2011年07月24日

チャスカ茶屋町へ行く

そろそろPBを買いたくなったので、梅田の「チャスカ茶屋町」丸善ジュンク堂へ。三宮のジュンク堂の洋書売場はしょぼくての〜。元町の洋書専門店、Random Walk Booksがなくなったのはやはり痛い。安いというのならAmazonがいちばんだけど、ワシは本屋が好きなのだ。本棚を眺めるのが楽しいし、手にとって「う〜ん分厚いし字がちっこいなあ」とか「こりゃ難しくて読めないわ」とかわからないしね。

今回は、いちおう買おうと思う本は決めておいた。

Isac Dinesenの"Out of Africa"(「アフリカの日々」)、Vladimir Nabokovの"Pale Fire"(「青白い炎」)。

"Out of Africa"は映画「愛と哀しみの果て」(しかしなんつー邦題だ)の原作。アイザック・ディネーセンはデンマーク出身の女性作家。Karen Briksenという筆名もあるけど、日本じゃディネーセン名義で翻訳が晶文社からでてた。もっともイサク・ディーネセンと読むのが正しいらしい。

そいや"Sudan"はふつう「スダーン」と発音するよな。なんで日本じゃスーダンなんかいな?と考えたことがあるけど、Susanはスーザン。そこから来てるのかなどとばかなことをかんかえてみたり。

"Pale Fire"は「ロリータ」(いまだに読めてない)でおなじみナボコフの作品だけど、架空の詩人が書いた詩の注釈書、といった体裁。ところがこの注釈部分がミソで、このなかに殺人事件が暗示されてるとかという、へんてこな作品らしい。なんか面白そうなので興味を持った。

で。

ディネーセンは5〜6冊あった。さすがは丸善。おおと歓喜したが肝心の"Out of Africa"がない。なんでやねん。ナボコフのはすぐに見つかった。しかし難しそうである。これは買っても読めないだろうなあ。ということで断念。来月には東京へ行くので、また本屋めぐりをしてみればいいんだし、と思い直した。どっちも古典(Penguin Classicsに入ってる)だから、いつでも手に入るし。

ぶらぶらしてたら、"Bob Dylan in America"という本を発見。ディランと、その背景となるアメリカ社会・文化を描いたノンフィクションのようである。ディラン師匠とアメリカ社会とくれば、アナゴに豆腐みたいな取り合わせ(ワシの好物なのだ)である。迷わずお買い上げ、1890円也。

bobdylaninamerica.jpg

なんかもう1冊ないかな〜とウロウロしてたらビジネス書のとこで"Winnie-the-Pooh on Management"という本を見つけた。ワシはビジネス書は読まないんだけど、なんか面白そうなので手にとってみた。「プーさんに学ぶマネジメント術」である。ちょこっと読んだら、なかなか楽しい。くまのプーがいかに難問を解決していくかという方法にビジネスマネジメントのヒントを得ようという趣向。

winniethapoohmanagemant.jpg

買おうと思って値段を見たら、1900円もする。高っ。薄い(190pくらい)のに。amazonで探したらもっと安いのあるかもと思い、これはやめにした。(いま調べてみたら991円で近日発売、予約受付中とあった。しかし発売予定日が2025/12/31とある。どーいうこっちゃい?)

Kansai Sceneという英語のフリーマガジンもついでにいただいて帰ったが、特集が日本のお城だった。
案内士試験にちょうどええわい。内容はここで読めるから、興味ある人は読んでみてください。

洋書売場はいつもガラガラなんだけど、きょうは妙に子供連れが多くなんでかいなと思ってたら、「Mayuka Habbick先生の英語絵本読み聞かせ会」が開かれてたのであった。ふーん。早期英語教育ってやつですね。
ワシは孫がいてもおかしくない年齢だけど、残念なことにいないので読み聞かせる相手もないってことで横目で見ながら退散。しかしワシは発音むちゃくちゃなので却って害毒になりそうな気もするけど。

また開かれるみたいなことを売り場のお兄ちゃんがいってた(Habbick先生が子供に「怖い顔したおっちゃんやね〜」といってて、「仏頂面は生まれつきですっ」なんて答えてたが)ので、興味ある方は「MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店」のサイトをこまめにチェックするといいと思うぞ。

明日は休みを取った(嬉)ので、これからのんびり買ってきた本でも読もうかね。あ、チビダックスをカットに連れていかないと。ヨメハンは「あそこのお姉ちゃん、怖いねん。もっとちゃんとこまめにシャンプーしてあげてください、ゆうて怒るし」ということで、チビを連れて帰ってくるのはワシの担当となっておるのだ。ワシは怒られてもええんかい(怒)。ちゃんちゃん。




続きを読む
posted by デンスケ at 13:55| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

三面記事から

・DailyYomuiriの外信記事に、中国(ことに上海)でのドーナツショップの過当競争が取り上げられていてふむふむと読む。ダンキン、クリスピークリームといったアメリカの2大企業、それとミスタードーナツ(ダンキンの兄弟会社なのだがアメリカでは実質滅亡。日本のミスドのこと)、ドーナツキング(オーストラリアのチェーン店だとか)が入り乱れてるらしい。

あんまりどこも流行ってないらしい。中国で人気のドーナツ(わかめ入り干し鰹ドーナツ)は本国で人気を得そうにもなく(汗)、アメリカンスタイルのコーヒー+甘いものって朝食は中国で受け入れられないのでは?なんて記事でした。"Sea weed and dried bonito doughnut"って同じ東洋人とはいえ、やや想像しにくいな。

・ネットで国内ニュースを会社でチラチラ。「東電OL殺人事件」で新たなDNA鑑定の物証が見つかったとか。被害者は「OL」なんて軽い語感ではないよな〜(管理職クラスの女性だった)、とこの事件に関する本を読んだとき思ったんだけど。ワシはこの被害者の女性とは1つ違いで同世代である。当人の行動については「まあいろんな人いるし」くらいしか思えないけど、家族や会社もこの女性の売春行為を知っていたというのをきょう知って、ホントに衝撃だった。怖すぎる。当人だけでなく、周りも含めて想像できないデッサンの狂い方だ。

ウソかホントか知らないけど、被害者の亡き父も東電で役員寸前までいっておきながらプルサーマル反対派だったので左遷され、まもなく病没。被害者の女性も父の衣鉢を継ぎ原発反対の論文で同期の総合職の女性との出世争いに敗れたとかナントカ・・・。ほんまかいなと思う。

いまの東電の会長がこの女性を東電にスカウトしたとか(真偽不明)、元直接の上司だったとかという話を読むといまの東電の状況がなんだか呪いのように思えたり。

「本当のことを言おうか」
-谷川俊太郎「鳥羽」



・原田芳雄さんが亡くなった。ついこのあいだの試写会あいさつでのやつれ方におどろいたのもつかの間。原田芳雄って「色悪」めいたところがあって、そのイメージが強かったからね。ワシは別にファンでもなんでもないが、寺山修司の映画「田園に死す」での主人公の憧れの女性-八千草薫-の情人役が鮮烈でした。

ほどかれて 少女の髪に結ばれし 葬儀の花の 花言葉かな
寺山修司「田園に死す」(恐山・悪霊とその他の観察)



ワシの好きな短歌だ。明日は飲み会、早くねよっと。
posted by デンスケ at 22:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

あと・・・

通訳案内士1次試験までひと月ちょい・・・もあると思いたい(笑)。Anchorsongさん、大阪の主婦さん、そしてワシの「肉弾三勇士」で突破を試みるわけであるが・・・。実際の「肉弾三勇士」は爆死しちゃったのでちょっとイヤであるけど・・・。ほかのお二人は地理的条件やご家庭の条件でフラフラできないけど、ワシはその点気楽な独り者、ではないもののまあなんとでもなるわってかんじでありました。で、高を括っていたのだけど、降って湧いたような東京行きであわわ。

ワシが思うところの「英語色事師」Anchorsongさん、「英語番長」大阪の主婦さんは英語力には問題はないと思われるが、なんとなくモチベーションが上がらないみたい。ワシも「英語極道」を名乗りたいところであるが、肝心の英語力がなんとも中途半端。中島らものエッセイに「痛いからデッサンだけの彫物」を
してる極道がでてくるが、そんな感じ。

東京へ出発まであと30日切ってしまった。隠匿しているエロDVDをどうしたらいいのか、ワシがいないあいだに使うであろうPCのお気に入りを整理しておかないといろいろ面倒じゃないかとか気にかかることがいっぱい(上記はあくまで一例)です。お盆休みに一気に最後の仕上げをやってしまうつもりだったけど、ちょうどそのころに上京するわけで。

もう一般教養の気休めみたいなことしかやるヒマがありません(涙)。去年、ダメもとで受けときゃよかった。去年のいまごろは「まずは英検1級にふさわしい英語力を身につけねば、通訳案内士はそれから」などと殊勝なことを考えていたが、所詮付け焼刃(笑)。

しかしワシの場合「どうせヒマだし受けてみるか」っぽいノリなのは否定できないんだけど、通訳案内士2次試験が東京・京都・福岡の3箇所しかないのはさすがにどうかと思うぞ。しかも英語以外はすべて東京のみ。これで"Visit Japan"キャンペーンとは片腹痛いわ。ワシは英語以外できないから実害がないのだけど、本気で考えているなら2次の期間をずらして実施(面接ならば問題ないと思う)すればいいだけだし。

地域限定案内士はどうにも雲行きが怪しそうだし、いったいどうなることかいな・・・。

posted by デンスケ at 21:49| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。