2011年02月25日

S君との会話(英検読解のコツ)

きょうは英検1級チャレンジ中の会社の後輩、S君とふたりで呑み。S君は日本でたぶん2番目にカシコイ大学を(大学院だったか)出て、ウチの会社に最優秀で入った俊英である。しかしワシは1級さん。S君はまだシンエモンか将軍様である。(例えが古すぎてわからない場合はご勘弁。)というわけで、エラそーに能書きたれるのも今のうち。いまんとここだけを見ると今出川>百万遍(笑)。

S君は原書で英語の小説を読みたいというモチベーションがワシと共通してる。興味が共通してるので話しやすい。英語を大学出てからやり直しチャレンジ中。生意気なことに、いきなり1級受験。ワシでも準1級経由したぞ。「単語問題がさっぱりわかりません」と泣きが入っていたが、それも修行のウチである。精進したまえと(いえるうちに)ゆうてやった(笑)。

しかしS君は英検1級初挑戦で読解パートは満点である。いうては悪いが、その単語力でよく読解満点取れたなと感心する。ワシはかねがね読解で点数を稼ぐのは単語・英語力以外の要素が必要ではないのか?と思っていたのだがそれを裏付けるサンプルである。

で、なんでそんな読解パートで点を取れたんかね?と訊ねた。

回答。

「自分が正しいと思う答えを選ぶと間違える」
大事なことなので、フォントを強調して置いた。

自分が正しいと思うから選ぶんだろ、というのはアタリマエな疑問であるがそういうことではなく、自分の思いを排除して論理的に本文と矛盾しない選択肢を選ぶのがコツ。しごく当然のことなのだけど、これは英語力とは異なるフィールドの能力が要求されると思う。情緒性を排除して、論理的に矛盾のない選択肢を見極められるスキルだな。で、もうひとつ。

「読解問題はパズルです」

けだし、名言である。前提条件をよく理解して、順序に従って本文に「書いてある」答えを選べばよいということ。

このへんを押えておくと、読解問題の正解を選ぶのは(英検1級を受けるレベルの英語力ならば)簡単である、と。

論理パズルやんなあ、とワシが言うとそのとおりだというので、わが意を強くした。であるから、ワシは論理パズルの本をエントリで紹介したりしたのだ。十分すぎる英語力を持ちながら、読解で点の伸びないひとはどのへんが矛盾してるのか、たとえば集合の考えを援用(えらそうに書いてるけど、図解にしてみるとか問題を単純化・抽象化)してみてどこが違うのか考えてみるというのがええんでは?と愚考する。

ちょっとひいて考えるのがコツ。

これは前のブログで書いたことがあるのだけれど、こういうパズルがある。
「Aさんは子供がふたりいる。ひとりは男の子。ではもうひとりが女の子の確率は?」
(注:双子ではない)



んなもん、1/2に決まってるヤロとアプリオリに考えたひとは不正解です。
ふたりきょうだいの組み合わせは、
(男、男)、(男、女)、(女、男)、(女、女)の4通り。ひとりは男の子が分かってるから、(女、女)は排除。残る組み合わせは3通り、そのうち女が含まれてるのは2通りなので答えは2/3。
自分の思い込みを排して、べったり考えることが必要。

読解は点を取れるとぐんと1次突破が近くなる。ワシなんかそれプラス単語だけである。

読解で点が取れないとお嘆きの貴兄(貴女)に。点数が取れないのは英語力の不足だと思い勝ちだけど、案外そういう部分が大きいと思う。TOEIC765点でも英検1級受かったワシがいうから、むしろ説得力がありそうな気がするのだが・・・。

英検は英語力のひとつの指針ではあっても、英語力を担保してくれるものではない。しかし厳然として資格試験なんだから、

「取ったもんがち」
でもある。このエントリが少しでもチャレンジャーの一助となれば・・・。
posted by デンスケ at 23:19| Comment(8) | 役に立つのか立たないのか英検関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。