2011年06月04日

Life / Keith Richards 〜6月は英語学習強化月間です〜

547p、読了。

Life.jpg

タイトルに「6月は英語学習強化月間です」とつけたのは、「ちっとは勉強しーや」という大阪の主婦さんのお叱りをいただいたからだ。英語の先生におこられた。反省、そして決意の表れであります。6月中のタイトルには折を見てつけていくつもり。

さて、ことしになってPatti Smith、Eric Claptonとミュージシャンの自伝を読んでこの本で3冊目。いよいよロック界のicon、キース・リチャーズの話題の自伝であります。"with James Fox"とあるので、口述筆記したのか。その割に、かなり難しめの単語が多かったような。調べた履歴を見ると、ransack, emphysema,estrange,milieu,beau,forte,philander,bimbo などなど。

ロック界ではおよそ「知性派」のイメージのないキースだけど、難しい単語知ってるんだなあ、と感心。などとムチャクチャ失礼な感想だけど、Claptonのはこんなに出てこなかったし。キースのイメージだと、どうしても"Sex, Drug & Rock'n roll"だもんな。別に粗野な表現はなくて、ちょっとひねった言い回しも多い。

とまあ、かなり苦労したわけですがそのワリに・・・という印象。キースやStonesに関してはかなり耳年増になってるわけで、知ってるエピソードも多いし。ワシの読みたいのはやはり本当の裏話というか、ミック・ジャガーやらブライアン・ジョーンズとの関係、他のミュージシャンへの評価とかなんだけど、案外あっさりした記述だった。「オルタモントの悲劇」(サンフランシスコでのフリーコンサートで演奏中のストーンズの面前でハイになった黒人青年が警備に当たったヘルス・エンジェルズに刺殺された事件。同年の「シャロン・テート惨殺事件」と並び、60年代ヒッピームーブメントの終焉を告げた重要な意味を持つ)あたりも淡々とした描写。もう歳なんで忘れたのかもしれないね(笑)。



ま、ちょこちょこ「本当はこうだったんだよ」ってのもありますけどね。ジャマイカに住んでたころ、キース不在中に妻のアニタ・パレンバーグが逮捕され刑務所で輪姦された、つう伝説がありますが「んなことはなかったよ」でオワリでした。

ワシのストーンズへの関心は、やはりミック・テイラーがバンドを辞めるまでのころまでなんだけど、この本でも"Exile on Main Street"製作のエピソードはかなり紙数を割いて書かれている。やはりキースのなかでも特別重要な位置を占めるアルバムなんだろな。他の各アルバムの製作については、ごく簡単に触れているだけだから、そのことがよくわかる。あとは5弦ギター(オープンGチューニングにして、ミュートすることの多い1弦はどうせいらないから、エイヤっと外した)のこともかなりご自慢のようだ。

Exile on Main Streetの頃のビデオクリップ。1972USツアーのころか?


なかなか興味深かったのは、"Jagger-Richard"のソングライティング方法で、だいたいキースがリフの部分を作って残りをミックが仕上げる、ちゅうのが多かったらしい。ビートルズはジョンとポールはごく初期を除き、別々に作ってたらしいけど。もっとも"Exile on Main Street"以降はキースは深刻なジャンキー(ヘロイン中毒)になってしまってそれどころではなく、各自で作るようになったっぽい。

あと、「70年代、次に死ぬロックスター予想」ダントツの1位だったキースが生き延びてるのは、ヘロインにせよコカインにせよ最上級のを使っていたかららしい。そいや、昔のロックスターってジャンキー多いけどけっこうシブトク生き延びてるもんな。ストリートのジャンキーは悲惨なもんなんだろうなあ。

ミックの悪口が書いてあるって話題になったけど、別にいままでもよくメディアで見かけた話が多く、へえっというのはないな。むしろ、80年代以降すべてをとりしきろうとしたミックに対する反発つうのが大きいんだろう。ミックは「自伝なんか書くつもりないよ」ってるが、実際キースと、テイラーの後釜のロン・ウッドも大概なジャンキーだったんで「んなもんやってられっかよ、俺が仕切ってなきゃとっくに解散だぜ」つうところはあるだろね。

"Exile on Main Street"以降の話はどうも散漫な印象で面白くなかったので、適宜飛ばし読み。しかしキースはバンドマンとしての意識が非常に強く、また友人とかも大事にするタイプに見えるな。それは「一人っ子」ということで非常に「人恋しい」性格なんじゃないのかな?と一人っ子のワシは思うわけです。

これでことし何冊目かな。11冊か。実際はもう2冊読んでることを思い出したけど、まあええか(笑)。

Star Island by Carl Hiaasen.JPG Sunset-Park.jpg thehangingtree.jpg


帰りに三宮のジュンク堂に寄ったら、Carl Hiaasen"Star Island"、Paul Auster"Sunset Park"おいてあったので即ゲット。これを「強化月間中」に読んでしまおう。家に帰ったら、買ったきりで忘れてたBryan Grueley"The Hanging Tree"があることも思い出した。こいつも読んでしまおう。なんうっても「強化月間」やからね(笑)。勉強はこれでいい?大阪の主婦さん(笑)。


posted by デンスケ at 05:45| Comment(8) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

あなたに似た人

Keith Richards "Life"、あと50pくらい。そろそろ次に読む本を探さねば。面白いミステリがいいな。
Carl Hiaasenの新作はまだマスマーケットになってみたいで、残念。Paul Austerの新しいのはもう出てたな。
せっかく神戸勤務になったのに、洋書専門店がなくなってしまいう〜んである。また茶屋町まで探しに行くか。

このあいだ「あなたに似た著名人・セレブを見つけましょう」なんてサイトを知り、面白いそうなのでやってみた。ヨメハンにデジカメで撮ってくれというと「何すんのよ〜」とうるさい。ごちゃごちゃいわんとはよしたらええんや。正面からパチリ。

で。どういうのが出てくるかな〜と解析してるあいだワクワクしてたら・・・

eltonjohn.jpg
エルトン・ジョン(汗)。う〜む。こんなに下ぶくれではないと思うのだが、否定でけんとこもあるような。
78%、似ているらしい。次はAki Hakalaとかいうひとやけど、知らない。次も、その次も知らない。

costello.jpg
4位くらいにエルヴィス・コステロが出てきた。70%。若いときはソリッドなパンク野郎ってかんじだったけど、いまはなかなか渋いオッサンになっているのでちょっと嬉しい。



しかし出てくる顔はどれもメガネ君ばかりである。う〜ん。どうしてもメガネがインパクト強いもんな。
というわけで、メガネ外して「ホンマ、何すんのよ〜」と訝るヨメハンに、デジカメで撮らせた。

terence-stamp.JPG
テレンス・スタンプ。おおっ。(ちょっと歳いってるが)かっこええやないの。うんうん。さすがコンピュータだよな、実物のよさをわかってるのう、うい奴じゃ。しかし67%というのが若干気になる。その次。

amuronamie.jpg
安室奈美恵・・・^^;) なんやそれ?似てるところって顔の輪郭くらいしか思い当たらんぞ?しばらく考えてわかった。

「目と目の間が広い」


hiebie hancock.jpg
同じ60%でハービー・ハンコック。ワシは信心しとらんが。そういう問題ではないのか。African-Americanだったらデンゼル・ワシントンのが似てる、と思いたい。あかんか。

とまあ、傾向もなにもないような結果でございました。アジア系はデータベースにあまりないのかな。

もし、もっと顔写真のストックがあれば・・・。


やはり「池乃めだか」(笑)?
posted by デンスケ at 06:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。