシはただの本好きで文学理論はわからないから、正直面白いとは思えないな。

Sunset-Park.jpg

昨日"Sunset Park"を読み終えた。不幸な事件をきっかけに大学をドロップアウトし家を出た青年。サブプライムローンの破綻により競売された家に残されたガラクタを処分する仕事に就いている。可愛い高校生のガールフレンドもできた。しかしガールフレンドの家族と諍いとなり、故郷のNYに戻ってくる。友人がSunsetParkという場所の廃屋を改造し、タダで住み着いていてそこに転がりこむことに。男女6人の共同生活が始まるー。

面白そうでしょ。じっさい、共同生活が始まるとこまではヒジョーに快調で面白かった。しかし、しかしですよ。この小説のストーリーは実質ここで終わり。あとは延々と人物描写が続いて、退屈きわまりない。申し訳程度にラストがくっついてる。とちゅう、前2作のことがあったからなんか嫌な予感がしてたのだけど。

なので、途中を思い切りすっとばしてしまった。これは読んだうちに入らないな〜。残念。

まあワシの個人的な感想なので。しかし、前2作のネットでの日本のPB読みの評価はあまり芳しくないのが多いような。オースターはファンが多いのでワリと目に付く。"Invisible"は読んでるときはけっこう面白かったんだけど、なんだか奇妙な話で読み終わったあと「???」でしたな。

かなり残念だったので、なにか面白そうなの読みたいが、時間が(涙)。もう来月には案内士試験だし。

Anchorsongさんがカウントダウンに入って「はー」「(涙)」とかやってはるけど、この人の場合これが出てくると本気モードのシルシなのだ(笑)。ワシもやらなアカンな〜。6月はちっとも邦文試験問題をやらなかったので、歴史・地理とも記憶は大阪平野に積もった雪の如く淡く消え去ったようなー。

ということは、いまからやってたら8月下旬の試験の頃にはまた忘れてるんじゃないかという悪寒。といってサボりたい誘惑にも駆られないほど事態は切迫気味。といってまたきょうは何もしなかった。ちょっと先週忙しかったし・・・。明日は一般常識対策の本を買いにいこうっと。
posted by デンスケ at 20:55| Comment(6) | オススメペーパーバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。