2011年05月17日

やってやれないこともある、やらずにできることもある。

Keith Richards "Life"、amazonから到着。最後の1冊だったらしく、いまは「入荷待ち」になっておる。ふふふ。しかし見てみると547pもあるぞ。長っ。ことしになって読んだの、やたら長いのが多いな。昨晩最初のへんをパラパラ読んだら、「これならなんとかなるかな・・・」というかんじ。

英検後、心を入れ替えて「ちゃんと勉強しよう」と思い、In Useシリーズをちょろっとやったけどいまは相も変わらずPB読んでるだけ。だいたい関係代名詞と関係副詞の違いがあんまりわかってない1級ホルダー(しかも国内組で)っておるんかな。

That's a bookshop (   ) I bought this book. 中にいれる語は。あっさり間違える。中学、せいぜい高校初級や。情けない。万事この調子で、もしワシがきちんと文法を押えてきちんと勉強してたとしたら(仮定法過去完了)かなり早期に挫折してたと思われる。英検って英作文を除けば、意味さえわかれば点取れるもんな。しかもワシは英作文は10点というかなり情けない点数だったし。不安だらけの英語力である。

この間も"top"の比較級ってあるんかいな?とふと思った。the toppestってあまり見たことない。(the most topではないだろとは思った。)Googleで調べたらthe toppest of topって使い方するみたいだな。それなら、topperは?わからんことだらけだ。誰か英語の基礎を教えてくれんかな。

洋楽が好きで、高校生くらいのときからこそこそ自分で訳してたりしたら知らないうちに得意科目になってたという側面があるので、自分で興味のあるのをいろいろ調べたりするのは好きである。しかしマトモな系統だったものというと、ほとんどお笑いレベル。まあそれでも、一定のところまではいけるみたいだ。

しかしこの後はー。あんまりかんがえてなかったり(笑)。楽しく英語とお付き合いできたらな。
こう、あまり真剣に「愛してます、真剣な交際を求めます」ってのより、気が付けばさきっちょ入ってた、もといそれなりの仲になってたいうのがええんでは?と思ったりしてる。

Stonesはときどきオールデイズのカヴァーやってるけど、"Ain't Too Proud To Beg"という曲が好きである。元歌はTemptationsね。


カッコええな。しかし足長っ。ワシなら脛のまんなかくらいで終わりや(涙)。こういうコーラスグループはワリとすきでよくyoutubeを漁ったりしてる。このあいだ面白いの見つけた。



シャナナ、なつかし〜。Woodstockでも異彩を放ってたな。ボーダーシャツのヒゲの情けなさそうなおっちゃんがいいね。しかし何回見てもオモロイな。なんつうか、こういうアメリカってのが好きなんですね。やはりこういう興味があるからこそ続いてるんだろうな〜と。
posted by デンスケ at 07:43| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。