2011年04月26日

MASH / Richard Hooker

219p、読了。

mash.jpg

短いし、翻訳を読んでたのでスイスイ進みました。文章は口語的な表現が多く了解不明なのが多かったですが気にシナ〜イ。前線からすぐの野戦病院での風変わりな医者たちのハチャメチャな日常を描いたユーモア(というよりスラプスティック)小説です。

著者のリチャード・フッカーは外科医で、朝鮮戦争にも従事。容易に推察できるように、pseudonymです。翻訳を読んだ時点では「覆面作家」くらいしか紹介されてなかったけど、wikiにプロフィールが載ってた。1924生まれということは、医学生なので第2次大戦には従軍しなかったんでしょうね。

「戦争のおろかさを描いた反戦小説」とか見られがちだけど、作者自身はそんな意図はなくオモシロ小説を書いただけだったとか。どっちかいうとconservativeな信条の持ち主だったらしいです。序文に"the tactical peculiarities of the Korean War"ってあった。

先般、ハルバースタムの朝鮮戦争のPBを読んだのだけど、これによると朝鮮戦争は「勝ってはいけない」戦争だったらしいです。アメリカは油断していたところを金日成に衝かれ、危うく朝鮮半島から駆逐されそうになるけどマッカーサーの大博打(仁川上陸作戦)で形勢逆転。勢いにのって中国国境くらいまで進軍したところで中国軍の介入を招き38度線まで押し戻される。

ここでマッカーサーが核兵器の使用あるいは中国との全面戦争をかんがえており、暴走を恐れたトルーマンによって解任されたのは有名な話ですね。で、リッジウェイがその後任に当たったのだけど、"the tactical peculiarities of the Korean War"ってのはこのあとの朝鮮戦争の展開にあるらしい。

つまり、
・半島を西側勢力で統一してしまう=西側勝利だと、中国ひいてはその後ろにいるソ連との全面対決が避けられない。
・半島を放棄する=西側敗北だとアジアにおけるアメリカの影響力が大幅に低下する。なによりすぐ近くの日本に影響が大きい。

というわけで、勝つことも負けることもできず、ただ妥協点を探るために戦闘が続いていた、ってことらしいです。結局、戦争前の38度線で停戦になったのはやむなしだったんでしょうね。しかしそのために流された血というものは・・・。

偶然だけど、朝鮮戦争に関連するPBをこの1年で3冊読んだことになる。(あと1冊はPhilip Roth "Indignation")次は何を読もうかな。読みかけの"Tokyo Year Zero"か。暗くてなんか凹みそうなんですが。これでことし8冊目。月2冊ペースでよろしいな。


スーちゃん・・。ワシは特にファンってワケではなかったけど、受験勉強で聴いていたラジオでいっつもかかってたキャンディーズ。女優としてのスーちゃんはお母さん役が多かったっていうけど、キャンディーズのイメージが強くてね。「お母さん女優」というイメージだとワシらはつい京塚昌子さんなんか思い出すんだけど、「肝っ玉母さん」を演じてたときにはまだ40歳前だったってことにビックリです。
posted by デンスケ at 06:59| Comment(4) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。