2011年01月09日

英語Tips for おっさん・おばはん(その4)

ビーフシチュー作りながらのup。またシチューかいな?であるが牛すね肉が安かったのだ。どうせヨメハンは休日はメシ作る気ナッスィングなので、どうせなら明日までの分を作り置きしておく賢明な作戦だ。ニンニクを油で揚げて香りだし。それから強火ですね肉の表面を焼く。鍋に移し赤ワインで煮詰める。にんじんとたまねぎを炒め、鍋に投入。水をヒタヒタまで足しアクを取る。それからトマトジュースを加え弱火。おまじないにマギーブイヨン2個入れておく。と、ここまでやった。

さて、英語やな。なんやったかな。「英語が得意だからPBや新聞読めるのか」「読んだから得意になった」のかやったな。「得意」とはなんであるかという定義がいると思うが、ここでは英検1級レベルを想定する。なぜなら、ワシはそれしかもってないからだ。ワシは決して得意なわけではないだろうが、そうしないと話が始まらないし。

で、結論から言うとPBや新聞を読むには「ある程度の英語力」は必要だと思う。英検準1級手前くらい。TOEICでいうと600~700点くらいかな。だいたい文法ひととおり終わって、単語もある程度押さえてる。一般的にこのへんで壁があるようである。ここを超えると、「英語がちょっとできる」といって差し支えないような。しかしここでもがいてる人は多いと思う。ワシもここで一回挫折した。

15年ほど前の話だ。TOEICを初めて受けて600点、以後2年弱で730→650→700くらいでさっぱり伸びず、アホらしくなってやめちゃった。本屋の英語コーナーへ行くと苦い思いがこみ上げて・・・こなかったな。もう自分には関係ないことだと思っていた。でも時に2年に一冊くらい自分の好きな分野の洋書を読んだりはしてた。なので洋書への心理的な壁は比較的低かった。

5年前に長距離通勤を余儀なくされ、通勤時間の暇つぶしに洋書が安くて時間かかるしこりゃもってこい(ワシは比較的和書を読むのは速いうえ、一回読んだらまず読み直さない。和書ではナンボお金かかるかわからんという恐怖があった。)と思い、それからPBと英語とのお付き合いが本格化したわけである。

たぶんその当時の数値化された能力でいえばTOEIC700は絶対なかったと思う。だって2000年だかに受けたTOEICでは695でそれからなんにもやってなかったからだ。で。そんなんで読めるんかいな、と訊かれれば「なんとかストーリーを追うくらいならできた」としか言いようがない。別にTOEICも英検も考えてなかったから、気楽なもんでありました。

で、2年ほどして英検準1級受けてこれはまあすんなり受かった。いつの間にか準1級の壁を超えてたわけですね。2年もかかるんかい、といわれそうだが別にボキャビルやら、リスニングもやらなかったんだから上等な部類だろう。それから1年後に1級を受けてかなりいい勝負して、その次回には1次受かった。いちおうボキャビルと気分転換にリスニングもやった。ここまで完全に一人きりである。

自分でいうのもなんだが、特別なこともせず準1から1年ちょっとで1級(1次だけだけど)つうのはかなり恵まれたほうではないかな。この間、PB読んでただけ。1級受けることを決めてから、休みの日にちょこちょこボキャビルやら始めたけど、それ以前は土日は完全に何もしなかった。休みで通勤しないんだから、当たり前なのだ。

準1から1級までが速かったな。たぶん準1の時点でかなり実力ついてたはずだと思うけど、別に良い成績で受かったわけでもなく、合格者平均くらい。いつのまにやら準1の壁を超えて、1級の壁も超えてたのだ。これはなんじゃらホイと思うのだけど、変に色気を出さずリーディングばっかりやってたのがよかったような気がする。

よく英検ではまんべんなく実力をつけることが大事です、4技能全部問われますから・・。といわれるけれど4技能がバランスよくてもどれもがレベルに達してなくては、少なくとも英検に受かるという目的ではよろしくないんでは。どこかで突破口が必要である。だいいちバランスよく実力があればいい点数で受かるぞ。(と、ここまで書いてシチューを見に行くこととする。)

ちょっと煮詰まってたので水を足した。あとは30分ほどたいて(関西弁で「煮る」の意)、ハインツのデミグラスソース放り込んで少し煮込んで終わり。簡単なのでワシでもできるんである。

それで。「リーディング一本勝負」みたいだったけど、うれしい誤算だったのは語彙問題でなぜか20点、22点取れたことであります。そりゃたくさん読んでたら多少、単語は拾える。それより大きいのが、ようワカランけどコロケーションでコイツっぽいな、ってのがわかるわけです。あとで見たら完全に単語の意味を把握できてたのは13〜15個くらい。あとはなんとなく・・・です。それと3問出てくる句動詞は妙に正解できた。

語彙問題は正式には「空所補充」だから、言葉の連結つうのが重要なのです。コロケーションを重視した単語集もあるけど、やはりたくさん見て憶えるのが本道ではないかと。というわけで9割くらいは読んでばっかりでなんとかしたわけです。これはPB読みたいという自分のニーズにも合致してるんで別に苦痛でもなんでもなかった。

リスニングはどないやねん、と訊かれたらこれはリーディング力に引きずられて勝手に上っていったというかんじ。エッセイは完璧に捨てたのでよくわかりません。

で。2次ですね。ワシは2回も落ちたので偉そうにいえないけど、最初が56点、次が57点。落ちたら一緒なんだけど、「あと少しです」ってとこか。2回目まで完全になめていて、そのうち通るヤロくらいしか考えてなかった。さすがに2回目落ちたときは青くなって原稿書いたりしたけど。

会話学校にも行ってないし、せいぜい英会話cafeへ数度ちょこちょこ足を運んだくらい。不思議としゃべれた(内容はない)のはあんまり何にも考えてなかったせいかな。そりゃつっかえつっかえだけど、沈黙はなかった。まあ性格的にかなり適当なのが幸いしたみたいである。(なにも考えずにしゃべりだして、その間に考えるということをよくするのだ。)

で、まとめると
・PBはTOEIC600ちょっとあれば、その気になれば読める。よくわからなくてもそのうち理解度はあがる。
・リーディングを徹底してやれば、おまけがいっぱいついてくる。一点突破主義。
・意外とリーディングたくさんやってたら話す方もいける(かも知れない)。

まあだまされたと思ってやってみたら。自分の経験ではPB70〜80冊くらい読んだらかなりいけるんじゃないかと思うのですが・・・。

で、さきほど投入したデミグラスソースが混ざったのでシチューもできました。冷凍のブロッコリーといんげんを茹でて色取りに。ドンクのコーンパンと一緒にいただきまーす。
posted by デンスケ at 18:54| Comment(10) | ワシのくだらん雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。