2011年01月27日

通訳案内士になったときを夢想してみる。

通訳案内士試験を受けるといいながら、ただ単にだらだらPB読んでるだけという怠惰な日々。まあなんとかなるヤロ、もともと英検合格のオマケで1次外国語免除いうのがあるしやってみよか?くらいの低い意識ではそらそうなる。なんでかな?と考えたら自分が外国人を実際に案内して観光地を回るという姿がちっとも想像できないからだ。

大阪の主婦さんのブログで現役通訳ガイドのきんちゃん(本来「さん」付けすべきなんだろうけど、どうも「『さかなクン』さん」のように違和感があり、失礼を承知ながらさん付けしないでおく。ご勘弁を。しかし"Yodogawa-River"という英語標記に違和感があるのはワシだけか?「よどがわがわ」やんけと思ってしまう)が「京都奈良をガイドするのは・・」とコメントされていて「おお」と思った。ホンマにガイドしてはるんや。スゴイな。当たり前なんやけど、ホンマにやってはるんや、と感じ入った次第です。

ナマガイジンと会話の経験なし+あまり観光地にいったことがない、の二重苦ではいたし方ない気もするけど。やはり実際にやってみたらどうなのか、というイメージトレーニングをする必要があるような。

奈良の大仏。
「なぜこんな巨大なブッダを建てたのですか?」
「(大仏ってブッダなんかな・・・ようワカランけどと思いつつ)この頃、奈良の都に飢饉・悪疫がはびこっており、それを鎮める祈りを込めて聖武天皇が国家プロジェクトとして作ったものです。ワンノブザ・スリー・グレーテスト・ダイブツ・インジャパンです。(奈良と鎌倉と・・・あとひとつはどこやったかな?高岡大仏?高岡ってどこやったっけ?富山?)」
おお。多少の問題はあれどええかんじや。英語でいわなアカンという最大の問題点を除けば。

法隆寺。
「これは誰が作ったのですか」
「(そら大工さんやで、とツマラナイことをいいそうになるのをこらえつつ)聖徳太子です。当時のエンプレス・スイコのネフューです。彼は古代日本の聖人として崇拝されており、旱魃のときに祈りで雨を降らせるなどの奇蹟を起こしました。ジーザスのような存在です。(オイオイ)また憲法を制定するなど敏腕な政治家でもありました。(十七条憲法はconstitutionではないけど、なんといっていいかわからない。)」
いまだに一万円札が聖徳太子やったら説明しやすいのにな。

幽霊飴.jpg

清水寺。
「なぜここの寺は有名なんですか?」
「(なんでやろ・・・知らんがな、そんなこと)ここの舞台(テラスといえばいいのか?)はごらんのようにとても高く、日本語で物事をあえてすることを「清水の舞台から飛び降りる」という、イディオムがあるからです(答えになってない)。」
「それに加え、ここの墓地に埋葬された女性が墓の中で出産し、お乳が出ないから夜毎に乳の代わりに飴を求め幽霊となって現れたという悲しい伝説があるのです。(本当は隣接の高台寺(=子ぉ大事)の話やけどあんまり細かいトコはええヤロ。)このストーリーはワールドフェイマスなマンガ「ゲゲゲの鬼太郎」となりました。(ここは本当。)あとでゴースト・キャンディを買いに行きましょう」
観光地と現代日本文化の代表、マンガとの意外な接点を知れてガイジンさんも納得ではないかな。

幽霊飴本舗.jpg

京都御所。
「ここはなんですか?」
「メイジ・レストレーションで首都が東京に遷都されるまで、京都は千年にわたり日本の首都でした。(ここは過去完了を使うこと。)
「なぜなら、ここが天皇のパレスであったからです。非常に質素ですが、それは基本的に日本の貴族は貧乏だったからです。花札という日本の伝統的なプレイング・カードは貴族の内職でした。(内職ってどういえばいいんだ?サイドビジネスか?)あの有名なニンテンドーも、もともと花札カードの会社で、本社が京都なのはそういう理由があるからなのです。面白いですね。(面白い、か?)」

雨.jpg

「御所の北側には日本で最も有名な私立大学のひとつがあり、幾多の有為な人材を輩出しています。ハーバードやイェールのようなものです。わたしもそのひとりです。体育の時間にはこの御所のなかを走らされたりしたものです」
個人的なことをいうな。しかも微妙に(?)誇張している。だんだんムチャクチャになってきた。

なんかアレやな。どうでもいいような周辺知識ばっかりで肝心のニーズに応えられないような。
しかもこんなことを英語で言うのは絶対に無理だ。どうしようね?大阪の主婦さん。
posted by デンスケ at 06:27| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。