2011年03月31日

年度末に思うこと

ひ〜忙しい。

人員配置は一段落。次は自分の仕事の引継書かかなアカンし、会社の親睦会の決算せな。なにがなにやらワカわからず、気が付けば昨日も一日終わってました。

会社が被災者の支援用にとツイッター開始。ふだんは会社からはアクセス制限かかってたけど、あらつながるやん。自分のアカウント見たらCNNのロズマリー・チャーチさんが "Japan's nuclear safety agency says tests reveal radioactive iodine @ >3,000x normal level in seawater near fukushima plant."とかtweeetしていてあわわわ大変だあ、と思ったけどどうにもできない。

やはり原子力は人類にとって「プロメテウスの火」であったのか。危険性をかんがえることを後回しにしてきた自分たちはエピメテウスなのかな、と思ったり。もっとも原子力による発電で快適な生活を楽しんでいる限り、みんな「氷の上のパーティーメンバー」なんだな。

エピメテウスはプロメテウスの弟で、兄と違い愚鈍だった。その妻も同様に頭の弱いパンドーラ。しかし聡明さがゆえに悲惨な最期を遂げたプロメテウスと違い、ふたりはそれなりに仕合せに暮らしたんだとか。

パンドーラが空けちゃいけないっていわれてた箱。誘惑に負け箱を空けたらあらゆる害悪が撒き散らされ、それでも箱の底に残っていたのは「希望」だったつうのは、たぶんギリシャ神話でもっとも有名なお話だろう。願わくば「希望」が光り輝きますように。




「あんたは馬鹿だ、まだ息の仕方を知ってるだけでもオドロキだよ・・・」
posted by デンスケ at 06:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。