2011年02月27日

英国王のスピーチとかcampyとか

「英国王のスピーチ」、昨日から封切りで、興味があったので観にいってきた。面白かったです。

かの「王位を賭けた恋」でエドワード八世が退位し、弟のジョージ六世が思いもかけず即位することになるのだけれど、彼には吃音癖があった。公の場で話すことはもとより、「ラジオ」という新時代の武器が登場し、君主は国民に直接話しかけることも求められるようになっていた。

市井の療法士の力を借り吃音克服に取り組むジョージ六世であったが、時はWWUの直前。イギリスがドイツに宣戦布告したことにより国王にはWar Time Speechという大仕事が待っていたー。

感動実話っつう奴ですが、ありがちな努力努力ってかんじではなく普通の人間が困難を克服してゆくという展開がよかったです。four letter words連発で、R指定受けてるんだとか。映画では説明されなかったけど、ジョージ六世は海軍にいたので、swearingはむしろお得意な部分だと何かで読んだことがあるな。

いまでこそ英語なんてその気になればイヤになるほど聞けるけど、ワシが高校生のときエリザベス女王が来日したとき、1975だったか。ホンマモンのクイーンズ・イングリッシュが聞けるとわくわくしてたのに、「同時通訳」が被ってなにもわからず。youtubeであのときの宮中晩餐会を探したけど見つからないなあ。残念。



hanka.jpg

歴史。山川の「図解日本史」をパラパラ眺めたけど、「仏像」が難関だ。どれもこれも「ホトケさん」で区別がつかない。やっとこさ「中宮寺半伽思惟像」だけ憶えた。最近の歴史の試験に出ていたような。ほかの「××寺××菩薩像」とかぜんぜんわかりません。「半伽思惟像」は半分脚を上げてるから分かるけど、これが上半身だけだったら・・・。しかし、分かりやすい特徴を発見。

世の中ゼニや・・・。タダ見はアカンで・・・。

zeni.jpg

口元の微笑を「「アルカイック・スマイル」つうらしいが、「腹黒そうな」ニヤニヤ笑いにしか見えない。
Japanese Grinって奴ですか。どうも仏像を鑑賞する素養に欠けている。

これくらい分かりやすければいいけど、正直他の仏像なんか見当もつかんな。阿修羅像くらいなもん。

どうしたもんかな、と思ってたら、みうらじゅんが「見仏記」って本を出してたのを思い出した。西宮北口のジュンクに買いにいったけど、在庫なし。なんの気なしに本棚見てたときはよく目にしたのに。マーフィーの法則」かい。ブックオフでも見当たらず。amazonでポチリか。

しかしみうらじゅんの本でガイド試験準備って・・・。なんでもええから憶えられたらそれでええねん、と強引に納得させる。どっかで手に入れないとイカンな。

英語は先日買っていた「ゴジラ」に関する本を少し読んだ。引用やら出典を明らかにしていて、どう見ても学術論文。いやはや、難しいって。"campy"って単語がやたら出てきて、調べてみたら「(古臭いけど)面白い、気になる」って意味だった。スーザン・ソンタグの「反解釈」にそういえば「キャンプ/非キャンプ」ってのがあったような。

youtubeでごそごそしてたら、これを見つけた。



エンケンとかのカヴァーはわりかし見つかるけど、オリジナルは貴重。音頭といっても豪快なR&B。野太いグルーヴ、とぼけたコール&レスポンス、冒頭のバリトンサックスの咆哮からリー・モーガン風のトランペットといい、まさしく"campy"ですな。

♪恋しているときゃ 素敵な眼 夢見ているときゃ優しい眼 (そーだよそーだよ)歌って踊ってスタミナつけて♪

すばらしい。カラオケナンバーにしようっと。
posted by デンスケ at 21:46| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。