2011年06月17日

教育をちょろっとかんがえてみたり

ウチの近所に武庫川女子大がある。家から近いから、退職した後は学び直しの場として入学したいなあ〜(←殴打)。近年ここに「建築学科」ができた。キャンパスが「旧甲子園ホテル」(有形文化財登録)。竣工(1930)当時は「東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル」と並び称せられたらしい。設計はフランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新。「阪神間モダニズム」を代表する壮麗な建築物である。ホテルとしては10年少しで廃業しちゃって、海軍病院になったり進駐軍に接収されたり数奇な運命を歩んだらしい。女子大ってことで中で男がウロウロでけんのが難点だなあ。

旧甲子園ホテル(現甲子園会館)
koshienhotel.jpg

JR甲子園口に「ライト」って変哲もない町のケーキ屋さんがあるんだけど、フランク・ロイド・ライトにちなんだものとかでひょえ〜っとなる。S&Gも歌った名建築家だし。そういう意味で有名なのではないやろ、と一人ツッコミ。

さよならフランク・ロイド・ライト サイモン&ガーファンクル


しかし女子大に「建築学科」かあ〜。そりゃ別におかしくはないんだろうけど、年寄りとしてはなんか違和感あるな。ワシらが大学進学したころは女子は4年制大学に行く子は少なくて、行っても文学部が社会学部。理系なら薬学部か理学部。それ以外学部に行ったら「へえ〜」ってかんじだった。就職したときも、会社の同期で大卒事務が140人くらいいたけど、女子は二桁いなかったと思う。この頃は就職難を反映してか難関大学出身の女子も多いな。「大学どこ出たん?」「阪大です」「一橋です」こういうのがザラ。んな難しいとこ出たのなら、こんなツマランとこでツマラン仕事せずにもっといいとこ行けばいいのに、とのんきなオッサンらはよく雑談したりするのだけど。

大学進学率.gif

統計を調べてみたら、ワシらのころで4年制大学進学率は25%くらい。バブル崩壊のころまでだいたいそんなもんで推移してたけど、その後は右肩上がりでついに最近50%を超えたとか。そりゃ受験産業も繁盛するわな〜。どうも不況になると大学進学率が上がるみたい。80年代後半は低迷してるし。

ウチは子供いないし教育問題には興味ないんだけど、「脱ゆとり」とかいわれてますね。ワシらは「詰め込み教育」の絶頂期、70年代半ばに中高生やってたんだけど別に詰め込みとは思わなかったな。詰め込まれても、そのぶん漏れるだけで(笑)。「ゆとり教育」の本質ってのは増大する進学希望者にアジャストした教育レベルの平準化だったのかな?と統計を見ていて思った。大学行くのならいっぱい勉強するのが当たり前なんだけど、なかなかそういう理屈は通りにくいもんである。

ゆとり教育で円周率を「3」とするのがボロクソいわれてたけど、どうせ中学校はπでやるんだしええやんとワシは思った。どうも教育問題って枝葉末葉にとらわれて大事なトコが論じられてないんじゃないかな?

どっかのマジメなブログで読んだけど、科目としての「英語」はそのひとの人間性まで測定されるもんらしい。数学とかと違いセンスが要求されるわけでなし、ある程度マジメにやってりゃ誰でもできるようになる。なので英語得意=マジメな努力家、って推定が成り立つ。ワシも「マジメな努力家」なんかの。ほほ。んな風にいわれたことはいちどもないけど。

んでもって、社会に出てもその影響か英語関連書物ってのは人生論や啓発書みたいな切り口が多いんだとか。それはワシも思ってた。そういうの大嫌いなのであんまりその手の本は読んだことない。英語やりたいのなら英語の本を読めばいいんじゃないの、と素直に思う。まあ、たまに本屋で立ち読みするくらいなら刺激があってええかもしれないが、金払って買ってなんでセッキョされなアカンのだ、と思ってしまう。少し性格がゆがんだ天邪鬼なんかな(笑)。

なんども書くけど、自分に合った勉強法を模索してかんがえるのがいちばん大事なんでは?と思う。英英辞典を通読してみるとか(笑)。マネできましえん。そういうことを思いついて、モノもいわずに実行に移すところがスゴイ。でけるヒトはやはりちゃんと理由があるんやな〜。ワシはいまだにどうやったらええんかウロチョロしてるんやけど(汗)。まあ盛大あがいてみまっさ。

kansshijiten.jpg

冠詞がどうにもわからず、大修館書店「例解 現代英語冠詞事典」購入を決意。三宮のジュンク堂にきいたら在庫あるとかで会社の帰りに買いに行こうと思ったけど、残業で行けず。きょうは行きたいな。
posted by デンスケ at 07:25| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。