2011年03月15日

Tim O'Brien

なんかブログを書こうとしても、現実の重みからしたらなんとも卑小なことに思えてなかなかその気になれない。所詮おっさんのたわごとなんだから、そんなに考えなくともよかろと思うんだけど、なんだかな〜。

というわけで、時事に関係ないPBネタであります。

ティム・オブライエンは何度か書いたような気がするんだけど、きちんと書いたことはなかったような。
村上春樹が惚れ込んでいる作家で、氏の翻訳でメインストリーム文学系にしては知られているほうだろうか。オブライエンの来歴とかは↓を参考に。(リスニングのよい教材だけど、長すぎる・・・。)



ワシがいちばん最初に読んだのは"The Nuclear Age"で、これが面白かった。

the nuclear age.jpg

核戦争にobsessionを抱く主人公がひたすら自力で核シェルターを掘り進め、自らの半生を回想してゆくって内容。どう面白いかってのは説明するのはなかなか難しいですね。純粋に奇抜な冒険譚としても面白いとは思うけどな。文章は無骨なかんじ。そっけないというか。しかしこの文章でないと成立せんやろな〜とも思う。スティーブン・キングの文章が「書いても書いても書き足りない」強迫観念にとらわれていて、それがゆえにキングワールドを創っているのと少し似たかんじだと思う。

続いて読んだのが"The Things They Carried"。邦題は「本当の戦争の話をしよう」でわかるように、ベトナム戦争を扱った短編集。しかし単にベトナム戦争を扱った作品集というわけでなく、突き抜けた破壊力をもった素晴らしい作品が詰まっている。これは本当にいい作品。アメリカでは国語のテキストになってたり、日本でも教科書に載ってたんじゃなかったかな。

thethings theycarriied.jpg

とりわけ印象に残ったのが "Sweetheart of the Song Tra Bong"という作品。兵士の恋人が前線にやってきて、最後は戦争と一体化していく幻想的な内容なんだけど、怖かったなあ・・・。幻想的な短編小説としては内田百閧フ「旅順入城式」に比肩する読書体験でした。ガツンときまっせ。

それから"Going After Cacciato"(「カチアートを追跡して」)を読んだ。これもベトナム戦争ものなんだけど、脱走兵カチアートを追いかけてしまいにはパリに到着するという奇想小説。1979の全米図書賞受賞作。(あの「ガープの世界」を蹴落とした。「ガープの世界」は翌年受賞。)

goingaftercacciato.jpg

あと二つほど読んだけど、ここでは割愛。ベトナム戦争モノつうことで敬遠される人も多いかもしれないけど、別に全部が全部、戦争の経過を描いているわけではない。むしろ兵士の日常生活やら幻想的なイメージ、また徴兵を忌避した青年の苦悩を描いた作品など多岐にわたっていて興味深いです。

意外と村上春樹キライ、つう人が多いみたいだけど、それはそれとして(笑)良い作品を書く作家だと思います。村上春樹キライならぜひ原書で読んでみてほしい。マジおすすめです。
posted by デンスケ at 07:30| Comment(2) | オススメペーパーバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

日本的事象(兵庫県版)

通訳案内士試験の口頭試問では日本的事象を問われるとかで、「ああいうのは英語でどういうのかな」と時々思ってみたりする。たいがい邪魔くさくなってすぐやめちゃいますが。

さて、ここ兵庫県ではただいま「いかなごの釘煮」シーズン真っ最中。

Little fishes boiled down with soy-sauce and sugar とでもいうのでしょうか。要はちりめんじゃこの甘辛煮ってものです。おせちの田作りみたいなもんか。もっと柔らかいけど。それ自体ではすごく美味いってもんでもないけど、炊きたてご飯とは抜群に相性がよい。

もともと垂水〜明石の沿岸部の郷土料理で、震災前にはごくローカルな食べ物。しょうゆと砂糖で煮倒すんだから、田舎臭い食い物です。京都あたりだともっと上品に「ちりめん山椒」あたりのほうが受けるんでしょうね。震災で日本の各地から支援を受け、そのお礼にということで送ったのがブレイクのきっかけ。どうもコ○プ神戸がフィクサーだったとか・・・。

いかなごなんぞどこにでもいる魚みたいですが、なんせ時間勝負でつくらないとすぐに味が悪くなるらしい。震災前には生のいかなごなぞ、兵庫県でも限りなく大阪にちかい阪神間では見かけなかったですがいまはふつうにスーパーで売ってます。




しかしかなり時期が限定され(いかなごはすぐに成長し、成長するとクセが強くなる。)、3月下旬になると苦味が強くなります。大量に採れるので、昔は船場の丁稚は大きくなったいかなごを来る日も来るもこればっかり食べさせられてたっていう話です。丁稚はいかなご食べながら「わてもいつか鯛を食べられるよう偉くなってやるねん」と思ってたんでしょうかね。まあ下魚の代表つうとこですか。

以上のことを英語で説明せよ。ムリ無理〜。

しかしいかなごの釘煮をめぐっては、そこらじゅうで悲喜劇が起こってるみたいである。

いちばん多いのがヨメシュウトメの葛藤ね。なんせこの季節になると初老のおばちゃんたちは何かに取り付かれたように大量に生産しはじめる。簡単な料理なんだけど、なんせ家中しょうゆ臭くなるし、魚特有のにおいもする。kg単位で作るのが普通(というか材料がkg単位でしか売ってない)、お年寄りには重労働ってことでヨメが動因されるのですね。というわけで、この季節になると憂鬱になるというヨメたちも嘆きの声がネットとかでよく見かけられる。

ウチはワシが作ってヨメハンは食べるだけというなんとも恵まれた環境である。ちっとは感謝せえよ。ブツブツ。

次に多いのが「永久凍土」と化したいかなごの処遇。

上述したようになんせ気がふれたように作りまくるおばちゃんたちはこれを知り合いに配りまわるのである。全部が全部、好きなひとばっかりでなし、そんなにいっときに消費できるでもなく、冷凍庫に保存されるのが多い。で冷凍庫でいつまでも凍ったままであると。「もう冷凍庫に入らへん」という嘆きの声がこれまたネットでよく見かけられる。

事実、以前姫路で勤めてた頃、バイトのおばちゃんが「ワタシあんまり好きちゃうし、ムスメも食べへんからいっぱいあるねん。ダンナがひとりで食べてるわ〜」とのたまっておった。どうも「いらない人にはいやほど当たり、欲しい人にはいきわたらない」という分配上の問題があるみたいだ。

確かに、梅雨前になくなって「ああ、ちょっと残念やな〜、でもまた来年」くらいがいちばんええんでしょうね。ワシはことしの分は作り終わった。実山椒が出回り始めたらこれまた佃煮にするつもり。夏の食欲ないときはこれがええんですわ。

で、ワシのレシピを公開しよう。いうてもネットにあるのそのままやけど。

いかなご    1kg 
しょうゆ    150cc
たまりしょうゆ 50cc
みりん     150cc
酒       50cc
中ザラメ    250g
しょうが    50g

1.いかなごはざるに上げ、静かに水で洗い流し水を切っておく。
2.しょうがは皮ごと千切り。
3.調味料をできるだけ大きな鍋で沸騰させる。
4.鍋にいかなごを分けて入れる。いっぺんに入れると団子になるので、ミルフィーユのようにいかなご、しょうがの千切り、いかなご、またしょうがと調味料の温度が下がらないように入れてゆく。
5.再び沸騰したらアクを取り、アルミホイルに指で数箇所穴を開け落し蓋をして吹きこぼれない程度の強火で炊く。あとは絶対に触らずに炊くだけ。(身が崩れるから)
6.煮汁が少なくなったら火を弱め、鍋をゆすり、いきわたるようにする。煮汁が見えなくなってきたら弱火で適当なところまで。やりすぎると焦げる。
7.煮詰まったら火を落とし、さます。ざるに上げ、余計な煮汁を切る。

ワシはレモン風味や山椒が好きなので、4の段階でレモンの皮や実山椒を投入する。

これだけ。コツはスーパーに朝一で入荷したら午前中あたりで炊き上げること、でかい鍋を使うこと、炊いてる最中にさわらないことくらい。らしい。

簡単なので機会があれば。なんでも興味のあるものはやってみるつうのがワシの性分だ。(関西弁で「いっちょ噛み」という。)この性分で英検1級取れたようなもんなんで、なんでもやってみよう、つうことです。
posted by デンスケ at 07:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

ワシのリスニングってどうなんよ

きのうは休みだったので一日CNNをつけっぱなしにしてやろうかと思ってたんだけど、気がついたらTVを消してた。母親が電気をつけっぱなしにすることにすごく敏感でよく怒られたから、いまだにON/OFFはマメにするのですね。ヨメハンがよくTV見ながら居眠りしてるが、イラッとくる。見てないんやったらTV切れよと。

裏を返せば、CNN見ていても「わかってない」いうことですね。なので「電気代の無駄遣い」と思ってしまうのだ。貧乏性やの。いらん支出はアホほどあるのに。

さていまでこそブログに寄ってくれるひともいるので、いろいろと自分の英語力を考え直す機会もあるのだけど1級の準備してるときはまったく周りにいなかった。リーディングだと読めなかったPBが読めるようになったとか、なんらかの基準があったもんだけど、リスニングは・・・。

input量が絶対的に不足してるのは自覚してるが、どうも手応えがないというか、わかってるのかわかってないのかグニャグニャしたかんじ。なので時間に制約のある社会人としてはどうしてもリーディングのほうに走ってしまう。楽しいしね。

ダラダラ見るんじゃなくて、興味のあるトピックで集中したほうがええんとちゃうかということでyoutubeでインタビューを探してみた。

お。Grace Slickのインタビュー発見。

grace-slick.jpg

グレース・スリックは60年代のサイケデリック・ロックの雄、Jefferson Airplaneのボーカルだったひとだ。"Feed your head"(「頭にエサをやれ」)ってドラッグ肯定のセリフが有名やの。この場合の「エサ」ってのはLSDのことなんだろうね。麻薬じゃなくて幻覚剤ね。

そんでもって、美人ロッカーっつうことでも有名だった。去年だったかジョニ・ミッチェルがディランをこきおろしたついでに、「わたしは(グレースみたいに)アシッド決めて乱交はしなかった」っていってたがそんな昔のことをいまさら、つう感じはしましたなあ。

日本でも松任谷ユーミンが「グレース・スリックの肖像」って曲を作って歌ってるぞ。
♪ あなたの〜 長い髪と 激しい歌が 好きぃでした〜 ♪



んでもって聞いてみた。1回目。なんか60年代の思い出を語ってるみたいだ。うんうん。内容的にはわかるかなってことで2回目を聞いてみた。

わからん。(@-@;) さっぱり。

ところどころ、ジミ・ヘンドリックスとかいってるのは断片的に聞こえるのだけど。内容的にもそんなspecificなことをいってるようにも思えないんだけどなあ。

3回目。多少わかったけど、大事なところがわからない。ホワイトハウスに招待されて、長い爪にアシッドを隠してお茶に入れたのか。ニクソンはそれを飲んだのか。それはただの幻想だったのかどうなんか。

情けないなあ・・・。

1級持ってるひと(別に持ってなくてもかまわないが)ってこんなの、だいたいわかるんかいな?
いつになったらこういうのわかるようになるのか、そしてどうやって勉強するんだろうととってもトホホな気分です。
posted by デンスケ at 08:09| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。