2011年01月22日

Just Kids / Patti Smith

288p、読了。いやあ、シンドかったです。ノンフィクションだから、これというストーリーがあるわけではなく、背景事情を知らないと英語はわかっても意味がさっぱりわからないっつう辛さがあります。というわけで、かなり読み飛ばし。

just-kids.jpg

PBを読んでいて分からないところがあっても、それが語学力の不足なのか背景知識の不足なのか分からないことはよくある。例えば将棋の観戦記など、いくら日本語に堪能であってもどだい将棋が分からなければさっぱり意味がわからない。なのでどんどん気にせず読んでいくべし、というTipsを読んだことがあって、この本なんかまさしくその部類でしょうね。

Patti Smithは70年代の「パンクロックの女王」ということは知っていた。それだけ。パンクロックが日本に紹介され始めたのは70年代後半だと記憶しているが、その頃は受験で忙しく、大学に入った後はフュージョンブームであまりロックは聴かなくなっていた。Patti Smithのメジャーデビューは1975だから、まだワシは高校生だったけどLZやYesを聴くのに必死なただのミーハー。むしろ、ただの高校生がPatti Smithカッコいいぜ、なんていってたら相当早熟だったに違いない。(情報の伝わり方が格段に遅かったから、んな高校生などいなかったろう。)

で。名前は知ってるもののパンクってことで敬遠してました。(顔にピン刺すとか痛そうだし。しかしPatti Smithがneedlephobiaってのは少し可笑しかった。)

この本は、パティがその恋人の写真家、Robert Mapplethoropeを回想した作品。1967、二人はほんの偶然から出会い、恋に落ちるがすぐに恋愛感情は薄れていく。しかしアーティストになるんだという共通した同志愛からか、距離を置きながらも付き合っていく。1975のメジャーデビュー作、"Horses"のジャケ写は彼の撮影によるものです。



ロバート・メイプルソープとの出会いから、NYでのボヘミアン生活、そしてデビューに至るまでの時期を主に描いています。1967〜1973くらい。ロバートは1989、AIDSで死去。この作品は生前の彼の「僕たちのことを書いてほしい」という頼みを20年がかりで実現したもの。

ワシは演劇やら美術、写真やらはまったく疎いので正直半分くらい書いてあることが分からず、この辺はさっさと飛ばした。J・ジョプリンやジミヘンとかも出てきます。ジャニスがコンサート後の打ち上げで美青年をずっとはべらせていたのに、最後に美青年はかわいい女の子を誘ってトンズラ、ジャニスは置いてけぼり。ジャニスは「いつもこうなのよ」と泣きながらパティに訴える。

ひとりホテルの部屋に残されるジャニスはパティに訊ねる。

"How do I look?"
"Like a pearl," I answered."A pearl of a girl."

ちょっとビックリしたのが、サム・シェパードと恋仲だったってこと。あの男前かい。正直、可愛い顔立ちとはとてもいえないパティなんだけど。実際、こんな表現がある。

"My farther was concerned that I was not enough attractive to find husband..."

しかし若い頃の写真を見ると意志的な、射るような視線が非常に印象的で美しいなあ、と思います。

サム・シェパードがもともと劇作家だったのは知ってたけど、Holy Modal Roundersというバンドのドラムを叩いてたってのもビックリ。「イージーライダー」のなかで使われてる"If you wanna be a bird"って曲しかしらないけど。パティ・スミス→サム・シェパード→工藤夕貴→井沢八郎と連想がつながり、NYパンクシーンと「ああ上野駅」も案外近いもんだなと思いました。

英文は、ロックンロールスターの自伝だから簡単で俗語だらけだろ、と思ってたら大違い。落ち着いた上品な表現が多い。もともと詩人で、音楽はそれからですし。単語も洗練されたのが多いような。

なかなか面白かったですけど、半分以上わからなかった。これが全米図書賞を得たのは、文章もさることながらアメリカ人の共通した認識事項を回想してるってことでしょうね。ところどころにハッとするような表現があるのですが、知識がないのであんまり分からないや。

作品名の"Just KIds"は、二人が出会い、NYのワシントンスクエアで遊んでいるときのエピソード。

"Oh,take their picture," said the woman to her bemused husband,"I think they're artists."
"Oh, go on," he shurugged. "They're just kids."

posted by デンスケ at 21:32| Comment(8) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。