2011年05月14日

Freedom / Jonathan Franzen

562p、読了(といえるのか)。

jonathan-franzen-freedom.jpg

昨年、アメリカでもっとも話題になったとかいう小説。
アメリカ北中部の街ミネアポリスのミドルクラスのカップルが主人公。生真面目でほとんど堅物といっていいWalter、元大学バスケットボールの優秀な選手できわめて競争心が強いがいまは専業主婦として二人の子供の母親のPatty。いささか下の息子、Joeyに構いすぎるのか優等生の姉JessicaはPattyと距離を置いている。

ごく普通のミドルクラスの家庭だけど、Joeyが父のWalterのコントロールと母Pattyの過干渉に反抗。あまり評判のよろしくないWhite-Trashの隣人、モナハン家に転がり込んでそこの娘、Carolとねんごろに。ここから一家の危機が始まるのだけれどー。

長い長い小説のわりにストーリー自体は単純。半分くらいまではなんとかがんばったけど、あまりにもストーリーが動かないのとしつこい描写にうんざりして後半は飛ばし読み。なんてのかな。小説のつくりとしても視点が複数人から描かれるから、統一性がないような。

アメリカで評論家に絶賛されたっていうけどなんだかな〜。アメリカ人が読んだら面白いのか?そのへんを差し引いたとしても冗長にすぎる気がするんだけど。ストーリーが少しも面白くなかったし。今のアメリカが抱えている問題を鋭く反映してる、つうけどそれでは時代が過ぎればあっという間に陳腐なものとなってしまうだろう。あれだけ高く評価されてるのだから、なにかしら普遍的なものがあるんだろうとがんばって読んでみたんだけど、ダメでした。

米amazonの評価を念のため見てみたけど、評価分かれてるな〜。「プロットがめちゃくちゃで当惑する」ってコメントがあって、まさしくワシが思ってたのと一緒でちょっと安心しました。細部で全体を構成しているような作品だと思う。その細部に耐えられないのと(これは作者の責任ではないけど)ワシの英語力のなさがあいまってなんともツライ作品でした。アメリカ人のメンタリティに詳しくて英語力あるひとなら、とてつもなく面白いのかもね。

現代文学の読み手として、ワシはなにか欠けたものがあるのとかなり凹んだ。これは英語力だけの問題ではない。ストーリー、つまんないんだもん。読み終わるや否や、PBが発売されたばかりのKeith Richards "Life"をamazonでクリックしちまっただよ。

Life.jpg

ワシがPBを読んでるのはまず第一に楽しみのため、英語力向上は結果としてついてくりゃいいやと思ってるんで面白くなければすぐに放り出すんだけど、珍しくがんばって読んだだけに落胆が大きい。やっぱり食事といっしょでおいしく頂いてこそ身になると思うんだけどな〜。

これでことし10冊。月2冊は堅持しとるの(笑)。キースの自伝、楽しみやわあ。Audio Bookもあって、ジョニーディップが朗読してるんだとか。

posted by デンスケ at 22:04| Comment(4) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

ひさびさにCNN見たら

さっぱりわからん。もともとわかっていたのかどうか怪しいんだけど。

どうも震災以後、見るニュース見るニュース、あまりにも悲惨な状況で見ていると気分が落ち込んできた。
ワシが落ち込んでもなんにもならないし、つうことでしばらく距離を置いていたわけです。

昨日、南三陸町から支援要請がきたっていう回覧が会社で回ってた。いちおう自分のスキル(むろん英語ではない)で役に立てそうなのかなと思うけど、どうなんかな。ちょうど阪神大震災のときに経験したことであまり憶えてないのが問題やな・・・。

通訳案内士は1次対策で頭がいっぱいで2次のことはいまんとこ何も考えてない。1次の合否発表が2次の少し前。
ボーダーの60点を確保してできるだけ早く準備に移りたい。50点くらいでヤキモキするのはいやだし、だいいち受かってるかどうかワカラン状態では身も入らないしね。

しかしいちおう英語学習者の端くれなんだけど、ビックリするくらい内容が偏っている。1級受かってからは読むの97.5%、聞くの2.49%、話すの0.01%くらい。話すのは英会話喫茶に2、3回いっただけ。0.01もあるかな。書くにいたっては0。ううむ。これで通訳案内士目指すってのもなかなかあつかましい話である。

英検の2次でちょっと苦労したんだけど、よく考えればちゃんと対策したのって2回落ちてから青くなって原稿書きしたくらい。通訳案内士は早くに準備にかかりたいところ。日本的事象について原稿書きするくらいですが。いまからでもやればいいんだけど、どうも集中力ってのが。

意外と不器用で、集中してやらないとダメなタイプなのです。それまでは読んでひたすらつないでおく戦略。なんせ戦力が乏しいんだから逐次的に投入すると、全滅だろうと思ってるのです。考え出すと頭がいっぱいになっちゃうので、1次をとにかくクリアしないと。

しかしちっとはリスニングもやらんと。毎日CNNを見よう。まずは10分くらいから(苦笑)。

庭のバラが咲いた。ことしはちょっと遅かったな。なんにも世話してないのに咲くのでいじらしい(汗)。redorose.jpg



続きを読む
posted by デンスケ at 07:56| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

ビルのなかで日本一周。

通訳案内士試験の地理問題の参考書を買わなきゃならんのだけど、あまりいいなあというのも見当たらないし、金もない。各自治体やら観光協会が出してる観光マップが役に立ちそうだけど、どこで手に入れればよいのか。

調べてみたら、けっこうな数な道府県大阪事務所があるではないか。しかも大阪駅前ビルにだいたい集まっている。
http://www.pref.osaka.jp/links/osaka-office.html

というわけで、いそいそ出かけてみた。大阪駅前ビルはテナントが入らなくて、いまやすでに老朽化しかけていて大阪のディープスポット化している。超一等地にあるのに、穴場的存在。なんでも、壁の化粧版の化石発見の名スポットらしいのだ。都会のど真ん中で化石見学(笑)。

各ビルの連絡が悪い。しかし間を縫うように地下街ができたりしてるので、これを利用すればいい。しかし初めて大阪の地下街行ったひとはたぶん迷子になって1ヶ月くらいは地上に上がれないんじゃないか。すごくややこしいぞ。リアルダンジョンだ。どっかでトルネコに遭ったりして(笑)。ワシはここで迷子にならずに目的地にいけるのが数少ない自慢だ。でもときどき間違えたりするのよね。

で、駅前第一ビル8、9Fに集まってるのでまずそこに。あったあった。平日だけにガランとしてる。旅行を考えてるお年寄りが数組。通訳案内士志望の人間はあまりいないようだ。当たり前か。

まず北海道。「パンフレットを勝手にもっていかないでください」って書いてある。げっ。お姉ちゃんが寄って来て「どういうものをお探しですか」と訊いてくる。「ええええええ全体的なマップを」とかヘドモドしながら答えたら、北海道全図のマップをくれた。う〜ん。北海道広いから、これじゃ内容的に足りない。しかし本当は観光目的でないから、どこのが欲しいとかいえないなあ。

次、東北3県(青森、秋田、岩手)。ここは「パンフレットを自由にお持ちください」。まあなんつうか、観光案内所と同じこと。都道府県、各市町村やら観光協会、旅客会社やらパンフレットがいっぱいある。世界遺産登録された平泉をピックアップ、あとは広域案内パンフ。北海道は観光地として飛びぬけた存在だから、自由に持ってけスタンスではすぐになくなっちゃうんでしょうね。

こんなに取ってくるなよ^^;)

pumph1.jpg

だいたいどこも同じだけど、なかなか楽しい。物産を売ってるところもある。気合の入ったところや、あまり力入れてないなあってかんじの所や。観光案内だけじゃなくて、工場誘致やふるさと納税、Uターン就職の世話とかしてるんだな。公務員、教員採用試験の案内も当然あった。

こちらの意図はざっくりと概要がわかればいいから、道県が出してるくらいのものでいいんだけど面白いからついつい細かいものまで手が伸びる。「北九州の産業遺産」とか。長野県はいくら探しても県全体のがなかった。なんでやろ。長野市と松本市は仲がよろしくないってよく聞くけど、それが影響してるんかな?とか邪推したりして。

兵庫県もたいがい寄せ集めぽくて県民意識が希薄だと聞く(交通の要衝だから、江戸時代に大藩を置かなかった関係)けどな。淡路島もあるし。もともと阿波の一部だったらしいが、蜂須賀家にさんざんいじめられたので廃藩置県のときに兵庫県にくっついたらしい。

で、大概のところは手に入った。なぜか栃木県がない。大阪の仇敵、徳川家康を祀ってる日光は大阪では人気ないんかな(笑)。愛知県もなかった。有数の工業県だけに大阪なんぞ目にないわ、つうとこですかね。神奈川、静岡も事務所はないけど山梨県のとこにちょこっとパンフが置いてあった。

きれいです。
pumph2.jpg

なかなか興味深いものも。
pumph3.jpg

九州は全図があって助かる。なぜか四国各県は大阪市内に事務所が点在していて、ちょっと大変。行けない。なんでだろ。やはり四国出身、大阪在住の人が多くて県人会ががんばっているからか。それとも各県が仲悪いんかいな(汗)。高知出身の大学のときの友人が、「香川〜徳島は吉野川の水利権でずっと揉めてる。高知は四国のなかでも行きにくくて孤立気味。愛媛は中国地方とくっついてる」とか聞いたけど。

目的が目的だけになんだかコソコソしてた(笑)んだけど、面白いです。脳内日本旅行ってかんじ。平日しか開いてないのがな〜。土日にやればかなりの面白スポットだと思うけど、逆に人が集まりすぎるかもしれないな。オススメです(笑)。タダだし(汗)。
posted by デンスケ at 07:39| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。