2011年03月18日

メガネ、メガネ

昨日、神戸に出る機会があったのでメガネ新調。老眼が進行してPCのディスプレイが見づらく、仕事にならないので欲しかったのだ。10500円の激安。ここんとこ2年周期で買い換えてるので、激安で充分であります。度を合わせたら、ついに0.5が上限の緩い度数になっちゃった。

前はブロータイプだったので、今回はセルの黒にした。太目の縁が欲しくてあれこれ試す。イメージ的にはボ・ディドリー風を目指したいところ。こんなかんじ。

Diddleyslide4.jpg

しかし太めセルではどうしても↓に近いイメージ。

yasushi.jpg

しかたなく普通のにした。メガネ屋のおねえちゃんの「それが男前ですよ〜」の一言が決め手となった。なんて単純な奴。ワシは服とかあんまり考えずにさっさと決める。実家が商売だったので、店番させれてたとき長いこと考える客は苦手だったことが影響してるのかもしれない。ま、しょせん1万円だし。

メガネくん(あるいはメガネさん)はメガネが顔の一部になってるので、メガネがないと違和感があるみたいだ。ワシは若いときにコンタクトも試してみたが、「アナタはコンタクトが似合わないわね〜」という女性の声でやめちゃった。コンタクトが似合わんて。何がいいたいねん。しかしまあ、歯磨きしてるときとか鏡を見て「う〜ん、仕方ないなあ」と自分で思うこともまた事実であります。



the-gate-house.jpg

Nelson DeMille "The Gate House"、400pまで。シンプルな文体、テンポの良い会話文が多くスイスイ読める。なるほどなあ〜と思う会話表現が多くて憶えておいたらいいだろうな、と思うのだけど、それをすると読書スピードが極端に落ちてしまう。快適に読めないのよ。学習を意識して読む量が落ちると結局学習総量が少なくなるというディレンマがある。

ワシは何度も書いてるとおり、憶えようとかほとんど意識せずにやってきたのだけど意外と記憶に残るもんである。憶えようとせずに記憶に残る部分に期待する。漏れる量が多くてもどんどん供給すれば一定量は保たれるし、そのうち溜まっていくもんだと思う。

英語学習者の多くは漏れないようにって補修をしっかりしてからインプット、ってタイプが多いと思うけどどっちがええんかな。ぶっちゃけ個人の好みだし、ひとによるとしかいいようがないだろな。ガチガチ暗記とスイスイ読み流しの間のどこかに落ち着くんだろう。ワシだっていちおうボキャビルはやったし、In Useシリーズでドリルやったりした。もっとも学習時間の95%くらいは読んでたと思うんだけど(笑)。

Anchorsong兄は「学習法に悩んだら暗記しろ」が座右の銘だけど、ワシの場合は「ごちゃごちゃいわずに、とにかく読め」だな。

単純な方法って一見効率悪そうだけど、強いと思う。しかし読みっぱなしってのもなにか頼りなくて「これでエエんかいな?」と思うこともしばしば。しかし脱却でけんの。ここをなんとかしないと中途半端なまま、つうのはわかってるんだけど・・・。
posted by デンスケ at 07:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

学習停滞

どうも大災害のせいか、学習が停滞気味。ワシがわたわたしたところで事態が好転するわけでないこたあわかってるけど、心落ち着かないもんである。「ゲゲゲの鬼太郎」で鬼太郎が牛鬼に取り付かれたとき、皆が心を合わせ祈ることにより神様が現れて救われるという話があったけど、ローマ法王もダライラマさんもお祈りしてくれてるのだ。むろん天皇陛下もメッセージを寄せられていて、なんとか祈りのパワーで事態が徐々にではあっても好転してくれることを・・・。


学習が行き詰ったときは違う方向から考えてみることも事態打開の方法である。といってサボるのがワシの十八番だ。

先日、マグニチュードってなんかいな?と思い調べてみた。

log10E = 4.8 + 1.5M(10は底。Eはエネルギーで単位はジュール。Mがマグニチュード。)らしい。

ようわからんかったので、展開してみた。

E=10^(4.8 + 1.5M)である。

つらつら眺めていたら、Mが6.8なら10の15乗で、1,000,000,000,000,000ジュールってことに気がついた。桁がようわからん。ま、なんせM=6.8が基準みたいだ。ほほう。Excelで今回の9.0ってのと比べてみると、いかにでかいかよくわかるな。対数なんて大学以来だけど、こういうので触れると多少わかる気がする。

なんで大学以来か、つうとワシは経済学部に行ってたからだ。数学がからっきしだったのに経済学部。英語できないのに英文学科に進学いうくらい無謀だった。泣いたな。泣くなって。仕方ないので、経済数学の入門書を買って読んだ。高校の数学もわからんワシには難しすぎた。京大の物理学科に行った高校の友人に、ものすごくバカにされながら教えてもらった。(「えっ」っとよく絶句された。県庁所在地がわからんレベルなんだろう。見かねたのか、京大の文学部に行った奴もいっしょに教えてくれた。)

非常に恥ずかしい話なのだけど、ワシは微分の意味は大学に行って初めてわかったのだ。経済学の基礎の基礎、英語でいえばアルファベットくらい。ようやく2階微分や偏微分、微分方程式までいったけど、さらに数列・行列・ベクトルなんかが襲いかかってきてここで挫折。サムエルソンの加速度原理は定差方程式で、未知数が数列なんである、って聞いても「はあ、なんや難しおますな」としかいいようがない。

専攻は当時最先端といわれていたフリードマンのマネタリズムである。ごくおおざっぱにいえばインフレはマネーサプライに比例するってことだけど、中身はさっぱりわからんかった。就職の面接のとき、「専攻はなんですか」と訊かれたとき身が凍ったで。しどろもどろで「マネタリズムです」というと、さらっと「数理経済学ですね」で流してくれたので助かった。

もっとも経済学の数学ってのは曖昧な表現を排除する目的で使用されてる場合が多いので、数学の問題みたいに解が求められてるってもんでもないんだけど。しかし数学がわからん段階でワシは自分の頭脳に見切りをつけざるを得なかった。もし子供があんまりカシコくなかってもそれは仕方ないな〜と思ったな。子供はいないので、あまり賢くない遺伝子はワシで終わり(汗)。

"Mathematics is a language"(数学は言語の一種である)っていう言葉があるんだけど、
サムエルソンは
"Mathematics is language"(数学は言語そのものである)と言い換えた。日本人英語学習者にとっての最難関、冠詞の問題ですの。ワシの英語力では訳語が正しいのかどうかワカランのだけど。

さいきん、大学生のレベルが(ことに理系において)低下が著しいっていわれるけど、わが身を振り返ってみると何もいえない。(しかし最近の大学の経済学の教科書を見せてもらったら確かに異常に簡単で、マンガなんか載ってたりしてビックリした。)

円柱の体積の求め方は、半径の2乗×円周率×高さ。公式で憶えてたけど、積分で求める方法もあるらしい。しかしそれが分からない。こういうのが問題なんやな〜。

定年退職後、中高校生に英語とか教えられたらなぁ〜(んでもってお金少し稼げたら)とぼんやり思っている。しかし英語は「好きで得意」だったから、たぶん教えられないだろう。なんでワカランのかわからんだろうし。その点、数学は「興味はあるけど苦手」だからある程度まで行けばできない子に教えることができるんじゃないかな、と思ったり。それに英数両方教えられるほうがエエに決まってるし。

いまから数学やり直そうかな。しかし、教えてくれるひとがいないのが問題や(笑)。
posted by デンスケ at 08:09| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

花粉症?

なんだかここんとこクシャミがやたら出るし、頭が重くて眼が痛い。これって花粉症だろうか。
昨日、「私もやたらクシャミと洟が・・・」といってた会社の女性はインフルエンザと判明。ワシのクシャミはインフルエンザの初期なんかいな。もうひとりインフルで休んでる課長さんもいるし。

若いときはよく熱が出たもんだけど、50歳すぎてからはさっぱりやな〜。発熱なんて免疫機能なんだから出るほうが健康なんである。同様に花粉症も免疫機能の暴走だから年寄りは発症せんというけれどー。

はてさて、今回の震災で死者・行方不明者が合計1万人を超えたとのこと。「阪神大震災を超えた」つうことであるけど、そんなもんで超えるってのはな。行方不明の方がただ単に連絡がつかないだけってあればいいのにと祈る気持ちである。


・地震の被災地への支援が進まない
・原発事故放射性物質の漏れ
・首都機能マヒ

がニュースで繰り返しやってるけど、被災地支援は無傷の名古屋や大阪に本部を置いて東京をスキップしてやったほうがよかないか。あるいは北海道からも。首都機能がマヒしてる現状では混乱に拍車がかかるだけだろう。東京の電力不足は一朝一夕に解決できるもんでなし。それともそんなことができないほど一極集中が進んでるのか。

原発事故も心配やの〜。心配ですまん問題かもしれないけど。どこかの新聞で専門家と称するひとが「大爆発が起これば広範囲に放射能汚染される」って記事を寄せてたけど、「大爆発」ってなんやねん。なにが大爆発するんだ。核燃料か。核燃料は爆発せんだろ。(最悪臨界事故が起こる理論的な可能性はあるらしいが。)どうにもならなくて放射性物質が延々と放射線を垂れ流しつづけるつうことはあるだろうけど。なんというか、こういうアイマイで核爆発を連想させるような報道はアカンのやないか。マスコミ発で騒擾を引き起こすだけだ。ちなみに核分裂はfissionつう単語だ。"The Nuclear Age"の最初の章で憶えた。

東京の電力不足も長期化必至で、混乱は
@どうにかして電力を都合つける
A省エネに体質改善する
まで収まりそうにない。@は望み薄、Aにかけるしかないな。

昨日、コンビニの電気が店内以外消えてた。「当局の依頼により」らしい。アホか。関西で省エネしてもその分関東に回るわけでなし。同じ50kHz圏内の北海道なら話はわかるが。省エネ自体はええことやけど・・・。そんな意味のないお達しするヒマあれば、どうやったら関東圏内で電気の割り当てするかにエネルギーを注いだほうがええんとちゃうんか。

未曾有の惨事だけに当座バタバタするのはいかんともしがたい部分があるかもだけど、いかにも少年サッカーみたいに「球があるとこに意味もなく走っていく」かんじは否めない。早く指揮系統を整理して効率よく復興に力をそそいでほしいもんである。それときちんとしたかたちで情報を公開していくこと。頼むで。

posted by デンスケ at 07:22| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。