2011年05月11日

なんで英語やってるの?

って本が以前ありましたな。「なんで英語やるの?」だったかな。読んでませんが。ワシはヨメハンにいわすと「ものすごくヘンコ(偏屈の意)でガンコ」らしい。確かに「なんで英語やるの?」って書いてあったら、(んなもんお前の知ったことか、好きにさせんかい)と思ってしまいますね。そう思いませんか。

んな性分なんで、あまり学習法の類の本は読んだことない。純粋に学習法に特化した内容であれば、それなりに参考になるかもしれないと興味もあるけど、なにかしら自己啓発書っぽい傾向が見受けられることがママあって、ワシはそういうのキライなのだ。自己啓発書って役に立つのかもしれないけど、どっちかいうと自分の興味のあるものを読んでいって、そのなかから「おおこれは」というのを見つけるのが楽しくて実際に役立つような気がするな。

体当たりで勝負や!!

禁.jpg

・・・失礼しました。

で、いま英語なにやってるかつうとPB読んでるだけ。相変わらずである。もう新聞も読まなくなっちゃった。震災後、どうも新聞読んでると鬱になってくるしね。まあできることだけ、毎日確実にやるのが大事な気がする。特に語学みたいに継続が大事なものは。

ワシはPB読んでたら、うまいことやって(どううまいことやったんだ)英検受かったという幸運極まりない人間であるから、引き続きうまいことやってやろうと画策してるのである。棚ボタは2回あるのか。しかし「棚からぼた餅」ってなんで棚の上にぼた餅があるのか?ドウシテshelfノウエニsweetガアルノデスカ?ニホンハ、ソウイウシュウカンガアルノデスカ?とか訊かれそうである。

なので英検後もあまり「燃え尽きた」感はないのです。むしろあまりにも英文読めないので「ホンマに通ったんかいな」感が強くなった。なんつーか、翻訳やら通訳やってるひととの距離が絶望的やな〜と実感されます。なんつーか、もっとすらすら読めるまでがんばらんとアカンなあと。1級後、少しだけだけど読むのが早くなった気がする。ちょっとウレシイ。すっ飛ばすスキルが身についただけという気がせんでもないけど。

しかしいまんとこワシの英語は「読むだけ」である。もうちょっと実用的な方向に向かんモンかいな?と思うのだけど仕事で必要なわけでなし。ボランティアとかで役立てたらいいのかもしれないが、正直自信がないし、何をやったらいいのかワカラン。というわけで、通訳案内士欲しいなあ〜。もうちょっと自信がもてるかもしれないね。

城崎温泉の近くに住んでいる頃、よく聴いた曲。ゆるゆるフュージョンだけど気持ちがいい。テープに録って、カーステ(死語)で聴きながら海に泳ぎにいったりしたなあ。人生の初夏でしたな〜(涙)。

posted by デンスケ at 07:34| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

泥縄的仏教入門

きのう本屋に日本史のテキストを見に行ったら、「日本の仏教入門」という雑誌が平積みされていてわりかし安かった(680円)ので買ってみた。「一個人」ゆう雑誌の特集号。オールカラーでなかなかよろしい。

bukkyounyuumon.jpg

最澄・空海から、親鸞・日蓮など主要な宗派の開祖と大本山について書いてある。親鸞の生涯は興味深かったな。

よく日本の仏教は「葬式仏教」と揶揄されるけど、実はそのことが革命的なことなのだと書いてあってなかなか興味深かったです。ワシは仏教はほとんど何も知らなくて、ガイド試験勉強始めるまで「浄土宗」と「浄土真宗」の区別がついてなかったのだ(汗)。ついこないだまで「東寺」と「東本願寺」を混同してたし。ウチは曹洞宗なんだけど、それがなにであるかまったく知りません。「禅宗」の一派らしいけど、曹洞宗は「公案」いうのやらんらしいですな。となると一休さんは曹洞宗ではないな。「公案」ときいて一休さんのとんち話を思い出すっつうももどうかと思うが。

なんで本願寺が東と西に分裂してるのかとかの解説もふむふむでしたな。京都の龍谷大学が仏教系の大学であることは知っていたが西本願寺の学寮の流れを汲んでるのね。で、東本願寺は大谷大学。へー。京都女子大も西本願寺と関係があるとか。京女の子が「入学式に数珠もっていくねん」といってたような気がする。

しかしまったく仏教に興味のない人間として思うのは、日蓮宗のお寺ってあんまり観光客が行くようなところが少ないんじゃないかと。なんででしょう。「真言亡国、禅天魔、念仏無間、律国賊」つう苛烈さが安易な参拝を拒否させるのかな。まあ宗教ネタっていろいろややこしいし、これ以上書かないけどあくまで印象論ですわ。しかし葛飾柴又帝釈天って日蓮宗のお寺なのね。ワシはなぜか神社だと思ってたので、行ったときビックリした。そいや、「寅さん」は御前様(笠智衆)や寺男(佐藤蛾次郎)出てるやないか。まあ見たことあるの2〜3本なんだけど(汗)。

ワシの会社の人で、お寺の一人息子がいてお父さんが急逝されたので跡を継いだひといたけど、「お寺だけじゃ食っていけないし、かといって潰すと檀家がうるさい」とゆうてはったな。「通信教育」でお坊さんになったらしいけど。人間的にアレな人なら不信感が増しただろうが、マジメな人格者だったので「大変やな〜」と思ったしだい。

しかし今頃になってこういうの読むのってどうかと思うけど、一般人ってこんなもん?だいたいこの雑誌じたい中高年層がターゲットなんは明らかだし。といいわけしつつ泥縄で知識を仕入れてます。

Jonathan Franzen"Freedom"、200pまで。面白いのかな・・・。いまんとこ「ダラダラ長い」って印象。

きょうから仕事。一週間長いやろな〜。たらーっ(汗)
posted by デンスケ at 07:40| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

連休最後

GWも終わりだね〜。ワシはカレンダーどおりで大型連休というかんじではなかったですが。

ガイド試験、歴史と地理始めるつもりだったのにさっぱり。おまけに2008の過去問をせめてやっておこうと思ったら歴史が49点。とほほ。さすがにあせってきた。学習用ソフト、なんかいいのないかな。DSが便利だけどハードをもってないがな。買うかどうか思案中。地理は84点だったかな。過去2年分では歴史>地理だったので地理を重点的にやらなアカンな〜と思ってたのに、どうしたもんやら。

地理の資料や参考書、問題の傾向にフィットしたのがなかなかないな。ざっくり各都道府県の知識が得られたらそれでいいのだけど。う〜んと考えていたのだけど、はたと思いついた。マンガでいえば電球ひらめき

だいたい、都道府県つうのはそこの地図を無料で配布してるはずである。観光振興やらで。それを集めればよいのではないか。名所旧跡も写真入りでのってるだろうし。名案だ。問題はどうやって集めたらいいのか?つうことだ。自分で行けるのって大阪府くらいやぞ。しかも休みの日は当たり前ながら、役所は休みだ。だいいち近畿圏ならさすがにだいたい知っておる。

ググってみたら、東京の「都道府県会館」つうところに各府県の東京出張所があって、そこへ行けば手に入るみたいだ。しかし東京まで行けない。各県庁とかに郵便で送料負担で請求したらクレるかな。しかし都道府県分の切手代って馬鹿にならないような。170円×40くらい?行きの分の80円もいるがな。となれば1万円コースでかえって高くつく。東京に夜行バスで行ったほうが早いだろう。

調べてみたら、「大阪事務所」ってのもけっこうある。問題は、そこに置いてあるかどうかやな・・・。

連休の間、あんまり英語も読めてないな。なにをやってたのやら。だいたい休みの日はダレて、あんまりはかどらない。かといって平日は仕事でいっぱいいっぱいなのでこれまた読めない。いったい、いつ勉強するんでしょう?どうやって英検1級まで辿り着いたのか、自分でも不思議であります。

Jonathan Franzen"Freedom"112pまで。まだ1/5。いまんとこ、あんまりストーリーが動いてない。
jonathan-franzen-freedom.jpg

5月中に読めるだろうか。昨年、ずいぶん話題になった小説らしいけど、小難しいのよ(涙)。


posted by デンスケ at 09:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。