2011年06月12日

Star Island / Carl Hiaasen

421p、読了。

Star Island by Carl Hiaasen.JPG

やっぱ小説は読みやすいね。ハイアセンのような手練のストーリーテラーではなおのこと。

ハイアセンといえば、奇人・変人が大暴れするオモシロ小説でありますが、この作品はそんなに変な人物は登場しない。まあ比較の問題であって、みんなおかしいといえばおかしい。

わがまま放題の22歳のポップ・スター、Cherry Pye。ドラッグとアルコール漬け、おまけに頭も軽けりゃ尻も軽い。Cherryを追いかけるパパラッツォ、Claude。オーバードーズで救急車の出動騒ぎ、スクープだと張り切って写真を撮ったら、それはCherryのstand-in、女優の卵のAnnだった・・・。

ここにおなじみSkinkが絡んでくるわけだけども、従来のようなフロリダの自然破壊を告発するような箇所はほとんどない。Skinkも作中で年齢を重ねているようで活躍もいささかおとなしい。

ワシはなかなか面白いと思ったけど、他の人はどうだろう。これはミステリではないな。だって一人も死なないんだもん。(あ、最後のほうでウニをパンツに入れられてラグビーボールくらいに腫上がったつう脇役が殺されてたけど、本筋には関係なし)

ハイアセンは、長編はほぼ全部邦訳されてるはずだけど、前2作以外は絶版。このミスなんかでも上位に来てるけど、これ翻訳されるのかな?スキンクものなので、前のを読んでないとよくわからないんじゃないんかいなと思う。ワシはPBでせっせと読んだ。どれも面白い。

Recklessなスターっていえばリンジー・ローハンとかが有名ですが、実名で小説中にも出てくる。アメリカの映画・TV、ポップシーンに興味があるひとなら面白いんじゃないかな。

しかし一昨年だったかの酒井法子の覚醒剤騒ぎ、ありゃいったいなんだったのかな。もうなんだかPublic Enemny No.1ってかんじで。そりゃ確かに覚醒剤やるのは悪いことだけど、なんかもう人に非ず、っていうような報道でしたね。人に夢を与える芸能人が、んなことやっていいのかってかんじで。むしろ、華やかであるからこそドラッグを決めたりするんじゃないかな〜と思う。キース・リチャーズもいってたように、セレブリティの娯楽じゃないの(笑)。「いいブツでないと、とっくに死んでた」らしいから一般人は近づかないほうがええな。だいいち、お金続きませんで。

PBを少し読んだひとならわかるだろうけど、罵りや汚い言葉ってのがふんだんに出てくる。英語におけるswearingってのは確かに文化の一種じゃないのかな。ボディガードにひょっとしてretardじゃねえの?っていわれたCherry Pyeの喋り方が面白い。やたらawesomeやらfabulousを連発、like〜を接続詞のように使っていて、しまいに使ったら電気棒でおしおきされちゃうんだけどね。あんまりlikeとかkind ofを使うとカシコク見えないのかもね。気をつけようね。日本語でも、「〜ね、〜ね」を連発するとかしこそうに見えないもんねっ。

なんかで読んだけど、形容詞や副詞使うのでも男性の場合はveryくらいでとどめておくのが無難らしい。
やたら沢山連発すると、gayに間違えられるんだそうな。soもあんまりいわないほうがええらしいな。
sooooooo gooood!!なんちゅうのはアカンねやろな。

これでことし12冊目。今月中にもう2冊読んだら、年間目標の20冊まであと6冊。実際は2冊読んだの忘れてたので、いざとなればそれを計上(笑)。後半は月1冊くらいにして、新聞を重点的に読み、英訳にも力を入れたいところである。

このあいだに通訳案内士試験も入ってくるんだから、ホンマにできるんかいな?っつうギモンは湧くが(汗)。
posted by デンスケ at 11:48| Comment(8) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。