2011年01月31日

関西ローカル人

地理の勉強してたら、日本て狭いワリに多様性に富んでるなあ〜と改めて思いました。
日本の面積はカリフォルニア州よりちょっと狭いらしい。ふーん。カリフォルニア行ったことないからよくわからないな。しかしPBとか読んでるとカリフォルニアに行くということは「気候がよく、暮らしやすいところで暮らす」という大体の意味があるみたいである。英会話cafeにいたフィラデルフィア出身の若いアメリカ人も「北カリフォルニアはええデ」いうてたな。

しかしそのカリフォルニアより狭いところの、関西にしがみついて生きてきたワシってホントにどこも知らない。大阪湾岸って気候がおだやかで、雪が積もることも少なければ大雨もそんなにない。北は中国山地に、南は紀伊山脈にブロックされてるからだ。

古代ヤマト政権がこのへんで発生したのは偶然ではあるまい。おだやかな瀬戸内気候でもっとも東にあり大陸からも距離が長い。近代以前は日本海側は海上交通、太平洋側は陸上交通が中心だったらしい(東北を「みちのく」というが如し)けど、日本海側にも淀川〜琵琶湖経由だと案外近い。

しかしかつての「王城の地」もいまや「お笑い王国」。

で、関西弁丸出しでブログを書いたりしてるわけだけど特に自分が「面白い」「コテコテ」であるとは思わない。むしろあっさりしたほうではないかと。周りのひとを見ていても似たようなもん。日本の他のところと同じようなもんだと思う。でも、カスタマー対応とか、他所に比べややシンドイつうのはありますな。同業他社の話聞いていてそれはよく思う。

Anchorsongさんが北海道のCMを紹介してくれていて、わりとこじんまりとまとまってるなあと。明らかに笑いを取りにいってない。関西系のローカルCMってなんか腰が砕けそうなのがときどきある。いまはずいぶんおとなしくなったけど。やはりTVも東京一極集中が進んでるのですかね。あんまりオモロないと思う。

最近爆笑したのはケンミンの焼きビーフンで岸部一徳が出てるの。これはオモロイ。



全国で流れてるんやろか。

R18指定もののローカルCM。



精力はともかく、視力・記憶力の減退に悩むワシとしては気になるところ。大阪の主婦さんも「命の母」を服用してるみたいだし、ワシもこれ飲もうかな。

これはちょっと古いのだけど、お笑いではなくて、cool系を目指したと思われる。



タルコフスキーの「惑星ソラリス」みたいな不気味さがあるなあ。

う〜ん。
posted by デンスケ at 08:11| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。