2011年02月16日

文化史とか・・・。

英語は相変わらずだらだらPBを読んでるばかり。Collocations in Useはなんか惰性でやってるだけだけど、「やらんよりマシ」だろう。こんなんでええんか、ええワケないなと思いつつ何をやったらええんかいな?です。というわけで、たらたらと歴史の勉強も。(地理ばっかりだと飽きてくるので。)

昨年いろいろ調べてたら、通訳案内士試験には「文化史」つうのが出てくるらしい。そら文化遺跡を案内することが多いんだから当たり前であります。宗教とか建築とか絵画とか。

普通の歴史の流れはそのへんのオッサンレベルでは知ってる。
飛鳥時代→奈良時代→平安時代→平氏源氏から鎌倉幕府→北条執権→室町幕府→戦国時代→織田豊臣→徳川幕府→明治維新。問題は中学レベルつうことらしいが中学校ってどんなことやったんかいな。まったく憶えてない。社会科は得意だったので、かえって勉強した記憶がほとんどない。受験は世界史やったしなあ。

なんで世界史にしたかというと、日本史の問題はやたら「細かい」からだ。最初日本史をちょっとやったのだけど、平安仏教のへんでイヤになった。そら高校生ごときが宗教なんかわかるわけないわな。なので通常の歴史の流れなら前後関係がわかるのだけど、文化史はからきし。書院造と寝殿造とか。どう違うんや。いつの時代かもわからん。

というわけで・・・。

bunkashi.jpg

仏教史・神道史・建築史とか各項目ごとになっていてさっくりと流れをまとめている。ちょっと写真が小さくてショボイのがなあ。まあだいたいの流れを憶えるのが先である。

しかしこのごろの参考書って読みやすくできてるんだけど、あまりにもカジュアルすぎんか。なんつうか威厳というものがかんじられんの。学校の先生も友達感覚みたいだっつうし。そらワシが会社で若い子に「え〜課長マジっすか」といわれてしまうのもやむなし、であります。まあワシ自身大したもんでないのは分かってるので、別に気にもならんが気にする上司もいるしな。このへん注意したほうがいいのかどうか・・・。まあそういうことは他の人に任せて、と責任回避。

ぜんぜん関係ないけど、このあいだ小学生が会社の見学に来ていて狭いところで走りまわるもんだから男の子がコケて、ヒックヒックすすり上げていた。横で先生が懸命に慰めていたけど、ワシが小さい頃はちょっとコケたくらいで泣いてたら「これくらいで泣くな!」って横っ面張られたもんだ。コケて痛いわ、殴られて痛いわでエエことなしである。それが嫌さに我慢したもんだが。どっちがええんでしょう?

で、仏教史をとりあえず読んでみたりしたけど。ワシ自身が興味が欠落しているのであまり面白いもんでもない。あんでこんなにたくさん宗派があるんだよ、とうっとうしくなる。まあ英検みたいな試験ひとつでもいろいろな勉強法があるもんな。と強引に納得させたり。ワシの宗派は「只管多読」である。教えに関わらずなんでもかんでも読みまくってたら成仏できる。成仏してどうする。ひたすら経文(参考書)を研究する宗派もあり、なるほど似ておりますな。

ワシのじいさんは農閑期に小遣い稼ぎに猟をやってたんだが、あるときテンを追っかけていてテンが村の祠に隠れちゃったらしい。せっかくのチャンスを逃したじいさんは腹立ち紛れに祠の天井に散弾銃をぶっ放して帰っちゃった(ヲイヲイ)。しかしテンにとって不幸なことに、弾が命中したらしく天井から血がポタポタ落ちてきて大騒ぎになったんだとか。神も仏もアルマジロ。まあそういう人の孫だから宗教に関心ないのはしゃあないな。しかしワイルドな話だ。むろん戦前のことだけど・・・。

ワシは35までに喪主を3回もやったその道のベテランなのだが、葬式や仏事は宗派とかいろいろややこしいもんがある。ウチは曹洞宗なんだけど、このへんでは少ないのね。坊さん探すのが大変でした。別にワシが選んだわけではなく、たまたまご先祖さんが曹洞宗の寺の檀家だっただけなんだけどな。禅宗系統はおおむねお布施が高いらしい。(葬儀屋さんが教えてくれた。)実際、高かった。むろん価格が決まってるわけじゃないから、ナンボくらいが相場ですとか、こそこそ話するのだ。

お布施が安いのは門徒(浄土真宗)らしいけど、仏壇が立派でランニングコストが高いんだとか。生臭い話だ。日本における仏教は「葬式用」だとかよくいわれるけど、ワシの場合はまさに。

で、この参考書にも有名な仏像とか出てくるんだけど、ワシは実は仏像見てもな〜んにも感慨が沸かない。はあ、って感じである。まるっきり区別がつかない。なんででしょうね。幸いなことに、有名な仏像は関西に集中してるから実物を見ることができる。しかし小学校、中学校でそのへんに遠足行ったり、デートで奈良京都に行ったりで何回か見てるはずなんだけどな。ぜ〜んぜん憶えてません。はは。

ワシくらいの年齢になったら、「サ×イ」とかの初期ジジババ向け雑誌とかで「奈良の古仏を訪ねる」とか読まなアカンような気がするのだけどね。イヤやな、そういう中高年(笑)。

植木等さんの実家は三重県の浄土真宗のお寺なんだけど、お父さんは部落解放運動に関わったり、治安維持法で投獄されたりとか、かなり型破りな住職さんだったんだとか。仏像を物差しで叩いて「こんなもんは中身はタダの木だ、拝んでなんとかなるとなったら大間違いだ」とか植木さんに教えていたらしい。ワシはこの方の評伝を読んだことがあるけど、面白かったなあ。

ささ、きょうも仕事。がんばらない程度にがんばります。


posted by デンスケ at 07:20| Comment(6) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。