2011年01月08日

英語Tips for おっさん・おばはん(その3)

さてこのシリーズも3回目、いよいよ英語上達の秘宝、じゃなかった秘法の公開である。秘宝を公開してるのは「秘宝館」だ。えっちなところ。大阪の主婦さんは「秘宝」と変換してたが、ふだんどういうところを検索してるとこういう変換になるのか、興味のあるところである。

「秘宝館」はいっぺん行ったことがある。数年前、淡路島に出張したときちょっと時間が余ったのですね。で、どうしよう?ということで、名物の「水仙」を見に行こうと。近い水仙郷は「立川水仙郷」らしく、そこへ。なんか「水仙郷」のワリに変な雰囲気が漂っていた。もちろん水仙はいっぱいあるのだけど、「パラダイス」という18禁の建物があった。いや、その内容たるや・・・。同行したのが若い男の子でよかった。大昔にデートで「灘黒岩水仙郷」に行ったことがあるのだけど、こっちは正統派の「水仙を観に行くところ」だった。よく立川水仙郷に行かなかったもんだ。思い出すと冷汗が・・・。

どんなんかは検索するとすぐわかる。ここは健全な「紳士淑女の社交場」なのでいちいち紹介しません。
しかしな、ワシのブログって

英語学習系ブログの秘宝館

ってかんじやな。そんなエエもんでもないかもしれんが。しかしナイスなネーミングだと思うのでこれにしようかな(笑)。

あとで知ったのだけど、ここは物好きがわざわざ出かけたりする有名な「脱力系スポット」だった。秘宝館は閉館が相次いでいて「見世物小屋」と同じ道を辿りそうなかんじらしい。いかがわしさや良識あるひとなら目をそむけたるなるようなグロテスクさが共通しとるな。見世物小屋はもうほぼ絶滅していて、西宮の十日戎にも来なくなって久しい。見世物小屋の出し物はまあツマランものだったけど、あの呼び込みと「牛男」「たこ娘」とかの絵は強烈に印象にあるなあ。どっかで保存されてるんやろか。明日から十日戎だけど、この時期になると思い出す。見世物小屋の動画はアレなんで、代わりに「見世物小屋」テイストな曲を貼っておこう。



いかんいかん、また脱線した。どうやって「水に浮くか」でしたね。すっかり忘れてた。中身のないのをどうやってごまかそうか、としているワシの苦衷を察せられたい。

ネットをやってると、そこらじゅうで英語教材の宣伝を目にしますね。目にしないほうがむしろ珍しいくらいで、なんか「英語」は日本人の強迫観念にすらなってるような。2011年度から小学校英語必修化で余計に加速しているのかな。で、「××するだけであきらめていた英語が」ってパターンばっかり。なんで「PB読むだけであきらめていた英語が」にならんのか、ワシは不思議である。PB読むようなひとは英語をあきらめてないんかな。この後、ワシももうこれ以上ムリって思ってあきらめるところが来るんだろうけど。

よく「負荷をかけないと伸びない」といわれていて、それはそのとおりだけど前回書いたように泳ぐのにフォームが悪くて水の抵抗が大きくて苦しんでるだけなのに、それを上達へのハードルと錯覚すると成功報酬が少なくて挫折、ということになりかねない。忍耐力や筋力を鍛えるのならええかもしれんが、英語が上達するということは英語の理解力を上げる、というごく単純なことを考えるとどんだけ前に行くかがキモであります。だいいち、英語という母国語以外の言葉、しかもワザとやったんかいというくらい言語体系が違う言語なんだから、それ自体が負荷なわけです。

ワシは昔、短距離走をやっていて「陸上競技マガジン」(いまでもあるんか?)とかを眺めたりしたけど、フォームの分解写真とか載ってるわけです。で、美しいフォームで走ってる選手を研究したりするのだけど、いまでも憶えているのは「ぐたぐたでも、懸命に走る姿は美しく感動を呼ぶかもしれないが、速く走ろうとするならいかにフォームを崩さないで走るか努力するのが本筋」とあった。そのとおりであります。

なんか英語学習って、「〜するだけ」(できるだけ楽したい)と「苦しまないとダメ」(努力は必ず酬われる)の両極端のアプローチしかないみたいで、なんだかなあ、と思う。普通にやればええやんか、と楽して上達はせんやろと思うけど怠け者の凡人のワシは思うのである。

で、何がいいたいかというとだな、要はフツーに「英文をもっと読め」ということです。なんか偉そうだけど、話の都合上そうなってるだけなので諒解されたい。ただ読むんじゃなくて「読み倒す」くらいで。で、分からないところがでてきたら、時間をかけてうんうん唸って苦しむんじゃなくて「ここは、ようわからんな」でさっと流しておいてさっさと進む。量を稼ぐ。わからんとこだらけだったら、その英文のレベルが高すぎるのだ。あきらめんさい。(この理屈でワシはTIMEとかには手を出さない。)

別に読むのはPBでなくても、新聞でも雑誌でも。参考書でもいいじゃないかと思われる方もいるかもしれないが、絶対量が少なすぎ。読んでるうちに自分なりのフォームというのは確立されてくると思う。あんまりストイックに考えすぎないこと。考えて悩むヒマがあったら、どんどん先に読み進む。そういう点で、伊藤サムさんの「やさしくたくさん」に近いものがあるけど、やさしいものが面白い、と限らないことが難点である。

ワシはPBの小説、それもミステリがいちばんええんやないかと思うのですが、その理由は
@圧倒的に英文の量が多い
A話の流れがあるのでなんとなく感覚で読めてしまう
B話が面白くて乗ってくれば、英文を読んでる負荷が大幅に軽減される
Cミステリだと謎を解くという一点に話が集約されていくので、方向性が分かりやすい
PB好きに圧倒的にミステリ好きが多いのは決して偶然じゃないと思う。ミステリ、読みやすいもん。

で。どだい、PBが読めるという時点で英語得意じゃないのというギモンには次回お答えしたい、ということでいまから理屈をかんがえるのでアリマス。ではまた。ところでストレッチはしてるでしょうね。歯磨きしながらでも足裏を伸ばすとか。血流をよくして、楽しく英語の勉強♪
posted by デンスケ at 07:41| Comment(9) | ワシのくだらん雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。