2011年02月20日

読める小説、読めない小説

昨日、快調にクラプトンの自伝を読み終えて機嫌よく次のPBへ。

"Netherland" / Joseph O'Neill 。イギリスの小説で、なんか面白そうだったのでとりあえず買っておいた。
240pくらいで短いし、1週間くらいでいけるやろと。NYに住む主人公に新聞社から電話が入る。旧知のトリニダード(?)人が後ろ手に手錠を嵌められたまま、水死体で発見されたという。そこから主人公の追想が始まるわけだが、ミステリと思ってたらメインストリーム(要は純文学)系の小説でした。

なかなかストーリーが進まない。主人公と死んだ男とは、クリケットを通じての知り合いだったのだけど、ワシはクリケットなんてまったく知らないし、延々とクリケットの哲学を開陳されてもなあ。冒頭の展開から、911後、テロの恐怖に脅える妻と主人公がイギリスに戻り、主人公が妻と子と別居して再びNYに舞い戻るだけで40pくらい。ここで放り投げた。

こういう小説は苦手だ。文章もやや難しいんだけど、なんせ話が進まないので読む気をなくすのだ。オバマが読んだとかいう小説で、けっこう楽しみにしていたのだけど。これが日本語訳にされてたら、読むかつうと微妙ですね。読んでいて、ちっとも面白くないもん。

ワシの小説の読み方は基本的に日本語の本といっしょ。ストーリー展開に関係ないところは基本すっ飛ばす。面白くなければ途中でもヤメ。純文学系は面白いものはやはりエンタテイメント小説と違った衝撃の強さがあり、面白いのに出会ったときはク〜たまらん、なのだけど、やはり読めないの多いですね。

要は英語力なくて難しいの読めないんだろ、といわれそうでそれはまあそのとおり。しかしね、純文学系の文芸小説ってみんなそんなに読むかね?基本、娯楽系の読み物中心でたまに文芸作品も、つうのがごく普通のオッサンの読書傾向なのでは?と思うのである。と開き直り。

もう一冊買っておいたJonathan Franzenの"Freedom"を少し読みかける。といっても4pくらいだけど。この作家の"Corrections"ってのも読みかけで放ってるなあ。というわけで、不毛な日曜日でした。

お昼、ふらふらとメシを食いに出かけた。甲子園球場の近所の大衆食堂。ここはカツ丼が名物である。ワシはカツ丼が好きだ。しかし、ここでは頼む気になれない。なぜなら・・・

dairiki0.jpg

んなもん食えるかっ。これで「普通盛り」。ならば量を減らしてもらえばいいではないかという当然の疑問があるだろうが、同じ値段ならなんか「損した」気分になりませんか。ワシがセコイだけか。

店の前に「昼定食 500円 うどんかそば 一品 ごはん」とあった。おお、これはちょうどええ。というわけで注文。おばちゃんが「皿とってや」というのでヘ?となったが、大衆食堂らしく好きな一品を選ぶのだ。いわしフライに小さな出し巻き、ウィンナーの炒めたのが載ってるのをチョイス。電子レンジで暖めてくれたのはよいが、よこっちょのマカロニサラダまでアツアツや。

やがて、そばとご飯がやってきたがフルサイズのこぶそばとフルサイズのどんぶり飯。ううっ。これで500円は確かに超リーズナブルであるが・・・。タクワンまで分厚い。一切れで優に普通の店の2枚分。薄い店なら3枚切りよるデ。泣きそうになりながら完食。こういう店で残すのはなにか仁義に反するような気がする。

店の中はタイガース一色である。壁に貼られたメニュー見てたら、「カツ丼(小)550円」あるやないか。こんどはそれにしよう。しかし昼定食、そばの代わりに味噌汁でおなかいっぱいでいい感じなんだけど、そういう取り合わせはないみたいである。残念。

あまり英語はできなかったけど、腹いっぱいの一日。晩御飯、食べられへんで・・・。
posted by デンスケ at 18:07| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。