2011年01月18日

次はなにを読もうかな・・・。

一冊PBを読み終えると、次は何を読もうかな〜とかんがえてしまいますね。

大体の傾向として、エンタメ系を読んだあとはガツンと来るのを読みたくなって文芸系に手を出して挫折ってのが多い。Random Walk Booksの店長さんのブログに書いてあったけど、NewYork Times Bestsellerってのも読みやすいエンタメ系がほとんどであるとか。ロマンスが上位に来ることが多く、なかなか輸入する本を選ぶのも難しいらしいです。

で、文芸系の挫折本は山ほどあるんだけどいまの英語力では読めないってのが分かってるから、そのまま。それでもタマに読めたりするのがあるからつい買ってしまうのですね。やはりビールばっかり呑んでるとたまにはウィスキーを呑みたくなると。

Amazonをウロウロして探してみるけど、もともとの知識が不足してるから同じような作家ばかり。
Tim O'Brienあたりだとワシでもなんとかなるので読んでみようかと思ったけど、ほとんどが在庫切れで時間がかかる。

んでまあ、洋書系ブログで情報収集。渡辺由佳里さんの「洋書ファンクラブ」が質量ともに抜群なのでちょくちょく見てるんだけど、なんか難しいの多いんだよな〜。と思ってたらこの方、おそろしく英語ができて在米。それに過去に直木賞候補にもなってる。げっ。ホンマモンの作家やった・・・。

んなもん、碌に外国行ったこともない中年安サラリーマンとはえらい違いですがな。かくいうワシも作家やけどな。処女作をこれから書くのだ。それは作家とはいわんな。しかし翻訳家とはいえるかもしれない。一回翻訳コンテストで500円の図書券貰ったし。あはは。

Jonathan Franzenの"Coreections"を買ったままほったらかしてたのを思い出したので次はこれ。

The Corrections.jpg

「洋書ファンクラブ」で面白そうなのを2つほどamazonのカートに放り込んだけど、渡辺さんが「ちょっと読みにくい」って書いてらした。大丈夫か・・・。

まるっきり関係ないyoutubeで見つけたクリップ。ワシはラテン好きな傾向があるな。きょうもがんばろ〜。

posted by デンスケ at 07:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。