2011年04月30日

Tokyo Year Zero / David Peace

371p、読了。

tokyoyearzero.jpg

えらくペースが早いんだけど、これには理由があってこの作品、地の文章にしつこく同じフレーズが繰り返されるのです。全体の1/3がそんなかんじで、いちいち付き合ってられない。最初は面白いのですが、もうええかげんにしてくれよといってもどこまでも続く。半分くらいからほぼ流し読み。

終戦直後に発生した連続婦女殺人「小平事件」を軸に、これを捜査する刑事と闇市で蠢く暗黒社会の住人。GHQによる戦犯探し。混乱を極める戦後の東京。買出し。パンパン。リンゴの歌。そういうのを描いてます。出てくるのは日本人だけ。

この作品は文藝春秋社がえらく力を入れて、イギリス出身の気鋭の作家に終戦後の混迷の日本を描かせ企画段階から関わっていたらしい。英語・日本語同時発売と気合が入ってたのに、あんまり話題にならなかったような。何年か前のこのミスかなんかで5位だったかな。いちおうミステリ仕立てですが、幻想小説みたいですね。ワシはちょっと夢野久作「ドグラ・マグラ」を思い出した。あとなんとなくラストは上田秋成の「雨月物語」を連想させた。

ややネタバレ気味ですが、ああいうフレームが壊れた作品だと「ドグラ・マグラ」を読んだことがあるひとなら分かるかもしれない。文章も壊れてる。すんげえ読みにくいの。英語自体はむしろ単純なんだけどね。

で、面白いかといわれたらう〜ん。変な小説だ。バーゲンで300円だったので腹も立たないけど、1500円くらいしてたら怒ってるだろうな。筋立てはえらく単純なんですが、叙述トリックで持たせてラストまで、というかんじ。まともなミステリではないことは確か(笑)。

「見ざる・いわざる・聞かざる」になってる日本の戦後の暗黒に斬りこんでいくっていう期待があったんだけど、そっちを期待すると思いっきり「スカ」ですな。

「見ざる・いわざる・聞かざる」は"Hear no evil, see no evil, speak no evil."つうらしいけど、順番が微妙に違いますな。語呂の問題かな。この作品の感想も"Speak no evil"ってかんじであります。

"Speak no evil"というとWayne Shorterの同名アルバムが思い出される。ワシの大好きなソリッドなJazzだ。こういうのを聴いてると濃いコーヒーが飲みたくなりますね。



これでことし9作目。この作品は読んだうちに入るんかいな(汗)。さて、次は何を読むかな〜。
posted by デンスケ at 17:48| Comment(2) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

第2回国宝IWGP

日曜日に引き続き、精力的に朝から国宝を見学しにでかけたワシである。

今回のターゲットは、法隆寺エリアである。奈良時代よりさらに時代が遡る飛鳥時代の創建だ。法隆寺といえば、聖徳太子。聖徳太子といえば、いまだにうわずって、い、一万円札とか叫んでしまう。「聖徳太子」が一万円札の隠語だったのはもう四半世紀も前のことかいなと。ワシは50過ぎだから、人生の半分くらいは聖徳太子=高額紙幣だったわけだ。さすがに千円札は「伊藤博文」といってしまうが。

聖徳太子に関する基本テキストは、10年ほど前に読んだ山岸涼子「日出処の天子」であります。
hiiduru.jpg
このあと太子に興味を持って、「聖徳太子の謎」とかいう本を読んだりしたけど「日出処の天子」のインパクトには及びまへんな〜。このマンガのあとがきで山岸涼子×梅原猛氏との対談を読み、梅原氏の著作を読んでかなりあっさり挫折した記憶アリ。

さて。朝起きてメシも食わずに阪神電車に飛び乗った。朝、混まないうちに見てきてやろうという頭脳的作戦である。しかしすぐに腹へって阪神尼崎で「そばモーニング」(ワカメそば+おにぎり1個、350円)食べちまっただよ。写真はうどんやけど。
sobamorning.jpg

大阪市内、河内地方をつっきって生駒山のトンネルを越えれば奈良県。写真は生駒山山麓から大阪方面。
大昔、このへんは湖(汽水湖)だったらしい。上町台地(大阪城やら難波宮とかがあったとこ、この写真では2つ高層ビルが見えるへん)が半島のように突き出ていたとか。この河内湖と大阪湾をつなぐ運河を作ったのが仁徳帝で、その名残がいまの「堀江」という地名にあるのだ。
osakaheiya.jpg

法隆寺はJRが近くて、近鉄はややアプローチしにくい。しかたないので、生駒で乗り換え、近鉄王寺まで。そこでJRに乗り換え一駅で「法隆寺」駅である。しかし駅から法隆寺までけっこう歩くのよね。徒歩で15分、やっとこさ法隆寺南門に到着。しかしここで門をくぐらず、西方向に400m。

fjinokikofun.jpg

藤ノ木古墳。金製の馬具やらが80年代に出土して話題になったとこ。ちっこい円墳である。誰が被葬者かわかっておらず、一説には蘇我馬子に弑逆された崇峻天皇(聖徳太子の父、用命天皇の異母弟。次の天皇は推古天皇)ではないかといわれてるけど、埋葬推定の時代が一世紀くらい合いませんがな。ひょっとして、山背大兄王(太子の息子。蘇我入鹿に滅ぼされ太子の血筋は滅亡した)だったりして。ひっそりしたとこだ。

horyuji2.jpg

法隆寺に戻り、南門をくぐる。アメリカ人とおぼしき3人組がいた。
horyuji3.jpg

ボブ・リチャード・アンディの3人だ。訊いたわけじゃないけど、どうせそんなところだと命名した。ボブはイケメンサングラス。リチャードはブロンド長髪、芸術家タイプ。アンディはでぶっちょ。おじいちゃんのガイドがついていたけど、英語で話してた。ガイドは「斑鳩町ボランティア」らしくて、腕章していた。頼めば、誰でもただで案内してもらえるみたいだとあとで判明。「英語が喋れるボランティア」か「通訳ガイド資格」持ちなんかはわからなかったけど、こんなひといたらそら通訳ガイドも商売になりまへんな〜。

で、何を喋ってるのか聞き耳野郎になってたら。
ガイド "What kind of things are you interested in? Say, architectures, or wooden buildings..."
リチャード "mmmm...General atmosphere? I guess."
とか会話してた。ボブはふんふんうなづいてたけど、アンディは落ち着きなくキョロキョロしてた。ここまではお金かからない。

horyuji7.jpg
金堂や五重塔のとこに入ると拝観料がいる。薬師寺もそうだったけど、スコーンとした空間にあるから、広く見えるのね。薬師寺は実際、とんでもなく広かったけど。五重塔はいちばん下のトコを外から覗けるだけ。粘土で作った小さな仏さんがいっぱいあった。

金堂内薬師如来。
syakasanzon.jpg

で、金堂。またもや暗くてわからん。しかし壁画はちょっと心動いたなあ。ほとんどが焼けちゃったので、再現したものだとか。金堂の中で3人組にまたもや遭遇したけど、相変わらずでぶっちょのアンディはよそ見してる。あんまり興味ないのかな。まあ、3人いたらひとりはそうなるのかな。金堂に竜の装飾があった。
horyuji9.jpg

金堂・塔・講堂を取り囲むように回廊がある。モノの本に、「エンタシス」とあるけど、なるほど真ん中部分が太い。
horyuji8.jpg

中心部分を出ても、まだまだ国宝だらけである。いちいち見てられないので、写真だけ。
horyuji10.jpg
horyuji11.jpg
すんごく広い・・・。
horyuji12.jpg
途中、収蔵品の博物館がある。ここは「玉虫厨子」が収められてるけど、実物は真っ黒けでナニがナンヤラ。
yumetagae.jpg

kudara.jpg
有名な国宝、夢違え観音、百済観音もあるけど、相変わらず仏像にはピンとこないワシである。

horyuji13.jpg
てくてく東に歩いて夢殿。聖徳太子が中に篭って、雨を呼んだ建物だったな。と、それは「日出処〜」やないか。実際は、もっと年代が下る奈良時代のものだとか。「秘仏公開」中とかで本尊が見られたけどそんなたいしたもんじゃ。どっちかいうたら、ワシは若いお姉ちゃんの秘仏を・・・こらこら。何をいいだすかわからんオッサンだ。忘れてください。

夢殿の横に、「中宮寺」がひっついてる。別料金で500円。
tyuguji.jpg

ここは「弥勒菩薩半跏思惟像」と「天寿国繍帳」がなけりゃさっさとパスするとこだ。
hankasiyui.jpg

tenjukoku.jpg
「半跏思惟像」はさすがに立派。500円取るだけあるな。(←セコイ奴)京都の広隆寺のも有名だけど、区別は右手。「ゼニやで」とはっきり丸を作ってるのが広隆寺のだ。

「天寿国繍帳」はレプリカ、建物は近年の建築。ここは尼寺で、皇族や貴族の女子が門跡を務めてきたのだとか。

メシ食った後、バスに乗って近鉄筒井駅まで。1時過ぎ。奈良の国立博物館にでも行こうかなと思ってたら、乗り換えの西大寺で「平城京天平祭」の案内人がプラカード持ってた。徒歩10分と書いてあったので行ってみることにしたが、10分ではとてもつかんぞ。たっぷり歩いてようやく会場。平城京跡ってのはなんにもないひろっぱだ。
heijokyo1.jpg
朱雀門とか太極殿とかが再建されてる。敷地内を近鉄の線路が横切ってるのはワイルドだ。
heijokyo4.jpg

「平城京天平祭」ってのは出店が出てるだけで別にヤクタイもないもんだった。
heijokyo2.jpg

さすがに歩きつかれて西大寺から帰りました。小一時間で家に着いた。近いな〜。さすがに直通の威力を感じたしだい。朝からハイキングかウォーキングのジジババをたくさん見たけど、ワシも年寄ったらヨメハンと行きたいもんだ。しかしヨメハンは股関節が弱いのであんまり歩けないという弱点があり、少し寂しい。それ以前に、ワシといきたいかどうかも疑問でありますが。

ああ、歩きつかれた〜。
chibi.jpg
posted by デンスケ at 21:45| Comment(4) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

祝日でかんがえる歴史とか

もうすぐGWですな〜。ワシはカレンダーどおり出勤ですが。休みを取ろうと思えば取れるのだけど、部下も休みたいだろうからそっちを優先させんとアカンし。といい人ぶってみる。実際は出張旅費の取りまとめやらなんだかんだと雑用が多いのだ。それに転勤したばっかだから、新参者は大人しくしとかんとな。

さて「国民の祝日」(祭日ってのは現在ない)ですが、どのような根拠で決められてるのか。
元日を別にすると、

皇室に関係するもの
・2/11    建国記念日(旧紀元節。神武天皇が即位したといわれる日にちなむ)
・4/29    昭和の日(昭和天皇誕生日)
・11/23   勤労感謝の日(新嘗祭)
・12/23    天皇誕生日
・春分の日、秋分の日 もともと皇霊祭といって歴代天皇や主な皇族をまとめ慰霊する日だったらしい。現在はお彼岸の中日に決まってるから、仏教的な墓参りの日ってかんじですな。なんでお盆は休日じゃないのに彼岸は休みなのかわからなかったんだけど、もともとの由来がちゃうんですな。

歴史的な謂れによるもの
・成人の日 もともと1/15だったけど、この日は小正月。元服の儀は小正月に行われることからこの日が成人の日になったらしい。
・こどもの日 いわずと知れた端午の節句。楚の忠臣屈原が汨羅の淵に身を投げた日とか憶えてたけど、ただの伝説でどうも根拠はないらしい。ちまきを食べるのは、屈原の境遇を哀れんだ住民がせめて魚がその身体をついばまないように竹の皮に包んだ米を投げ入れたという故事に因むらしい。ウソかホンマかは各自調べられたし。

近代史に関するもの
・5/3    憲法記念日(現行憲法施行の日)
・11/3    文化の日(現行憲法公布の日。しかし戦前は明治天皇の誕生日、明治節だったこともあり。その復古版という意味合いもあるかもとか。直接には関係ないらしいけど)
体育の日   いわずと知れた「東京オリンピック開会日」だった(10/10)。10/10は気象上の「特異日」で晴天確率高いんだよね〜。

その他
敬老の日   兵庫県で始まった「年寄りの日」運動が全国にひろまり、1966から施行。
みどりの日  4/29が「昭和の日」になったのでここに移転したらしい。
海の日    なんかしらんができてた。

さいきんはハッピーマンデー法案とかで日にちがころころ変わるのでややこしいな。成人の日なんて1/15でええような気がするのだけど。しかし日時が固定されてるのは皇室関係ばっかだな。憲法記念日がGWに組み込まれてるくらいか。あと文化の日。

こうやって考えてみると、祝日ってのは現行レジームの各種記念日って意味合いなんだな〜と歴史的なパースペクティブから考察してみました(んな大層なもんか)。
posted by デンスケ at 07:57| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。