2011年04月28日

祝日でかんがえる歴史とか

もうすぐGWですな〜。ワシはカレンダーどおり出勤ですが。休みを取ろうと思えば取れるのだけど、部下も休みたいだろうからそっちを優先させんとアカンし。といい人ぶってみる。実際は出張旅費の取りまとめやらなんだかんだと雑用が多いのだ。それに転勤したばっかだから、新参者は大人しくしとかんとな。

さて「国民の祝日」(祭日ってのは現在ない)ですが、どのような根拠で決められてるのか。
元日を別にすると、

皇室に関係するもの
・2/11    建国記念日(旧紀元節。神武天皇が即位したといわれる日にちなむ)
・4/29    昭和の日(昭和天皇誕生日)
・11/23   勤労感謝の日(新嘗祭)
・12/23    天皇誕生日
・春分の日、秋分の日 もともと皇霊祭といって歴代天皇や主な皇族をまとめ慰霊する日だったらしい。現在はお彼岸の中日に決まってるから、仏教的な墓参りの日ってかんじですな。なんでお盆は休日じゃないのに彼岸は休みなのかわからなかったんだけど、もともとの由来がちゃうんですな。

歴史的な謂れによるもの
・成人の日 もともと1/15だったけど、この日は小正月。元服の儀は小正月に行われることからこの日が成人の日になったらしい。
・こどもの日 いわずと知れた端午の節句。楚の忠臣屈原が汨羅の淵に身を投げた日とか憶えてたけど、ただの伝説でどうも根拠はないらしい。ちまきを食べるのは、屈原の境遇を哀れんだ住民がせめて魚がその身体をついばまないように竹の皮に包んだ米を投げ入れたという故事に因むらしい。ウソかホンマかは各自調べられたし。

近代史に関するもの
・5/3    憲法記念日(現行憲法施行の日)
・11/3    文化の日(現行憲法公布の日。しかし戦前は明治天皇の誕生日、明治節だったこともあり。その復古版という意味合いもあるかもとか。直接には関係ないらしいけど)
体育の日   いわずと知れた「東京オリンピック開会日」だった(10/10)。10/10は気象上の「特異日」で晴天確率高いんだよね〜。

その他
敬老の日   兵庫県で始まった「年寄りの日」運動が全国にひろまり、1966から施行。
みどりの日  4/29が「昭和の日」になったのでここに移転したらしい。
海の日    なんかしらんができてた。

さいきんはハッピーマンデー法案とかで日にちがころころ変わるのでややこしいな。成人の日なんて1/15でええような気がするのだけど。しかし日時が固定されてるのは皇室関係ばっかだな。憲法記念日がGWに組み込まれてるくらいか。あと文化の日。

こうやって考えてみると、祝日ってのは現行レジームの各種記念日って意味合いなんだな〜と歴史的なパースペクティブから考察してみました(んな大層なもんか)。
posted by デンスケ at 07:57| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。