2011年07月01日

一人焼肉。

昨日は終電まで残業。家に帰ってメシもじゃまくさいから朝食用のサンドイッチでビールを呑んでさっさと就寝。きょうからウチの会社はサマータイム(汗)で出勤が1時間早くなるからであります。で、きょうは資料作成も終わったのでヒマな一日。朝が早かったので妙に腹が減る。いつもどおり昼の弁当を食べたのに。

きょうはヨメハンがどっかいってる(どこか訊いてもいない。なんかいってたが聞いてない)ので、晩御飯は自力でなんとかせえということである。どうしようかな、自分で作るのはじゃまくさいなってことで外食。なんか妙に焼肉が喰いたいニクニクしい気分でもあったので、「一人 焼肉 神戸」で検索。

自分で肉を焼いて食べる定食屋さんってのが元町高架下にあったのでそこへ行くことにした。若いときはいざ知らず、いまは少し食べられたら満腹だからであります。始業が1時間早いってことは終業も1時間早いから、会社を出たのは5時半ごろ。まだ明るいですやん。

西元町に近いとこだったので、モトコータウンという元町高架下を利用。ここは知る人ぞ知るディープスポットだ。人通りも多く、華やかな三宮の高架下(それでもずいぶん怪しいが)と好対照。やたらユーズドショップが多い。古本はもちろん、古着、CD、DVD、ギター、電化製品。なかには裸のカセットテープなんかもあって、これはいったい何のテープなんだと首を傾げる。CIAの機密テープかもよ(笑)。



上カルビ定食(980円)と生ビール。焼きたては旨いけど、いかんせん薄い肉が6切れくらいでは足りません。塩タンを追加、ビールもお代わり。満足、満足。2300円くらいのお勘定でささやかな安リーマンの贅沢であります。「ヨーデル食べ放題」なんぞ鼻歌歌いながら店を出た。



帰りは元町商店街を通った。広くて立派な商店街なんだけど、そこらじゅうシャッターが下りていて人通りもまばら。広い分だけ寂寥感が漂う。
はた珈琲店」でコーヒーを飲む。濃くておいしい。
スタバとかでは味わえない雰囲気や。タバコもすえるし。

昔、ここの支店が南京町にあってよく行った。息子さんが店を任されてたらしい。コーヒーカップがきれいで、カップルでいくと柄違いのお揃いで出してくれたり。小さな店だったけど、隅にちょっと周りから死角になるところがあって、女の子とデートでいったときは・・・。

「なあ、チューしてもええか?
「アホ(笑)・・・。見えるやん」
「大丈夫やって。なな、チューしよう
「ククク(笑)・・・ええよ黒ハート

うわ、恥ずかし。自分で書いててあきれるほど馬鹿やの(汗)。なんぼ死角やゆうてもわかるって(笑)。恥多き人生を送ってきました(涙)。マスターだった若い男の子(ワシと一緒くらい?)は関学出身らしく、トイレにKGファイターズのポスターが張ってあった。カシコくておっとりした感じで、内部出身者と見たね。このへんの自営業の少し賢い子によくあるパターンだ。ワシもあと少しでそうなる予定が、(1)そこまでワシが頭がよくなかった。(2)私立の中高にやるほど余裕がないことに両親が直前に気づいた。のでお流れ。

いまはここの西元町の本店を継いでるようである。シャープで二枚目だったマスターもいまは頭がヒヨコ状態(汗)。本当に月日が流れたな・・・。25年くらいか。はああ。コーヒーカップは昔と変わらずいっぱいあったけどね。

ビールの酔いでややモーローとなりつつもPaul Auster "Sunset Park"を予定より一日遅れで読了。
う〜ん。感想は、オースター関連をまとめてこんど書いてみよう。

しかしな。案内士試験、あと何ヶ月あるとか高をくくってたら

「来月」ではないか。

英語は新聞程度でホントにマジメに準備せんと(汗)。
posted by デンスケ at 21:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。