2011年02月17日

単語の憶え方(For Men)

きょうは会社でちとありまして。ムカムカしてるんだけど、まあそういうのも給料のうち。しゃあないな、というくらいには大人であるつもり(50歳過ぎてナニをいうておる(笑)だな)であっても・・・。

身内である上司に背中から撃たれるのは納得いかんぞ。ええかげんにせえ。たいがい評判の悪い人なんでキレてやろか?思ったけど、他の上司に迷惑かかってもいかんのでガンガン言い返しただけ(笑)で黙ってた。リーマン生活も長いと、ハイハイ上司にゴマすってるだけでは「へたれ」と思われるのが関の山で、タイミングをみはからってカウンターも打たないと自分が潰れるし、部下もシンドイ。

「奴らも狡いが、俺はもっと狡い」(アラン・シリトー「長距離走者の孤独」より)でいかんとアキマセンな。

さて、唐突ですが単語の憶え方です。ワシは単語に弱い。というか単語集に弱い。でも英検1級単語の得点は20点、22点でまあまあ悪くはないほうだろうと思う。英検1級というと「単語勝負」みたいに思われてる部分が多々あるような。で、単語集への挑戦、ってパターンが多いと思う。

それはそのとおりであって、単語で得点できるとデカいもんな。ワシが単語集苦手だったのは、あたかもツルッとした壁をフリークライミングで登れ、といわれてるみたいでどうにも苦手だったからだ。まあ得意な人ってのはいないと思うけど。しかしそこを根性で、あるいはいろいろ工夫を考えて克服しないとどうにもならない。

根性があるひとはいいけど、ワシは明らかに後者で、根性なしなのわかってたもん。ツルッとした壁を登れないのはとっかかりがないからであって、何かしらあればずいぶんラクである。なければ、作るのだ。語呂合わせでもなんでも、憶えたモン勝ちである。

1.単語と仲良くするのは、やはり単語と「知り合い」になることであるとワシは思う。

いきなり、「あなたと付き合いたいと思います」というてもよほどのイケメン(=超絶記憶力)でないかぎり無理であろう。そのへんはよおおおく(シツコイ)思い知らされた。ましてや、「英検1級受かりたいので、別に好きでもないですけど」なんて下心が見えてるとなおさら、仲良くはできない。

「好きです、好きです、好きです、ヨシコさ〜〜〜ん!!」だけでは芸無しである。古っ。いったい何人わかるのか。

まずは、顔見知りになること。

「おや」
「え?」
「どこかで・・・会ったような気がするけど。あ、先日のDailyYomiuriの記事だ」
「え、憶えてませんけど・・・」
「いや、わたしはお会いしたこと、はっきり憶えてますよ。上のほうのパラグラフに出ていて、お知り合いになりたくていちおう辞書もひきましたが記憶力が悪くて。失礼いたしました」
「あら、光栄ですわ(と頬を赤らめる)」

と(理想的には)こういう経過をたどる。実際にはもっと紆余曲折を経て、なんどもなんどもすれ違いながら結ばれるのが通常であろうけど、基本パターンとして。

2.会っていきなり炎が燃え上がって憶えられるっつうこともあるだろう。そこでは愛欲に溺れずクールに次の単語に移行するのがコツである。こういう単語は追いかけるものではない。適宜遊んでやればついてくるもんだと思う。なんといっても冷酷非情であっても単語に裁判所に訴えられることはないからな。安心しなさい。

3.で。相性の悪い単語ってのがある。たいして難しそうなのでもないのに、なんか憶えられない。ワシの場合でいえば、loomとかindulgeとか。何回辞書引いたか。そのたびにムカツクのだけど、相性というのはどうにもならん。しかし、いっけんとっつき悪そうな単語でも、ちょっと見方が変わる、たとえば笑顔のときとかではガラっと印象が変わるときもある。loomではアカンけど、looming anxietyならあっさりいけたり。

それでもダメなら、あっさりあきらめるのがコツ。「猫と女は呼ぶと逃げる」というが、単語も加えていいと思う。野暮天はいけませんやな、ダンナ。コツコツ英文読んでたら、そのうち向こうから寄ってきますよ。イヨッ男前!!

4.あと重要なのはだな。いかに本命があったところで、その単語ばかり追いかけて周りをおろそかにしてると悪評が立ち、本命の単語にフラれちゃう危険性がある。まんべんなく愛想を振りまくのが大事だ。collocationって奴です。さすれば、周りのほうから助けが出るかもしれない。ワシはこの分野は(英語の話だ)ワリカシ得意だった。なんせイケメンちゃうからな。地道な、いっけんムダとも思える努力が大切です。

5.それと、相手の性格を見定める必要がありますな。mal-が頭についてたら、あ、コイツは根性悪の単語やなとか。「ひとは見た目に寄らない」ってのは「ひとは見た目による」という無意識の常識あるいは偏見を戒めるためにあるので、単語に対してはそんな遠慮はいらない。どんどん語根を調べましょう。

6.いきなり街角でナンパするってのは難しい。ましてや1級単語はそんなにホイホイついてこない。しかし、英字新聞やPBを読んでるとびっくりするくらいよく出てくる。あれですな、都会に行くとそこらじゅう美人だらけで仰天する田舎の学生みたいなもんです。ときどき、conjunctivitisとかいった、おっこれはというような単語を見かけ、追いかけていくと「結膜炎」だったりでガッカリすることもあるけど、それもまた勉強であります。


まあなんというか、各自奮励努力されたいつうとこで。なんのヒントにもなってないね(笑)。



続きを読む
posted by デンスケ at 22:29| Comment(8) | 役に立つのか立たないのか英検関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。