2011年06月15日

英字新聞を読むこと

毎日むなしく新聞受けに突き刺さっている英字新聞を通勤電車の中でそそくさと読みはじめることとした。

英字新聞読むことじたいが、久しぶり(汗)。新聞はちゃんと単語引かないとわかりにくいな。前と違って昼休みにゆっくり読めるから、この時間を活用しよう。

しかしな。すごく学習の役に立つ英字新聞だけど、問題がひとつ。

「面白くない」

そりゃ面白い記事もあるけど、なかなか出くわさないな。特に地震以後、気の滅入る記事が多くて。
やはりふんふんと小説読んでるほうが気楽で面白いな〜。つい、PBに手が行く・・・。
Brian Gruley "The Hanging Tree"を読み始める。

thehangingtree.jpg

アメリカ中北部の田舎町の地元誌勤務の記者が主人公のミステリ。開始早々、いきなり殺人(?)が起こった。うんうん、展開の早いのがワシはお好みだぞ。

これからの学習プランをかんがえる。

朝・・・英訳プロジェクト。週1個か2個が目標。(できるのか?)
昼・・・通勤時間でPB。読んでるのがなければ英字新聞。昼休みに英字新聞。
夜・・・10分でいいから集中してなにかリスニング。Webのニュースあたりか。

計画倒れにならんように気をつけないと。ワシは英検を受けるまでは通勤時間(やたら長かった)で新聞やPB読むことやってたので、家では一切勉強しなかったな。休みも原則オフで、読みかけで気になるとき以外はPBも手に取らなかった。それに比べればえらく勤勉になったもんだ。しかし学習時間は絶対に英検受けるまでのほうが長かった。やはりどうやって時間をマネジメントするかが鍵やの。

PBと新聞、お弁当とポットでコーヒーを持って会社に行くのでけっこう重たい。

きょうは昼休み、案内士の願書出しにいかなきゃな。
posted by デンスケ at 07:29| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。