2011年06月29日

6月も終わり 〜6月は英語学習強調月間です〜

明日は楽しいボーナス支給日。しかしいくらもらえるかはだいたい分かってるので、必然的に使い道って方向になりますね。半分はローンその他。残り2/3は固定資産税やらその他。1/3は電化製品やらその他。いくらも残らないね・・・。

さてことしも半年終わりなんだけど、6月は「英語学習強化月間」でした。PBを3冊読む予定が、読みかけのを立ち食いソバ屋に忘れるという失態を演じ、先週末に読めず。どこに忘れとるんだ。残り100p、今週中に読めたらいいや。英訳修行は新聞記事4つ。もっとできると思ってたが、時間を喰うしここんとこ仕事でクタクタ、平日はとてもやる気が起こらない。来月からは少しずつでも毎日取り組まないとアカンな。

英訳はボロボロ、なんだけどけっこう楽しい。なんというか、ホンマに「勉強してる」感がある。
課題は簡単な表現で良いから、もっとすんなりとできないと、というとこやな。

ワシは英検受かったあと、Phrasal Verbsをちょこっと勉強した。表現を憶えたかったってのもあるけど、実はPhrasal Verbsってのは英文の構造を端的にあらわしてるような気がして、これをやれば少しでも英文への理解が深まるんではないかと思ったのだ。

look after、look forとか動詞と前置詞・副詞がくっついてるのはいわゆる「熟語」で分かりやすい。
問題は動詞+目的語+副詞って奴。put onってのはふつう、「置く」って意味に取られると思うけど、例えば
"You're going to put me on"だったらどうなのか。「俺をおちょくろうとしてる」ですね。ここで"put on"を「からかう」って憶えても、"You're going to put on me"だったら異なった意味になるような。

動詞が目的語を、その次の語の状態にする。こういう構文が多い。いわゆるSVOCってのか?
"I'll have you arrested"とかね。ただの"I'll arrest you"なんだけど。

SVOOも難しいな。「手紙を送るよ」は日本語的発想だったら"I'll send a letter to you"だろな。
"I'll send you a letter"は、すっと出てこない気がする。

以前、英語を勉強しはじめたころ、"I can't get started"がどうにもわからず、なんで"I can't start"じゃないのか悩んだことがある。これがどうも英語としては不自然で"I can't start off"だったらいいんじゃないかって気づいたのはずいぶん後になってから。

昔、アムロの曲で"Can you celebrate?"ってのがあったが、題名を聞いたときなんか変な感じがした。
落ち着きが悪いんですね。ネイティブが「いったい何を祝うんじゃい?」と疑問を呈していたらしいが、確かに。曲の内容からいけば"Can you celebrate me?"なんでしょうが、can you〜も妙なような。どっちかいったら、"Do you〜"または"Would you〜"なんじゃないかと。日本語をそのまま「英単語に」置き換えた典型だと思う。間違いではないけど、へんな文章なんでしょうね。

英訳のときに、前から後ろに素直に文意がつたわるように心がけてるのだが、難しい。まだ日本語を英語に無理やり「当てはめよう」としてるんでしょうね。いったん、バラバラにして内容を素直に英文にすればよいはずなんだけど・・・。

ワシは専門レベルの英語教育を受けたことがなくて(高校大学は高等レベルじゃないかという疑問はさておき)、なんかこのへん手探り状態なんである。ものすごく傲慢ないいかたなんだけど、高校の教員レベルでもこのへんはわかってるのかな。大阪の主婦さんの意見を伺いたいところである。

8月半ばに東京に行くから、お盆にまとめて案内士試験の準備をするって計画は大崩れ。7月中に終えて、8月の東京との往復の電車内で最後の仕上げやな(涙)。なんか月に叢雲、ってかんじ。くわあぁぁぁ。


意味もないが・・・大ロックンロール大会。ええなあ・・・(感涙)


Listen woman you needn't look so stupid when I call your name out loud
Cause everybody knows you're a just chicks with intelligence
And you know how I wouldn't want anyone else to know
About the way you really are
You're just a rock and roll queen
You know what I mean
And I'm just a rock and roll star


俺がお前の名前を大声で呼んだって
そんな阿呆な顔しなくていいんだ
みんな、お前がチセイが匂いたつ 
いい女だと思ってる

俺が誰にもホントのお前がどんなのか
教えたかないってのはわかってるハズ

お前はロックンロールクィーン
だろう?
俺はロックンロールスターさ・・・
posted by デンスケ at 21:46| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。