2011年04月22日

日本を舞台にしたPB

PB、手元に適当なのがなくなったので積読本の山から"Tokyo Year Zero / David Peace"をチョイス。

tokyoyearzero.jpg

50pくらい読んだ。終戦後の東京。終戦の日、軍事工場で女性の腐乱死体が発見された。そのちょうど一年後、全裸の女性死体がお寺で発見された。その少しそばには白骨化した女性の死体も・・・。終戦後の連続婦女暴行殺人、小平事件を扱っているらしい。

この作家は"Tokyo Trilogy"という三部作を構想していて、すでに出版されている第二部"Occupied City"は帝銀事件を扱っている。最終作は下山事件だとか。1967生まれ、イギリス出身で1994に東京に移住。もう16年以上日本にいて、英語忘れへんのかな。amazonの翻訳の評価とか見てると「太宰治みたいな文体」っていわれてたりするけど、英文での太宰の文がどんなのか想像しがたいのでなんともいえん。

繰り返されるTon-ton-ton...って文章とかかな。「トカトントン」って太宰治の小説あったな、そいえば。
文章の繰り返しが多くて、読みにくいけどワシはそんなのさっさとすっ飛ばすのであった。なので字がちっこいにもかかわらずペースがえらく早い。題材から容易に想像できるように、暗い作品だ。読み通せるかな。

よく海外ミステリとかで登場人物の名前が憶えられない、つうのがありますがアルファベット表記されると日本名も非常にわかりにくい。Minami、Fujita、Tominagaとか。固有名詞が出てくると人名なのか地名なのかちょっととまどう。いっそのことToyota、Honda、Suzuki、Kawasakiとかにしてくれりゃわかりやすいのに(笑)。

日本を舞台にした小説とかノンフィクションってのはやはり興味があってちょこちょこ買ったりするのだけど、読み通せたのがない。
・Robert Whiting "Tokyo Under World"
・Jake Adelstein "Tokyo Vice"
とか持ってるけど、どれもこれも暗黒社会を描いてるのはどういうわけだ(笑)。
なんていうのかな、Yakuzaというのに(特に在日の)欧米人は多大な興味があるんだろうか。そいえばレナード・シュナイダー(同志社の講師だった)も"The Yakuza"なんて映画の原作書いとるの〜。



なんつうかな、今回の地震とかでも賞賛された日本の規律社会というイメージとアンダーグラウンドな世界が同居してるという対比が興味を惹くんですかの。日本にあたりまえに生まれて育つと見えてこないのでしょうか。そいえば、ワシんちの最寄り駅前にもちっこいパチンコ屋があるんだけど、普通の住宅街にミニカジノがあるみたいなもんですの。平和に同居してるのが奇異に思えるのかもしれないね。

amazonで2冊ぽちっとしたから、そっちのほうを先に読むかもしれない。英語は相変わらず興味本位に放浪しているワシであります。(と、「きょうのワンコ」風にまとめてみた。)
posted by デンスケ at 07:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。