2011年04月30日

Tokyo Year Zero / David Peace

371p、読了。

tokyoyearzero.jpg

えらくペースが早いんだけど、これには理由があってこの作品、地の文章にしつこく同じフレーズが繰り返されるのです。全体の1/3がそんなかんじで、いちいち付き合ってられない。最初は面白いのですが、もうええかげんにしてくれよといってもどこまでも続く。半分くらいからほぼ流し読み。

終戦直後に発生した連続婦女殺人「小平事件」を軸に、これを捜査する刑事と闇市で蠢く暗黒社会の住人。GHQによる戦犯探し。混乱を極める戦後の東京。買出し。パンパン。リンゴの歌。そういうのを描いてます。出てくるのは日本人だけ。

この作品は文藝春秋社がえらく力を入れて、イギリス出身の気鋭の作家に終戦後の混迷の日本を描かせ企画段階から関わっていたらしい。英語・日本語同時発売と気合が入ってたのに、あんまり話題にならなかったような。何年か前のこのミスかなんかで5位だったかな。いちおうミステリ仕立てですが、幻想小説みたいですね。ワシはちょっと夢野久作「ドグラ・マグラ」を思い出した。あとなんとなくラストは上田秋成の「雨月物語」を連想させた。

ややネタバレ気味ですが、ああいうフレームが壊れた作品だと「ドグラ・マグラ」を読んだことがあるひとなら分かるかもしれない。文章も壊れてる。すんげえ読みにくいの。英語自体はむしろ単純なんだけどね。

で、面白いかといわれたらう〜ん。変な小説だ。バーゲンで300円だったので腹も立たないけど、1500円くらいしてたら怒ってるだろうな。筋立てはえらく単純なんですが、叙述トリックで持たせてラストまで、というかんじ。まともなミステリではないことは確か(笑)。

「見ざる・いわざる・聞かざる」になってる日本の戦後の暗黒に斬りこんでいくっていう期待があったんだけど、そっちを期待すると思いっきり「スカ」ですな。

「見ざる・いわざる・聞かざる」は"Hear no evil, see no evil, speak no evil."つうらしいけど、順番が微妙に違いますな。語呂の問題かな。この作品の感想も"Speak no evil"ってかんじであります。

"Speak no evil"というとWayne Shorterの同名アルバムが思い出される。ワシの大好きなソリッドなJazzだ。こういうのを聴いてると濃いコーヒーが飲みたくなりますね。



これでことし9作目。この作品は読んだうちに入るんかいな(汗)。さて、次は何を読むかな〜。
posted by デンスケ at 17:48| Comment(2) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。