2011年06月14日

ボクはやるぞ〜!!(松下一郎/「悪魔くん」by水木しげる)より

なんかダラダラと英語の勉強(といえるのか)をしてたんだけど、和文英訳という未知の世界に足を踏み入れることになりちょっとやる気がupbeatなワシであります。昨日から気合を入れなおして毎日配達されるゴミ状態だった英字新聞をちゃんと読むぞ!っと思ったらいきなり新聞休刊日でズッコケました。

しかし添削された自分の英文を見てると、わかってないところが本当によくわかる。

1.冠詞がよくわかってない。
2.1.に関連するけど、単数/複数。people's life(×)→people's lives(○)当たり前なんだけど、盲点。
3.コロケーション。アンケートは"questionnaire"だけど、これのコロケーションを簡単にmakeだと思ってたらよろしくないらしい。行うという意味ならdistribute。自分でオンラインのcollocation dictionaryを引いてみたら、確かに。難しい単語にはだいたい難しい単語がくっつくな。しかしresearchのコロケーションはmakeでなくdoだとか、ひとつひとつ潰していくしかない。

やっぱこういうののいちばんいい教材は英字新聞だな。標準的な言い回し。小説とかは表現上の効果を狙ってわざと破格な組み合わせをすることがあるしな。

ことしの目標としてDailyYomiuriの英訳コンテスト入賞を狙ってみようかな。


今回の英検はリスニングが難しかったらしいですね。リスニングってこういうところ怖いんだよな。水物というか。だいたいオッサンがぼそぼそ喋ってるのってすごくわかりにくいけど、そういうのが出てきたのかな。ワシのリスニング教材はABCのpodcast中心だったんだけど、経験上いちばんわかりやすかったのはNPRのニュース。やはりラジオ放送なので喋りが丁寧なような気がする。BBCは苦手でした。なんというかイギリス英語のあのリズムを聴いてると、必ず眠くなった。

ニュースばっかり聴いていたので、リスニングははっきり会話文苦手(5割)、一般文得意(9割)な結果だったな。会話文を聞くのは本当にシンドイ。大体、男性は一般文のほうが得意なんじゃないかな?と思わなくもない。女性はその反対。ニュース好きか、ドラマ好きかってとこでしょうか。

人間って、実際にしゃべっているときのコミニケーションで言葉の占める割合は3割くらいだとか読んだことがある。あとは顔色とか、身振りだとかのいわゆる「空気」らしい。

よくブロークンでも通じるっていうのは個人同士の会話ではこういうところが作用するからなんだろな。しかし多数相手に喋るとかではやはりちゃんと喋らないとダメですな。ワシは会話するのは苦痛にならないタイプなので、下手に会話を優先させるとズルしちゃう可能性が高い。なので、やはり書き言葉からキチンとやって、ちゃんと喋れるようになりたいと思ってるのです。


まったく英語に関係ないけど、カラオケ行きたいな〜。ワシはカラオケ嫌いではない。声量ないし、音域狭いから下手だけどな。しかし誰も一緒にいくひとがおらんのです(涙)。ヨメハンはカラオケ行っても「歌えない」らしい。自分は音痴だとかいって。よく鼻歌うたってるの聞いたら、そんな音痴だとも思えないんだけど。少なくともリズムを極端に外さない限り、少々音程外してもさほど苦痛でもないがリズムが狂いっぱなしってのは聞けたもんじゃないデス。

ワシはこの曲をマスターしたいが・・・。途中が難しそう。
posted by デンスケ at 07:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。