2011年03月24日

21年ぶりに神戸で勤務に

この季節は定期の人事異動でみな内心ワクワクしてたりヒヤヒヤしてたり。

ワシは2年前にいまのトコに配属されたんだけど、ことしの異動はないだろな〜と思ってた。ワシくらいの年齢になるとイロが付くというか、まあ仕事の方向性が決まってくる。で、空きポストがあまりない。なのでもう1年かなと。4時過ぎにエライさんに呼ばれたので、社内の空気がいっぺんに張り詰めた。

「4月の歓送迎会は自粛の方向で」ワシは親睦会の幹事なので、それだけ。しかし時間がないのであわてて歓送迎会の会場に電話してキャンセル。しかしホテル業もたいへんやな・・・。

で、つづいて本番。他の課長さんが呼ばれてるのを見て、「おうおう、もう年季が来てるし」とか思ってた。
ヘラヘラ笑ってたら、呼ばれた。

「神戸の支社に転勤となりました」「はあ」「がんばってください」「はあ」
直前まで来年の編成をどうするか悩んでたんである。

神戸で働くのは21年ぶり。バブル絶頂の頃だったな。本当に、年齢がいったな・・・。

個人的にいうと、内部勤務になったので
・昼休みの窓口(いわれてたわけじゃないけど、立場上残ってた)から解放される。
・朝夕電車で英語の勉強ができる。(いまは電車に乗ってるのは最大3分で、乗換えが多く集中できなかった。)
ので、毎日1時間くらいは英語の学習に確保できそうである。英字新聞はどうしようか悩んでたけど、引き続き購読する。通勤時間自体は、むしろ短縮されてる。(電車1本。)

問題は、転勤するなんて思ってなかったので山ほどある残務整理。あと、Accessでシステムを組みかけてたんだよな〜。きょう2本新しいAccessのソフトが届いた(ワシ以外使えない)のをどうしよう。後任はAccessを使えるのか。(たぶん知らないだろう。)

1週間では丸投げもやむを得ないんだけど・・・。

しかし阪神間に住んでいて21年ぶりの神戸勤務って。いかに「窓際」だったのかよくわかる(笑)。
1990年ってなにが流行ってたのか。

「シングル・アゲイン」 竹内まりや。
「おどるポンポコリン」 BBクイーンズ。
「クリスマスイブ」   山下達郎。
「勇み足サミー」    バービーボーイズ。

ううん。時間を感じる。バービーのファイナルコンサートは1991だったか?コンタの声が涸れちゃてたな。ワシはバービーボーイズがお気に入りだった。なんか悪趣味でよかったな。まだ独身だった。



松任谷由実が人気絶頂だったころだけど。ワシは初期ユーミン世代だけど、80年前後の諸作が大傑作ぞろいなのにこのころはなんかあんまり好きなのがない。でも「ホタルと流れ星」なんていい曲があったな・・・。

ま。今後も英語はがんばりますのでよろしく。
posted by デンスケ at 20:59| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。