2011年02月15日

日本関連ニュースから

昨日は大雪でえらいことでございました。車道は溶けちゃってるんだけど、歩道はべちゃべちゃの雪で歩きにくいって。しかし降ったところでしょせんみぞれ、雪国のような一瞬にして真っ白けという気合の入った雪ではない。そんなのが降ったらこのへんの道路は阿鼻叫喚地獄と化すであろう。しかし1週間で2回積雪、しかも昼間に積もったのって記憶にないなあ。

さて最近のニュース。ウチはヨメハンがTV権を握っていて、ずうぅぅぅっと海外ミステリ・サスペンスを見ている。たまにはNHKニュースも見たいんだけどなあ。

・日本、中国に抜かれGDP世界第3位に転落
まあ時間の問題ではあったな。しかしドル換算ってのが。当然為替レートによるんだろうけど、人民元が対ドルに安すぎるってのはよくいわれてるし、円はいまの日本の体力からしたら高すぎるって感も。人民元が切り上げしたらさらに差が広がりそうである。

"The Coldest Winter"を読んで知ったのだけど、アメリカにとって中国は長い歴史に対する憧れと発展が遅れたことに対する侮蔑がないまぜになった存在だったんだなあ。"A Sworn Enemy"ってかんじではない。それはむしろロシアだろう。毛沢東が蒋介石に勝利し中国が共産主義の手に落ちたことに対するトルーマンへの批判(腐敗しきった国民党にトルーマンは愛想づかしした)は痛烈なものであったらしい。

朝鮮戦争でもっとも利益を得た政治家は、アメリカと互角の戦いを行ったことにより存在を神格化の域にまで高められた毛沢東だった。しかし軍人として卓越していても、為政者としては?が何個つくのか。その後大躍進政策の大失敗でいったん権力の座を明け渡すも、文化大革命で再び復権。またまた国内大混乱、その死によってのみ事態は収束しなかった。現在の中国の路線が毛によって何度も失脚させられたケ小平によって形作られたことを考えれば、劉少奇−ケ小平ラインが文化大革命によって追われなければもっと中国は早くに発展していたかもしれない。歴史にIFはない、っていわれるけどなんか考えちゃうなあ。

昨年、金正日が北京を訪問したときの写真を見たとき。金正日が人民服(っていうのか)を着ているのに対し、中国首脳はスーツ姿。なんというか、いまの両国の姿を端的に現してましたなあ。いつまでそんなお経唱えてるんだよ、古臭いんだよといいそうな中国首脳の姿だと感じました。

・永田洋子死刑囚、死去
永田死刑囚に対してはなんの感慨もないけどな。連合赤軍事件はワシが中学1年生のころに起こった。思春期で、いろいろ世の中のことをかんがえ始めるころに明らかになったこの事件は衝撃的だったなあ。その少し前の大学紛争なども記憶にあったし、街角でもよくデモが繰り広げられてた。そういうムーブメントの帰結がこれかい、って。

ワシは20世紀というのは後年の歴史家に「共産主義という宗教が大流行した世紀」と結論付けられるのではと思ってる。共産主義が宗教だってのは「他の宗教を弾圧した」って点でバレバレですな。ほんとうの共産主義ってのがなんであるかという定義はさておき。なんつうか、原理主義ってのは危険ですな。と、もったいぶったワリに平凡な感想。

・日本人ミュージシャン、グラミー賞で大活躍
グラミー賞ってよく聞くけど、ほんとうのことをいうとよく分かってない(笑)。「日本レコード大賞」みたいなもんかいな。なんでアメリカの賞をこんだけ大騒ぎするのかよくわからないんだけど、これも「グローバル化」ですかいな。

で、B'zの松本(?)ってひとがラリー・カールトンのアルバムで受賞しましたな。B'zは知らないがラリー・カールトンなら知ってる。ミスター335だ。なんで335かわからん人は、50歳前後の元ギターキッズをつかまえて訊いてみればたいがい教えてくれると思うぞ。そんな人いないって?いやいや、絶対にいる。50歳前後のオッサンが3人いたら1人はいるくらいの確率だ。

ワシはギターやってみたけど、「指先が痛くてすぐに挫折した」くらい根性なしだ。

元ギタリストのAnchorsongさんの気合の入った勉強を見てると、指が痛いくらいでギター放り出したワシとの差をしみじみと感じるな。しかし人間なにかとりえがあるもの。肺活量がでかいので、サックスを習いに行ってたとき「よくブレスがつづきますねえ」と感心されたし、硬いプラスティックのリードも難なく鳴った。まあ得意分野を発見したら「勝ち」ですな。(その後サックスはやはり挫折した。)

ラリーカールトンといえばこれですな〜。どっちかいうとジェフ・ポーカロのドラムスが印象的ですけど。


This life can be very strange
All those dayglow freaks who used to paint the face
They've joined the human race
Some things will never change
Son you were mistaken
You are obsolete

人生はふしぎなもんだ
顔を塗りたくってた変な奴らもニンゲンに復帰したぜ
ぜったい変わらないものもある
あんたは買いかぶれてたんだよ
もう古臭いんだよ

うえふたつのニュースとかぶりますなあ・・・。


posted by デンスケ at 08:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。