2011年06月28日

チビダックスのお友達

チビダックスは友達の犬がいない。うちに来たときにヨメハンのとうちゃんが倒れ、ヨメハンは実家と行き来してたので、育児(?)はワシの担当であった。「公園デビュー」もさせたんだけど、やはりオッサンではな(汗)。公園に来てるのはたいがい女性が多くて話しにくいもんである。男性がいてもまず見ず知らずのひとには話しない。せいぜい挨拶程度。

ひとり(?)だけチビが親愛の情をいだいてるのは、猫のみーちゃん。近所のお茶やら飲み物売ってる店で飼われてるキジ猫である。(性別不明、デカイ。)しかしみーちゃんはチビが大嫌いである。ふたりのなりそめは・・・。

お店はチビの散歩ルートにある。店の前に植木鉢とか出してるんだけど、そこにみーちゃんのエサのお皿が隠してあるのだ。店の前にくると、チビは熱心に植木鉢の間をクンクンやってた。なんでか理由がわからなかったのだが、みーちゃんのエサを盗み喰いしてたと次の椿事で発覚。

ある日、例によってクンクンやってたとこにみーちゃん登場、怒るまいことか。猛然とチビに必殺の「猫パンチ」を食らわそうとしたが、(ふだんドン臭いくせに)機敏にゴロゴロと地面を転がりパンチをかわした。(そのとき散歩させてたヨメハン談。)

この一件をチビは「面白い」と思ったのか、それ以降店の前にきたら必ずみーちゃんの動向をうかがっている。お店のご主人は真相をつゆ知らず、「みーちゃんに会いに来てくれてる」と思ってるので、チビがお店を覗き込むたびに「みーちゃん奥で寝てるねん、ごめんな〜」とかいってくれる(汗)。

たまにみーちゃんを奥からだっこして連れてきたりするらしいが・・・。

ワシ「みーちゃん、よろこんでるか?」
ヨメハン「みーちゃん、『シャー』ゆうてるで」
そらそやろ。

みーちゃん、おらへんな・・・。
pase.jpg

ここんとこみーちゃんを見ない。なんせだいぶ前からいる猫だから、お年寄りで寝てばっかりなんかな。もうお皿もなくなちゃった。

お友達に会えなくて残念なチビダックスなのでした(「きょうのワンコ」風)。


エエ天気ですな。暑い。ことしは梅雨前線が弱いのかいな?ここんとこ前線は北のほうに停滞してる。
まだ梅雨明け(例年7月20日くらい)にはだいぶあるのになあ・・・。
posted by デンスケ at 07:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。