2011年01月30日

寒い。(引き続き地理の勉強)

きょうは寒いな。ことしは偏西風が南に蛇行して、寒気が入ってきやすいのだとか。ラ・ニーニャやったか。迷惑なことだ。さて、現役ガイドのきんちゃんに緯度や経度も憶えておいたほうがよいとのコメントをいただいたけど、数字だけじゃな。実際にどんなもんかというのを対比して比べないとわからない。

日本とヨーロッパ。あら。えらく日本って緯度が低いのね。ヨーロッパが高すぎるんかいな。

緯度比較1.jpg

ローマって青森くらいか。東京でジブラルタル海峡のちょい南。アフリカですやん。札幌はマルセイユあたり?マルセイユは「太陽がいっぱい」なイメージなんだけど。

アメリカ本土と比較すると、ほぼ同じような緯度だけど東京あたりはロサンゼルス(34度)よりちょい北なだけなんは、ちょっと意外。LAってかなり南のイメージあるもん。シアトル(47度)あたりだと北海道より北。逆に考えれば、東京から北が意外に長いということですね。日本って逆L字形だもんな。

北緯43度はミュンヘン−札幌−ミルウォーキーつってビールの名産地だと大昔に宣伝してたな。しかしこの地図で見る限りミュンヘンって札幌よりはるか北にあるような。東京は35度でテヘランとほぼ同じ。那覇が26度でマイアミ(25度)のちょい北。NY(40度)ってやはりかなり北ですね。もうちょい北のニューイングランド諸州は寒いってキングの作品に出てくるけど、シアトルといい勝負してるかもうちょい北だから当たり前か。

ヨーロッパが高緯度にかかわらず比較的温暖なのは、メキシコ暖流と偏西風がその暖気を運んでいるからだとか。だから偏西風が南に蛇行するととんでもなく寒くなるんやね。

逆に東アジアはシベリア寒気団がバイカル湖あたりに本拠を張ってるので、朝鮮半島とか中国北部はその影響を受けやすく冬は寒くなる。日本は日本海という天然の断熱材があるから、大陸ほど気温下がらないけどその代わりアホほど雪が降る。こんな低緯度の平地で雪が積もるし。

シベリア寒気団の正体って、放射冷却の繰り返しでできる冷たい空気塊なんで高気圧のわりに背が低い。冷たい空気は下にたまるという奴ですね。いま"The Coldest Winter"という朝鮮戦争の本を読んでるけど、とにかく寒いってことが繰り返し出てくる。11月の終わりくらいで。

1950〜1951の冬って特異的に寒い冬だったらしいですけど。ことしもそんな特異年になるんやろか。2010の夏が異様に暑かった(ちょっと記憶にないくらい)ことを考えると、後年語られるシーズンかもね。coldのコロケーションはbitterlyですな。苦いくらい寒い。もうイヤ〜。

ニュージーランドは南半球ではほぼ日本と同緯度に当たるらしいですね。オークランドの水族館に行ったら、「近海で獲れる魚たち」ってコーナーがあって、サバとかが紹介されてた。友人と一緒に行ったのだけど、「こんなん、朝霧(明石の近所)の漁港で見れるんばっかりやん」と呟いてたのをよく憶えている。で、フエフキダイの釣りに出かけたのでした。(ボウズでした。)
posted by デンスケ at 20:37| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。