2011年03月28日

The Gate House / Nelson DeMille

874p、読了。

どうもここんとこの冷え込みで風邪を引いたのか、さむけ+微熱。おなかの調子もよろしくない。というわけで昨日引きこもって残りを一気に読んでしまった。

ネルソン・デミルはアメリカのミステリ作家であります。かなり翻訳点数は多いはずだけど。ワシは大昔に「ゴールド・コースト」つうのを読んだことがあります。ニューヨーク郊外のロング・アイランドの高級住宅地、ゴールドコーストに暮らす主人公の隣にマフィアのドンが引っ越してきて・・・というお話だった。

で、この"The Gate House"はその続編にあたるらしい。前編がどんなだったか憶えてないのだけど、この作品はこれで独立してるので別に読むのに支障はない。

the-gate-house.jpg

主人公、John Sutterはやや自意識過剰なインテリ弁護士。10年前に妻が隣人のマフィアのドン(主人公のクライアントでもあった)と浮気し、痴情のもつれ(クラシカルな表現だ)から撃ち殺してしまった。離婚し、3年間の世界航海旅行を経て、ロンドンで法律事務所に勤務している。

旧知の老婆が死の床にある、ってことでしばらくの間休暇を取り、苦い記憶のあるロング・アイランドに戻ってきた。主人公は老婆の顧問弁護士なので、借家権(lifetime tenancyつうらいしい)やら遺産やらを片付けなければならないからだ。老婆は前妻の実家のメイドだった。つまり前妻はとんでもない金持ちの娘。葬儀で顔を会わせることになるだろう。前妻はしばらくカリフォルニアで暮らしていたが、いまはロング・アイランドに舞い戻っていることを主人公は知る。なんといっても地元の有力者の娘なのだ。

あれやこれやと考えているうちに、かつてのドンの息子が訊ねてくる。顧問弁護士になってくれ、というのだ。息子は父の後を継ぎ、マフィアのドンとなっている。主人公は父親の顧問弁護士でもあった。むろん、合法的な企業も営んでいてそちらをやってくれ、と。法外なオファーにすぐにロンドンに舞い戻るはずだった主人公の心は揺れる。また、前妻はいまのドンの父親を殺したのであり、マフィアの掟 Vendetta の対象でもある。自分が顧問弁護士になればその間は前妻の身は安全ではないのか・・・?

ミステリというよりは主人公の皮肉なセリフ回しや、奔放で情熱的な前妻、若く野望に満ちたマフィアのドン、俗物の塊みたいな前妻の両親、リベラルで進歩的な主人公の母親とかが入り乱れる人間群像を描いた小説ってかんじです。

主人公の皮肉に満ちたコメントが面白い。文章は平易でスイスイ読める。テンポの良い会話文が多く、へぇ〜っていうようなイディオムがそこかしこにでてくる。なかなか興味深い作品なのだが、米amazonの評価は芳しくない。長すぎて退屈、つうコメントが多い。

確かに。さほど複雑でもないのに、やたら長い。この半分でもいいような。ワシは文章が面白かったので真ん中くらいまでは「ふんふん」と読んでたが、さすがにだれて後半はかなりいい加減。しかしかなりいい加減に読んでもストーリーが追いかけられるくらい簡単な文章でもあります。

米amazonでの評価は「好きな作家だけどこれはな〜」ってのが多いので、他のを機会があれば読んでみたいな。それくらい魅力的な文章でした。

"Capisce?" ってセリフがでてくる。ラテン語っぽいけど、そのとおりイタリア語であります。

Capisce (pronounced cah-PEESH) is an Italian word that is used in American slang to say "got it" or "understand." The correct word in Italian would be capisci (pronounced cah-PEE-shee) to address the second person informally, a.k.a. you. Capisce, in Italian, is used only to address the second person formally (like when speaking to an elder or someone you don't know) or to express that a third person (he, she, it) understands. The correct Italian pronunciation of capisce is cah-PEE-shay.

To say I understand is capisco (cah-PEE-sko).
You better get outta my house before I break your face, capisce? Yeah, capisco.

マフィアの言葉なのでちょっと脅迫じみた使い方をするみたいですね。Capisce?

3月はこれだけだった。これでことし6冊目。月2冊やの。なんとかこのペースは保ちたい。
次はTim O'Brienの"In the Lake of the Woods"をいってみよう。
posted by デンスケ at 06:18| Comment(7) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。