2011年01月22日

Just Kids / Patti Smith

288p、読了。いやあ、シンドかったです。ノンフィクションだから、これというストーリーがあるわけではなく、背景事情を知らないと英語はわかっても意味がさっぱりわからないっつう辛さがあります。というわけで、かなり読み飛ばし。

just-kids.jpg

PBを読んでいて分からないところがあっても、それが語学力の不足なのか背景知識の不足なのか分からないことはよくある。例えば将棋の観戦記など、いくら日本語に堪能であってもどだい将棋が分からなければさっぱり意味がわからない。なのでどんどん気にせず読んでいくべし、というTipsを読んだことがあって、この本なんかまさしくその部類でしょうね。

Patti Smithは70年代の「パンクロックの女王」ということは知っていた。それだけ。パンクロックが日本に紹介され始めたのは70年代後半だと記憶しているが、その頃は受験で忙しく、大学に入った後はフュージョンブームであまりロックは聴かなくなっていた。Patti Smithのメジャーデビューは1975だから、まだワシは高校生だったけどLZやYesを聴くのに必死なただのミーハー。むしろ、ただの高校生がPatti Smithカッコいいぜ、なんていってたら相当早熟だったに違いない。(情報の伝わり方が格段に遅かったから、んな高校生などいなかったろう。)

で。名前は知ってるもののパンクってことで敬遠してました。(顔にピン刺すとか痛そうだし。しかしPatti Smithがneedlephobiaってのは少し可笑しかった。)

この本は、パティがその恋人の写真家、Robert Mapplethoropeを回想した作品。1967、二人はほんの偶然から出会い、恋に落ちるがすぐに恋愛感情は薄れていく。しかしアーティストになるんだという共通した同志愛からか、距離を置きながらも付き合っていく。1975のメジャーデビュー作、"Horses"のジャケ写は彼の撮影によるものです。



ロバート・メイプルソープとの出会いから、NYでのボヘミアン生活、そしてデビューに至るまでの時期を主に描いています。1967〜1973くらい。ロバートは1989、AIDSで死去。この作品は生前の彼の「僕たちのことを書いてほしい」という頼みを20年がかりで実現したもの。

ワシは演劇やら美術、写真やらはまったく疎いので正直半分くらい書いてあることが分からず、この辺はさっさと飛ばした。J・ジョプリンやジミヘンとかも出てきます。ジャニスがコンサート後の打ち上げで美青年をずっとはべらせていたのに、最後に美青年はかわいい女の子を誘ってトンズラ、ジャニスは置いてけぼり。ジャニスは「いつもこうなのよ」と泣きながらパティに訴える。

ひとりホテルの部屋に残されるジャニスはパティに訊ねる。

"How do I look?"
"Like a pearl," I answered."A pearl of a girl."

ちょっとビックリしたのが、サム・シェパードと恋仲だったってこと。あの男前かい。正直、可愛い顔立ちとはとてもいえないパティなんだけど。実際、こんな表現がある。

"My farther was concerned that I was not enough attractive to find husband..."

しかし若い頃の写真を見ると意志的な、射るような視線が非常に印象的で美しいなあ、と思います。

サム・シェパードがもともと劇作家だったのは知ってたけど、Holy Modal Roundersというバンドのドラムを叩いてたってのもビックリ。「イージーライダー」のなかで使われてる"If you wanna be a bird"って曲しかしらないけど。パティ・スミス→サム・シェパード→工藤夕貴→井沢八郎と連想がつながり、NYパンクシーンと「ああ上野駅」も案外近いもんだなと思いました。

英文は、ロックンロールスターの自伝だから簡単で俗語だらけだろ、と思ってたら大違い。落ち着いた上品な表現が多い。もともと詩人で、音楽はそれからですし。単語も洗練されたのが多いような。

なかなか面白かったですけど、半分以上わからなかった。これが全米図書賞を得たのは、文章もさることながらアメリカ人の共通した認識事項を回想してるってことでしょうね。ところどころにハッとするような表現があるのですが、知識がないのであんまり分からないや。

作品名の"Just KIds"は、二人が出会い、NYのワシントンスクエアで遊んでいるときのエピソード。

"Oh,take their picture," said the woman to her bemused husband,"I think they're artists."
"Oh, go on," he shurugged. "They're just kids."

posted by デンスケ at 21:32| Comment(8) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

積読本の山々・・・

ついamazonでポッチリやった "Just Kids"/Patti Smith、"Let the Great World Spin"/ Colum MaCann が到着。また読む本が増えた。どないすんねん・・・。

この二つはどっちも「全米図書賞」を受賞していた。別にそれで選んだわけでもないけど。ちらっと最初のほうだけどっちも目を通してみた。Patti Smithのほうは読めそう。もう片一方は「これはアカン」・・・。

受賞を喜ぶパティ・スミスさん。おばあさんになったな・・・。
patti-smith.jpg

年末に買った"Tree of Smoke"/ Dennis Johnson(80pあたりで挫折)、"Corrections"/ Jonathan Franzen(まだ5pほど)も「全米図書賞」受賞作だった。そもそも全米図書賞ってなんやねん、つうことですが、アメリカの最も権威ある文学賞のひとつだとか。んなこと分かったあるがな。

歴代受賞作を見ていると、初期はフォークナーやソール・ベローとかの超大物がいる。ワシが読んだことあるのは、
1960 「さよならコロンバス」フィリップ・ロス
1979  "Going After Cacciato" Tim O'Brien
1980 「ガープの世界」ジョン・アーヴィング

くらい。日本語で書いてるのは翻訳で読んだ。「さよならコロンバス」なんか高校生の頃だ。この作品は冒頭の部分を高校のリーダーでやったな。主人公が水着を着てる女の子を見てる描写で、なんかなまめかしくて、つられて(原書では読めないので)読んでしまった。Ralph Elisonの"The Invisibele Man"も初期の受賞作だけど、これも最初の数十ページで挫折。

アメリカにはピューリッツア賞ってのもあって、こっちは報道賞のイメージが強いけど小説部門もある。「風と共に去りぬ」も受賞している。この作品、すごく高名だけど描写が差別的だとかで現在のアメリカではそんなに語られることも少ないんだとか。南軍の話だし、主人公側の男性がKKKに加わってたりするもんな。

ノンフィクション部門で「ベストアンドブライテスト」デビッド・ハルバースタム、「敗北を抱きしめて」ジョン・ダワー、は翻訳で読んだ。後者はPBで読みかけたけど軽く挫折。そういやハルバースタムの"The Coldest Winter"もまだ半分で頓挫したままだ。どうするよ。このままでは挫折本。なのに「第三帝国の興亡」が受賞作になってるのを見て、性懲りもなく原書で読んでみたろかいなと思ったりもしてる。

イギリスはブッカー賞ってのがあるけど、こっちはほとんど知らない。かろうじてKazuo Ishiguroの"The Remains of the Day"を半分ほど読んで投げたくらい。映画を見てたから、ストーリーが分かってたので興味をなくしたっつううのもあるが、そもそも映画を見ていなければ半分読めたかどうか怪しいな。

日本の文学界って「全米図書賞」やら「ブッカー賞」に該当するのがないことが問題ってのを読んだことある。芥川賞や直木賞ってもともと新人賞で、ことに芥川賞は短編が対象だし。車谷長吉の「赤目四十八瀧心中未遂」なんかどう読んでも純文学だと思うけど、長いので直木賞に「回った」らしい。どういう選考基準だとちょっと思ってしまいますね。

しかし今回の芥川賞受賞のお二人はかたや慶応の女子大学院生、かたや中卒でずうっとバイトくらしだった中年のオッサンと対照的で面白かったですね。オッサンのほうの小説、ちょっと読んでみたい。お姉ちゃんのほうのは興味ないけど、このひと将棋が好きで渡辺竜王のファンだとか。将棋好きな若い女性なんか白いライオンくらい希少価値ではないかと。やっぱ作家ってちょっと変ってるんかしらん。

しかし挫折本の山また山であります。いったいナンボほど挫折したのやら。先般、大阪の主婦さんが英検教材買いまくったとかブログで書いてらして、問題集もやらずスクールにも通わず、お金使わずに英検通ったワシって「勝ち組」?とか思った。しかし考えてみれば馬鹿みたいに(みたいに、はイランな)PBを買いまくって挫折を繰り返してるワシも相当に出費してる。

英検一次通るまで80冊くらいは読了してると思うけど、挫折本はその半分?(ひょっとしたらもっとあるかも。)いままでの通算では読み了えたのは120冊くらいで挫折本は7、80あるんと違うんやろか。買ったのを200冊として1冊1500円(最近円高で安いけど、以前はもっと高かった)なら300,000円。ひょえ〜。

まあまた読んだらええがな、という考えもあるが、PBって紙質が悪いから時間が経つと劣化してすごく読みにくくなるんだよな〜。

DailyYomiuriも取ってるだけで、ほとんど読んでない。さすがに購読止めようかと最近思い始めてきた。そういえばヘラルド朝日ってもうなくなるらしいですね。カムバック、AsahiEveningNews。
posted by デンスケ at 06:03| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

高校生にTOEFL?

さいきんの新聞記事で、面白いのがあった。大阪府の橋下知事が府下の全高校を対象として、生徒にTOEFLを受験させ上位校に手厚く予算を厚く配分する方針だとか。
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110118-OYO1T00518.htm

へー。ワシは橋下つうひとはなにかハッタリくさくて、そのくせ脇が甘いというか元弁護士で行政府の長が、そんなこといってええんかいな?という発言が気にかかり好きじゃないのだけど。まあワシのくだらん人物評はともかく、この方針はどうなんかいな。

なんで英語だけやねんとか、TOEFLが対象としてええんかいな?という素朴な疑問が湧きますよね。
自分に子もなし、おまけに隣の府県とあっては誠にええかげんな感想しか。

@なんで英語だけ。
数学も入れてもいいような。かなり極端に言えば英数さえやってきゃあとはナンとでもなるような気がする。しかし、グローバル社会にあって英語の必要性ってのはそんだけ重要性を増してるのかいな。ワシは英語に関しては「横から」入った人間なので、自分の興味以外のところは正直ようワカランのです。もっとも橋下知事は伊丹空港を廃港にして、跡地を「英語特区」になんていうてはる。

英語特区ってのがイマイチ(というかまったく)分からないんだけど。近所の大阪の主婦さんとかワシも参加できるんだったら賛成するけどさ(笑)。

AなんでTOEFL?
英検でもTOEICでもいいじゃないって感じもするが、個人的にはTOEICを高校生がやるってのはあまり賛成できない。英検はいいんじゃないかな?と思うけど合否があるとこで難しいのかな。それに国内の特定業者に利益供与と言われかねない気もしますね。TOEFLはその点まあニュートラルなかんじがします。ただし受けにくい、受験料が馬鹿高いって問題もあるけど、これは枝葉の問題か。

ワシの行ってた高校はもともと女子高系統で商業科もあったから、あんまり受験校とはいえなかった。女子が多かったから、英語は比較的マトモだったが理数系は悲惨を極めていた。ワシが行ってた頃はそうだった。全国模試で英語は素点で全国平均を20点も上回り、数学は全国平均以下。変な高校だったな。ワシは英語の偏差値が常に70ありました(当時は偏差値の意味がよくわからなかったけど70ってのががキリがよく憶えてる)が、全校では20番以内に入ったことなし。9クラスだったから、クラス3番目くらいですね〜。

そんな高校ががいまは理数系の進学校で、公立市内ナンバーワンだとか。(阪神間は灘とか甲陽とかえらくカシコイ学校があるので比べ物にはならんだろうけど。)どうも市立高校ってこともあり、思い切ったカリキュラムが組めたのが原因らしい。当時との差を思い、思わず嘆息しちゃいました。

大阪府の方針がどういう結果になるのかな。結果が結実する頃にはワシはこの世にいない気がするけど(笑)。
posted by デンスケ at 20:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。